Fan zoneファンゾーン

Vol.55 李 栄直

厳しい環境でもプロを
目指して

大阪府出身の李選手は、小学校時代にサッカーを始め、FCルイラモスヴェジット、大阪セントラルFCなどでプレーしてきた。
「ルイラモスヴェジットでは杉本健勇選手(セレッソ大阪)がいて、中村充孝選手(鹿島アントラーズ)、登里享平選手(川崎フロンターレ)などがいるチームと対戦していました。大阪セントラルでは双子の松田陸選手(FC東京※)、松田力選手(大分トリニータ※)や大森晃太郎選手(ガンバ大阪)と一緒に練習していて、試合で対戦していた大塚翔平選手(ジェフユナイテッド千葉)、永井龍選手(パース・グローリーFC)とも仲がよかったです。そうやって、ずっとうまい選手に囲まれてやってきました。特にセントラル時代の試合では負けなしでしたね」 ※JFA特別指定選手

大阪セントラルFCでは実力が認められ、1学年上の試合に出ていた。だが、小学校卒業後に進んだ東大阪朝鮮中級学校サッカー部では、エースナンバーをもらったものの、サブメンバーかベンチにも入れないことが多く、初めて挫折感を味わった。
「本職のポジションも任せてもらえず、認められているのか、いないのか分からない状態で、サッカーを続けるのが精神的にきついなと感じていました。でも高校に入ってまた変わったんです。大阪朝鮮高級学校の監督や中島亮コーチ(現・阪南大キーパーコーチ)が1年生からレギュラーに選んでくれて、2、3年生ではほとんどつきっきりのような状態で指導してくれました。厳しいことも言われましたが、褒めてもらえることも多く、一気にサッカーが楽しくなりましたね。それと同時に、高校時代には一番身長が伸びました」

高校卒業後はプロになりたいと考えていたが、その年は全国大会に進めなかったため現実的ではなく、大学への進学を考えることになった。
「阪南大学、大阪商業大学から推薦入学の話をいただいたのですが、プロになる選手も多い阪南大では、自信のない自分は埋もれてしまうと考えて、あえて関西学生サッカー連盟では2部リーグの大阪商業大学を選びました。大阪商業大学では監督が僕中心のチームを作る、ぜひプロを目指して欲しいと言ってくれて、1年生の時の開幕前の公式戦から試合に出してくれたんです。1年生からケガや累積による出場停止の時以外、すべての試合に出ました」

大学では4年生の時に副キャプテンも務めた。
「大学のサッカー部は部員が40~50人と他の大学に比べて少なかったですし、1部リーグ昇格が目標で、正直、そこからプロを目指すには厳しい環境でした。モチベーションが低くなってしまって練習に来ない部員もいる中、上を目指せるようにみんなのモチベーションをあげていかなければいけない。人を動かすことがこんなに難しいのかと痛感しました。それでもやる気のある部員と一緒に頑張りました。彼らとは今でもつながりがありますし、そういう友達に出会えたのはよかったです」

進路をどうするか考えていた大学4年の時、ヴォルティスの練習に参加。
「8月に参加したのですが、その後、よい返事をいただくには至らず、声をかけてもらっていた社会人チームに行こうかと考えていた年末に再度連絡をもらったんです。“可能性を感じたから来てくれないか”と言ってもらって、喜んでいきますと答えました」

李 栄直

李 栄直

多くの人に支えられていると
気づいたJリーグ初出場

加入後、1次キャンプ、2次キャンプに参加。1月の高知大学、2月のファジアーノ岡山との練習試合では、得点する活躍を見せた。特に岡山との試合では先制点を挙げ、それまでの3試合で先制されていたチームの流れを変えることにも貢献した。
「とにかく1発決めてアピールしたいと思っていました。読み通りにボールが来たので、そこでチャンスをものにできてよかったと思います。自分の武器は前に行って点を取れること。小学校の時からどんなポジションにいても前に行って点を取ろうという気持ちが強かったし、そういう姿勢をどんどん見せなくてはいけないと思っていました。大学の時も数字に残せることは、何でも残そうと思ってプレーしていましたね。今も何らかのプレーで印象づけたいという気持ちは強いです。特に右足のシュートなら誰にも負けたくないと思っていますし、シュートで強い印象を残していく自信もあります」

そうして迎えた開幕戦ではサブメンバーに名を連ねた。
「キャンプで調子が良かったので“開幕戦、メンバー入りの可能性もあるんじゃないの?”とまわりからも言われるようになり、いよいよ始まるんだなと気持ちが高まっていました。メンバーに選ばれ、開幕戦当日はバスに乗った時から、試合中、ベンチに座っている間もずっとドキドキしていました。スタジアムに到着してサポーターが迎えてくれるのも初めての経験でしたし、当日は観客が8000人近くも入り、サポーターの応援もすごくて、これがJリーグなんだなと。特別な雰囲気でしたね」

結局、開幕戦では出場機会はなく、その後もベンチには入るものの試合に出られない日が続く。だが、3月24日の第5節FC岐阜戦で、後半のアディショナルタイムに途中出場する。
「やっと来たかと思いながら、チームプレーをしつつも1発残してやろうという気持ちで試合に入りました。試合の入り方はよかったと思いますし、ファーストタッチでボールも奪えたのですが、チームのためにという気持ち以上に、自分の武器であるカットインを見せてチャンスをものにしたいという欲が出てしまったのだと思います。結局、横パスをカットされてカウンターを食らってしまいました。Jリーグ初出場は叱られて終わってしまいましたが、試合後、たくさんの人に“やっと出られたね”と連絡をもらったんです。改めて自分を見てくれている人がこんなにいるのだと気づかされましたし、いろいろな人に支えられてサッカーをしてきたことを感謝したいと思いました。その日はいろいろな人に電話をしてお礼を伝えました」

初出場となった岐阜戦で任されたポジションは左サイド。キャンプ中の練習試合でのボランチに始まり、加入以来、本来のミッドフィルダーではないポジションを任されてきた。しかも、右足のシュートが武器にもかかわらず、左サイドのポジションを任されることが多い。
「大学のヘッドコーチから2つ以上のポジションができるように言われていたので、フォワードをはじめ、縦のポジションはすべて経験してきました。おかげで左サイドでも得意な右足のシュートを活かせることや、サイドの人がどんなボールが来るとやりやすいのかを学ぶことができました。ヴォルティスでは最初からいろいろなポジションをやってほしいと言われていましたし、僕は決してずば抜けた技術を持ったプレーヤーではないので、いろいろなポジションができることが武器になるはずです。決してふてくされることはないですし、どのポジションでもレギュラーに入ってやるという気持ちでやっています。ただ、いろいろなポジションを経験することでミスが減った反面、何が何でもシュートに持っていくという自分のよさが出せなくなっているように感じるので、いいバランスを見つけていきたいですね」

李 栄直

李 栄直

李 栄直

試合に出なくても
チームに貢献したい

第5節岐阜戦でJリーグ初出場を果たしたものの、その後はケガで離脱していた選手の復帰などもあり、サブメンバーからも外れる試合が続く。第14節水戸ホーリーホック戦で再びメンバー入りを果たすが、出場機会がないまま、2013年シーズンも半分が終了した。
「自分を全然出し切れていないというのが、率直な感想です。キャンプの時はいいところを出せていたのですが、チームに入って戦術を考えていくにつれて出せなくなってしまいました。ずっとプロを目指してきましたが、正直なところ、こんなに順調になれるとは思っていなかったんです。それだけにレベルの高いサッカーを知らないという気持ちが強く、まわりの経験豊富な人たちの言葉を全部聞こうと思ってしまったんですね。それで混乱してしまって、言われるままに動いているような時期もありました。初めての1人暮らしで、生活に慣れるのに時間がかかったことも大きいです」

プロになって驚いたことはたくさんあるという。
「試合では最初からエンジン全開でいかなければいけないので、大学のリーグ戦とは全然違います。モチベーションの上げ方なども先輩たちから学んでいるところです。びっくりしたのは、選手の基本技術レベルの高さです。もう1つはオン、オフの切り替えがきっちりしていることですね。練習以外の時間の過ごし方に、ここまでこだわるのかと。オフにしっかりリフレッシュすることで、最高のパフォーマンスを見せるところなどはなかなか自分のものにはしていないですが見習いたいですね」

後半戦は気持ちを切り替えていきたいと語る。
「今もまだ自分らしさを取り戻せていないので苦しいですが、アドバイスしてくれる先輩たちのおかげで、少しずつよくなっている実感があります。今後は試合に出てチームの勝利に貢献することが一番の目標です。もし、試合に出られなくても、練習中、自分が試合のようなモチベーションで玉際のプレーを激しくすることで、チームに緊張感が生まれると思うので、そういう貢献の仕方をしていきたいです」

ふだんは仲が良い他の3人の大卒ルーキーに負けたくないという気持ちもある。
「広太朗(藤原選手)、一輝(佐々木選手)は同じ関西の大学ですが、2部リーグだった自分には雲の上の存在でした。彼らはプロになるんだろうなと思っていたのに自分も同じチームに入れることになったんです。せっかく同じスタートラインに立てたのだから、負けたくないという気持ちが強くなりました。特に今、広太郎がスタメンで出ているので、自分も、という気持ちは強いです。いつかルーキー4人で出られたらうれしいですね。ヴォルティスはプロになるチャンスをくれたチームなので、ずっとチームにいて恩返ししたい。そして、将来はチームの顔になりたいです。自分がそういう存在になる日を想像していくことで、モチベーションも上がります。そのためにも、まずはシーズン終了までの半年間、もっと成長していきたいですね」

李 栄直 ~他の大卒ルーキーには負けたくない

PAGE TOP