イタリア遠征日記(ジュニアユースU-14)7日目

2018-04-03 14:00

イタリア遠征7日目、大会最終日は午前中にイタリアの ASD Fontanafreddaとの試合です。

遠征最後の試合をよい形で終われるよう、良い準備をして挑みました。

試合は立ち上がりからボールを持ち優位に進め早い時間に2点を奪うことができました。
しかし、2点を奪った後の進め方が悪く徐々に相手のペースになって前半を終えます。

2点リードの後半は相手も前に圧力を強め押し込まれる状態になってしまいます。何とか自分達のリズムにしようとボールを動かしますがミスから1点を失ってしまいます。
失点後はもう一度自分達のリズムで試合を進めるためにプレーすることができ、相手に1人退場者が出たこともあり1点を奪い、結果3-1(2-0/1-1)得点者:藤原、岡本、廣永、で最終戦を勝利で終わることができました。

課題はもちろんありますが、自分達の時間を多く作り勝利につなげられたことは良かったと思います。
イタリア遠征での試合はこの試合で最後になりました。
多くの強く素晴らしいチームや選手たちとの試合は選手たちを化ならす成長させてくれると思います。素晴らしい経験を次に繋げていくためにこれからも努力を続けていき上を目指していければよいと思います。

午後は大会の決勝戦を観戦し、ミラノに移動です。

午後からは大会の決勝戦を観戦に行きました。

決勝戦終了後に閉会式があり、徳島ヴォルティスは32チーム中13位でした。

閉会式終了後はミラノに移動し、明日の便で帰国になります。