Game information試合情報

試合日程・結果

2017年09月16日 明治安田生命J2リーグ 第33節

試合終了

vs ファジアーノ岡山
3

2 前半 2

1 後半 1

3
前半34分   岩尾 憲
前半45分   島屋 八徳
後半17分   山﨑 凌吾
得点者 前半14分   澤口 雅彦
前半19分   赤嶺 真吾
後半39分   関戸 健二
後半32分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [FW] 16 渡 大生
後半43分
IN : [MF] 19 内田 裕斗 OUT : [MF] 26 杉本 太郎
交代 後半7分
IN : [MF] 7 伊藤 大介 OUT : [MF] 11 三村 真
後半18分
IN : [MF] 10 大竹 洋平 OUT : [FW] 30 豊川 雄太
後半28分
IN : [DF] 21 加地 亮 OUT : [MF] 2 澤口 雅彦
前半29分 警告 井筒 陸也
後半3分 警告 小西 雄大
後半20分 警告 島屋 八徳
警告
退場
前半25分 警告 久木田 紳吾
前半33分 警告 篠原 弘次郎
後半40分 警告 加地 亮
後半49分 警告 片山 瑛一
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 16:00
芝状態/グランド良芝/水含み 天候/風雨/中風
気温/湿度22度/85% 観客数4203人
主審岡 宏道 副審1大西 保
副審2浜本 祐介 第4審判西山 貴生
後半 前半   前半 後半
1 2 得点 2 1
0 1 PK 0 0
5 2 GK 6 7
13 6 シュート 5 4
10 10 FK 6 8
2 2 CK 2 0
2 1 イエローカード 2 2
0 0 レッドカード 0 0
1 2 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 岡山
リカルド ロドリゲス 監 督 長澤 徹
31 長谷川 徹
G K 22 一森 純
27 馬渡 和彰
4 藤原 広太朗
2 ヴァシリェヴィッチ
15 井筒 陸也
D F 3 久木田 紳吾
39 篠原 弘次郎
14 喜山 康平
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
26 杉本 太郎
11 島屋 八徳
M F 2 澤口 雅彦
27 塚川 孝輝
16 関戸 健二
11 三村 真
17 山﨑 凌吾
16 渡 大生
F W 19 片山 瑛一
24 赤嶺 真吾
30 豊川 雄太
[GK] 21 梶川 裕嗣
[DF] 5 石井 秀典
[MF] 19 内田 裕斗
[MF] 23 前川 大河
[MF] 10 大﨑 淳矢
[MF] 30 佐々木 匠
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 13 櫛引 政敏
[DF] 33 チャン ソグォン
[DF] 21 加地 亮
[MF] 5 渡邊 一仁
[MF] 7 伊藤 大介
[MF] 10 大竹 洋平
[FW] 20 藤本 佳希

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『非常に悪い立ち上がりでした。相手に何もされていないのに、2点を許してしまいました。これは絶対に今後改善しなければいけないと思っています。その一方で、プレスは激しく行けていましたし、我々の臨んでいたプレーができていた部分もあります。今週準備してきた何種類かの攻撃の形をピッチで表現でき、チャンスも幾つか作れました。 4点目を狙っていましたがなかなかそうはいかず、終盤にセカンドボールを拾われて失点を喫しました。失点後も勝ち越すチャンスはありましたが、そこで決め切ることができず3-3のドローという結果です。ただ、選手たちのプレー自体は勝点3に相応しいものだったと思っています。』

【質疑応答】
Q=死力を尽くした選手・スタッフに、まずどのような言葉をかけましたか?
A=『非常に難しいシチュエーションになってしまいましたが、今回のゲームについてはここ数試合でできていなかったことがもう一度できるようになってきたということ等、良い点もたくさんありました。引き分けたことは非常に悔しいですが、そういう面はポジティブに考えて、良かった点は継続してやっていこう、次の町田戦にしっかりと準備して絶対に勝とうと伝えました。そして、J2は非常に難しいリーグで、ちょっとでも気を許すと3点目のように失点してしまいます。最後まで集中を切らさないということを徹底して、切り替えて顔を上げて、次の試合に活かしていこうとも話しました。』

