Game information試合情報

試合日程・結果

2009.05.05 Jリーグ ディビジョン2 第13節

vs ファジアーノ岡山

徳島ヴォルティス VSファジアーノ岡山
0 0 前半 1 1
0 後半 0
得点 43分 武田英明
62分 青山隼 → 六車拓也
62分 羽地登志晃 → 石田祐樹
78分 佐藤晃大 → ファビオ
交代 65分 臼井仁志 → 保坂一成
75分 小林優希 → 玉林睦実
86分 武田英明 → 大島翼
25分 ぺ・スンジン 警告 21分 金廣閔
72分 武田英明
88分 西野晃平
退場
試合会場 岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム キックオフ 13:03
天候 晴、弱風 気温 24.2℃
湿度 47% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,828人 主審 山本雄大
試合時間 90分    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム ファジアーノ岡山
美濃部 直彦 監 督 手塚 聡
21 上野 秀章 G K 21 真子 秀徳
4 三田 光 D F 4 澤口 雅彦
2 三木 隆司 13 金 廣閔
20 ペ スンジン 23 植田 龍仁朗
23 筑城 和人 32 田所 諒
6 米田 兼一郎 M F 28 小野 雄平
15 青山 隼 11 喜山 康平
8 倉貫 一毅 22 臼井 仁志
7 徳重 隆明 14 小林 優希
31 佐藤 晃大 F W 19 西野 晃平
18 羽地 登志晃 20 武田 英明
GK 22 日野 優 SUB GK 1 李 彰剛
DF 5 登尾 顕徳 DF 31 大島 翼
MF 29 六車 拓也 MF 3 玉林 睦実
MF 14 石田 祐樹 MF 38 三原 直樹
FW 10 ファビオ MF 8 保坂 一成

コメント

■美濃部監督のコメント

【ハーフタイム】
マークがルーズになっているのでしっかりマークしよう。
打てる時にシュートを打っていこう
サイドの攻撃を工夫しよう
攻撃は今のまま、あせらず、まず1点取りにいこう


【試合終了後コメント】
残念な結果だったが、今日の試合で我々は多くのことを学ばなければいけないし、考えなければいけないと感じました。ゲームの中では、我々の方がボールを保持している時間は多かった気がするし、ゴール前にボールを運べたシーンも多く作れました。前半から点が取れないという状況の中で、試合前から相手に先制点をやられないようにしよう、相手のカウンターに注意しようと話していたのですが、点を取られたのがカウンターであり、その時間帯ということも考えると、この試合を難しくしてしまったのは、前半終了間際の失点であったと思います。
あの失点を防げなかったのか。ということに関してはビデオを見て反省しなければならないし、選手も理解していたはずだと思うし、僕自身も非常に気をつけていたところだったので、非常に残念です。
岡山の地まで多くのファンの方に来ていただいて、たくさん声援を送っていただいたのですが、その期待にこたえることができなくて非常に残念です。
サポーターも我々も考えなくてはいけないことは、我々は決してまだ強くなったわけじゃない。こういうゲームを糧にして次にいかしていかないと、いけないと思います。もう一度、クラブ・選手そして僕自身もそれを理解して一から努力していいゲームを出来るようにしていかなくてはいけないと思います。
試合前から岡山のディフェンスは非常にいいディフェンスをしてくるというのはわかっていたので、前半に何度かチャンスを作れてましたが、その攻撃を後半も続けていければよかったのですが、その守備を強固にしてしまったのは前半の失点だった。点を取られて後半あせらず攻めようと指示をしたのですが、時間がたつにつれて、あせるような単調な攻撃になり、シュートにもつながらなかった。得点をとれなかったのは仕方がない部分があるので、試合の流れを持ってこれなかったというところに今日の大きな敗因があるのではないかと思います。
Q:佐藤選手のスタメン起用について
A:岡山のディフェンスの組織を打ち破るために2トップの方がいいと思い佐藤を起用しました。裏への抜け出しであったり競り合いなど今日に関しては良かったと思います。もう少しシュートの場面や得点に絡むようになってくればもっと良くなってくると思います。

■倉貫一毅選手のコメント
「自分たちの甘さが出た、いい経験をさせてもらったゲームでした。岡山は引いた守りだったので、セットプレーを狙っていましたが、チャンスを作ることが出来なかった。前半の失点についてはチームとしての緩さが出てしまったと思います。攻めている時こそ厳しくやっていかなくてはいけない。次節からは上位チームが相手。胸を借りるつもりでやっていきたいと思っています。」

■徳重隆明選手のコメント
「攻撃が単調でクロスばかりになってしまった。相手の中央のDFの弾き返す強かったので、ミドルシュートを打ったり、シュートの本数を増やしたり、相手DFを引き出す等の工夫をする必要があったと思います。」







PAGE TOP