Game information試合情報

試合日程・結果

2017年08月26日 明治安田生命J2リーグ 第30節

試合終了

徳島ヴォルティス VS モンテディオ山形
1 1 前半 0 1
0 後半 1
前半20分   渡 大生
得点者 後半26分   阪野 豊史
後半29分
IN : [MF] 34 清原 翔平 OUT : [MF] 10 大﨑 淳矢
後半37分
IN : [DF] 4 藤原 広太朗 OUT : [DF] 15 井筒 陸也
後半42分
IN : [MF] 14 濱田 武 OUT : [MF] 23 前川 大河
交代 後半0分
IN : [FW] 10 鈴木 雄斗 OUT : [MF] 17 中村 駿
後半34分
IN : [DF] 24 荒堀 謙次 OUT : [DF] 6 山田 拓巳
後半48分
IN : [DF] 13 石川 竜也 OUT : [MF] 16 佐藤 優平
前半42分 警告 山﨑 凌吾
後半14分 警告 岩尾 憲
後半48分 警告 清原 翔平
警告
退場
前半5分 警告 加賀 健一
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度27度/77% 観客数4567人
主審清水 修平 副審1佐藤 貴之
副審2田島 宏則 第4審判村田 裕介
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 1
0 0 PK 0 0
9 1 GK 5 3
3 6 シュート 1 9
9 9 FK 8 9
1 0 CK 0 4
2 1 イエローカード 1 0
0 0 レッドカード 0 0
0 1 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 山形
リカルド ロドリゲス 監 督 木山 隆之
31 長谷川 徹
G K 1 児玉 剛
3 大﨑 玲央
20 キム ジョンピル
15 井筒 陸也
D F 6 山田 拓巳
15 加賀 健一
5 菅沼 駿哉
27 高木 利弥
8 岩尾 憲
23 前川 大河
27 馬渡 和彰
26 杉本 太郎
10 大﨑 淳矢
M F 17 中村 駿
16 佐藤 優平
14 本田 拓也
20 茂木 力也
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 9 瀬沼 優司
11 阪野 豊史
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 2 ヴァシリェヴィッチ
[DF] 4 藤原 広太朗
[MF] 14 濱田 武
[MF] 19 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 34 清原 翔平
SUB [GK] 23 富居 大樹
[DF] 13 石川 竜也
[DF] 24 荒堀 謙次
[DF] 33 西村 竜馬
[MF] 19 太田 徹郎
[MF] 25 汰木 康也
[FW] 10 鈴木 雄斗

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『前半は非常によいプレーができました。しっかりとボールを保持しながらチャンスを作り、相手にもチャンスを与えず、先取点を取ることもできました。しかし前半の終わり頃から、自分たちの考えていたプラン通りのゲーム運びができなくなってきて、その流れのまま後半に入ってしまいました。特に相手の10番、鈴木選手が入ってから大きく流れが変わったように感じました。相手のプレスが勢いを増し、自分たちは球際で負ける場面が増えてきました。そして相手に押し込まれる時間帯の中でセットプレーから失点し、ドローという結果に終わってしまいました。』

【質疑応答】
Q=後半にボールを保持できなくなった原因はどこにあると考えていますか?
A=『相手がプレスを強めてきたこともありますが、SBにボールが入って前に仕掛けられそうな時でも、セーフティーにバックパスを選択する場面が増えたということ。逆サイドに大きく展開しても裏を突けず、また中央で保持できず同じようなことになっていました。それから、杉本選手、前川選手が顔を出せず、ボールを受けられない状況になり、中盤も相手に制圧されてきました。それらが原因だと思っています。』

Q=今日で30ゲームを終えたが、現在の勝点や順位をどのようにとらえていますか?またホームではアウェイほど勝ち切れていません。
A=『全体的に見るとポジティブなシーズンが送れていると思っています。現在プレーオフ圏内に入っているし、自動昇格を狙える位置にも付けています。そして良いサッカーを表現することもできています。今節は引き分けましたが、ひとつ上の名古屋とは勝点差を縮めました。明日福岡の結果次第で、こちらも勝点差が縮まるかもしれません。 ホームでの勝率やパフォーマンスがアウェイほど上がっていないのは、相手が守備的に入ってくることが原因なのかもしれません。しかしここまでは全体的に良いサッカーを続けているので、このまま継続しながらクラブの歴史を変えられるように努力するだけです。』


■渡大生選手
『点を取ることはできましたが、僕の中では前半からやり切れていない感じがずっとありました。前半こそボールは回りましたが、何か相手にやらされているような感じもありましたし、後半はそんな雰囲気の中で失点もしてしまいました。チームとしてシュートで終わる形がなかなか無かったのは、相手に合せすぎたところがあったと思います。試合後半は球際とか切り替えの基本的な部分で相手に負けていたし、非常にもったいなく悔しいゲームでした。』


■前川大河選手
『前回6-1で僕たちが勝っていたので、相手は相当気合を入れてきたと思います。でも僕自身がそのプレッシャーをかいくぐって攻撃の起点になれれば、今日も勝利できたかもしれません。もっと顔を出す回数を増やさなければいけないですね。二人をかわしてシュートできる場面もありました。歩幅が合わずにパスを選択しましたが、あのような場面でしっかりとシュートできる力を付けていきたいです。
もう勝点を落とせないので、次節は絶対に勝ちたいです。』


■大﨑玲央選手
『相手のプレスは想定していたし、後半も前半通り戦えれば勝てていたと思います。長いボールで阪野選手や瀬沼選手を使ってきましたが、それも想定していました。僕とキムジョンピル選手で、背後や逆サイドのケアについて常に話をしていたので、二人にはしっかりと対応できていたと思います。
戦術的な部分ではしっかり戦えました。しかし、失点したあとの雰囲気は重く、今日のゲームは自分たちで引き分けに終らせたようにも思います。そこからまた反撃して突き放すような戦いができれば、チームとして一段上れると思います。』


~ハーフタイムコメント~
・2点目、3点目が取れるように、攻守ともに積極的に続けていこう。
・ボールを奪った時、今はバックパスが多いからもっと前に進んでいこう。

~試合前日コメント~
■山﨑凌吾選手
『身体も動けているし、明日も4試合連続得点を狙って頑張ります。得点数は自分的にはまだまだ足りないと思っていて、チャンスもいっぱいありますし、もっと点を取りたいです。 山形は前半戦とは全く違う相手だと思って、しっかり気持ちを引き締めて自分たちのサッカーをして勝ちたいです。J1昇格に向けて負けられない戦いが続きます。選手、サポーターが一丸となって戦いましょう!明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

page top