Q=今日の交代のタイミングや起用選手について、考えを聞かせてください。
A=『ギリギリまで替えなかった理由としては、チャンスが数多く作れていたということです。3失点目の前にもチャンスがあり、4点目を奪う勢いがあったので敢えて交替はしないという決断をしました。もちろん、ベンチにはクリエイティブな選手が揃っていましたが、今日のゲームではいろいろな意図があり、そのような判断になりました。 杉本選手が疲れていたということと、島屋選手を中央で使いたかったので内田選手を入れました。佐藤選手には前から守備をしてもらい、後ろで守備をする時間を減らしてほしいという狙いがありました。もちろん攻撃の起点にもなってもらおうと思っていました。』


■山﨑凌吾選手
『勝ち越した3点目は、島屋選手が外側を回って相手の意識を引きつけてくれたので、自分の得意な形でカットインし、自信を持ってシュートを打つことができました。そして逆転後は4点目を狙っていました。守り切るというよりも、追加点を狙って攻撃的にいくことが自分たちのスタイルだからです。結果的にロングパスのセカンドボールから失点し同点となったことはもったいないですが、アグレッシブな姿勢は崩さず、残りゲームもしっかりと戦います。』


■小西雄大選手
『今日先発するにあたり、監督からはバランスを取るように言われていましたので、相手のカウンターに注意しながら全体を見てプレーしていました。
早い時間帯に2失点しましたが、ピッチの中では時間もあるのでまだまだやれるという感じでした。練習からやっている通り、しっかりつないで揺さ振りながら攻撃する自分達らしさを出そうという意思統一はできていました。実際サイドを崩してチャンスを作れていましたし、攻撃面での良さは出ていたと思います。
個人的には、サイドへ散らすプレーはできていましたが、もっと前に出て相手ゴール前でプレーできれば脅威になれたのではないかと思っています。』


■佐藤晃大選手
『あっさり2失点してしまいましたが、PKを決めたことで流れが変わったと思います。そこからは自分たちのサッカーができて、逆転できたことは良かったと思います。ここ数試合で結果が出ていなかったので、チームを変えようというみんなの思いの現れだと思います。
僕はリードした後にピッチへ入りましたが、入ってから失点してしまったことにとても責任を感じています。オープンな展開になっていたので、もっとゲームを落ち着かせて、前で起点になるべきでした。そして、3失点目は加地選手からのクロスが起点になりましたが、僕が戻っていれば違う結果になっていたと思います。途中から入ったにもかかわらず、やるべきことができなかったことを本当に申し訳なく思います。』


~ハーフタイムコメント~
・サイドからサイドへ相手をもっと揺さぶっていこう。
・守備の時にもっと球際強くいくこと。

~試合前日コメント~
■島屋八徳選手
『久しぶりに出場した前節よりは身体も動くし、ボールタッチの感覚もだいぶ上がってきています。自動昇格に向けて後がない状況ということは選手もスタッフも感じていますし、明日はより一層プレッシャーのかかる試合だと思うので、今週は緊張感ある中で準備が出来たと思います。 無失点で抑えて、複数得点の入る試合こそ観ている人が楽しめる試合だと思います。そういった試合をする上で大事なことは、自分自身が楽しんでプレーすることだと思います。プレッシャーの掛かるところで肩の力を抜いて、いつも通りのプレーをお見せ出来ればと思います。 シーズン終盤に差し掛かってきて、昇格に向けて大切な試合が続く中で皆さんの後押しが必要になってきます。いつもスタジアムへ来てくださっている方々はもう2,3人お誘い頂いて、もっともっと多くの声援を僕たちに送ってください!明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP