Game information試合情報

試合日程・結果

2014.07.23 Jリーグ ディビジョン1 第16節

vs 浦和レッズ

徳島ヴォルティス VS浦和レッズ
0 0 前半 1 2
0 後半 1
得点 14分 槙野智章
57分 興梠慎三
HT 宮崎光平 → 千代反田充
55分 衛藤裕 → 那須川将大
66分 大撫~矢 → キムジョンミン
交代 70分 平川忠亮 → 永田充
74分 梅崎司 → 李忠成
79分 柏木陽介 → 関口訓充
13分 宮崎光平 警告
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:05
天候 晴、弱風 気温 26.8℃
湿度 85% ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 10,860人 主審 今村義朗
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム 浦和レッズ
小林 伸二 監 督 ペトロヴィッチ
31 長谷川 徹 G K 21 西川 周作
4 藤原 広太朗 D F 46 森脇 良太
2 福元 洋平 4 那須 大亮
35 村松 大輔 5 槙野 智章
3 アレックス
16 斉藤 大介 M F 14 平川 忠亮
14 濱田 武 16 青木 拓矢
17 衛藤 裕 22 阿部 勇樹
20 大 淳矢 3 宇賀神 友弥
18 宮崎 光平 8 柏木 陽介
7 梅崎 司
13 高崎 寛之 F W 30 興梠 慎三
GK 21 川浪 吾郎 SUB GK 18 加藤 順大
DF 5 千代反田 充 DF 12 濱田 水輝
DF 8 青山 隼 DF 17 永田 充
DF 24 那須川 将大 MF 11 関口 訓充
MF 27 花井 聖 MF 13 鈴木 啓太
MF 25 佐々木 一輝 MF 26 関根 貴大
FW 19 キム ジョンミン FW 20 李 忠成

コメント

■小林 伸二監督
『全体を通してしっかり戦ってくれたと思いますし、足も動いていて悪くは無かったと思います。残念なのは(失点の際のような)リスタートで、柏木から槙野という、本当にチェックしていた形に対して前後半で何度もピンポイントでボールが合ってしまっていることで、前半は藤原を、後半は千代反田を付けていましたが、外されてしまいました。FKからの失点については残念でしたが、相手の3バックが上がることと、ボランチがビルドアップに関わってくることに対して、後半我々が取ったのは、3バックの両脇の絞りが甘いということで、高崎をボールサイドに置いて足元とその裏を狙うというところでした。左サイドでチャンスを作ることはできたと思うのですが、2点目は右サイドで引っかけられてしまったので、右側からの攻撃はその後少し消極的になってしまいましたが、大介(斉藤選手)や村松からのボールで裏は取れていたので、裏からカットインしてくる衛藤やアレックス、その裏から更に那須川が上がってくるという形を何度も作ることができれば良かったです。後半は相手のDFラインの裏を取ることや、サイドからクロスを上げるなど絡んで行く形が出来ていたと思います。前半はボールを回しながら足元に付けたのを、相手のアプローチの速さで奪われてしまっていることがあったので、もう少しスクリーンやフリックだったり、セットして後方の人にサポートすることができるともう少し良い形ができたと思います。
ゴール前の得点は少し勇気を持って力を抜き、リラックスをしてゴールへ収めることが出来るようになりたいです。しかし、強いチームに対してしっかり戦ってくれたということがありますので、次の大宮戦に向けて、またしっかり準備をしてチャレンジをしていきたいと思います。』


■衛藤 裕選手
『(ロングシュートについて)セットプレー崩れだったと思うのですが、僕は何本か続けて前に残っている状況だったので西川選手が高めの位置を取っているなというのは、ずっと感じていました。カウンターで上手く前を向ければ狙えるという指示もあったので、そういう場面になり遠目の位置からでも思い切り打ったのですが、惜しいでは意味がないです。ああいったところを決められるかということ。あとは、クロスへの入り方と質について、何本も前半だけで上げることができているし、前半戦ではできなかったようなボールの回し方もできているので、あとは最後の1/3のところの強引な仕掛けなどをもう少し積極的にやっていきたいです。
名古屋戦よりもボランチが最終ラインに下りて、3バックがワイドに開いて高く取って、前のキープ力も高かった。名古屋戦ほど前からプレスに行けなかったですが、セットプレー以外では、回されているけれどもあまりチャンスは作らせていなかったと思います。最後のところでは身体も張ることができていたので、セットプレーのところだけ自分たちで確認をしなければいけない。前半戦はなかなか粘り強い戦いができなかったが、中断明けからできるようになっているというのは前向きにとらえて、少しでも上に行けるようにやっていきたい。』


■大 淳矢選手
『守備の部分では何度か突破される場面があったので、もう少し光平さんと協力をしてやれたらよかったです。今日はシャドーのポジションを後半に長い時間やったのですが、自由に動ける時間が長い方が、自分にとっては良いかも知れないと思いました。シャドーのポジションも手ごたえはありますし、自由にやれた方がいい場面もあるのですが、やはりチーム全体としてもっと積極的に仕掛けていきたいと思います。』


■斉藤 大介選手
『粘り強く戦うことは出来ていたのですが、セットプレーから失点してしまいました。ただ、その後も左サイドのアレックスからいい形でクロスが上がっているシーンもありましたし、少なからずチャンスはあったので、そこで何とか決めることができればと思います。
相手の守備や組織は、特に阿部選手がボランチに入ることによって、槙野選手を高い位置に置くという形が多くなりました。どうしても後手を踏むこともあり、ビルドアップに関わる選手がいるということで、同じシステムでやりながらも、相手の方が形を持っていたような内容でした。首位を走っているチームとはいえ、いくつかはボールを奪えている場面もありました。相手のうまさにやられてはいましたが、いい形で奪うことができているので、それは次の大宮戦に向けても継続してやっていきたいです。ただ、点を取らないと勝てないので、決定的なチャンスは少ないですが、いくつかあったので、そういうところを取れないと勝点3を取ことは出来ないので、取れるように戦いたいと思います。』


〜ハーフタイム監督コメント〜
・相手のFKには注意して引き続き集中して行くこと
・トップの足元にしっかり収まっているので、前でコミュニケーションを取って崩そう
・最後のところを冷静に。点取れるぞ!


〜試合前日コメント〜
■斉藤 大介選手
『前節はボールを奪いに行くというチームでやろうとしていることが出せて、最低限と思っていた勝点1を取って明日のホームでの浦和戦を戦うことが出来ます。中断期間に取り組んできたことが出来ているので、カウンターなどもう少し精度を上げることを大事にしたいです。チームの全員がやるべきことを理解し、ハードワークをして戦う気持ちを前面に出していきたいと思っています。観ている人に何かを感じてもらえるようなプレーをすることが自分たちの使命だと思っているので、ホームで必ず勝点3を奪いたいと思います。応援よろしくお願いします。』


PAGE TOP