Game information試合情報

試合日程・結果

2018年06月16日 明治安田生命J2リーグ 第19節

試合終了

vs レノファ山口FC
1

1 前半 1

0 後半 1

2
前半19分   石井 秀典
得点者 前半41分   小野瀬 康介
後半19分   小野瀬 康介
後半24分
IN : [MF] 41 狩野 健太 OUT : [FW] 14 杉本 竜士
後半30分
IN : [DF] 22 広瀬 陸斗 OUT : [FW] 23 前川 大河
交代 後半24分
IN : [MF] 7 大﨑 淳矢 OUT : [DF] 11 鳥養 祐矢
後半33分
IN : [FW] 9 岸田 和人 OUT : [MF] 24 山下 敬大
後半48分
IN : [MF] 5 佐藤 健太郎 OUT : [MF] 15 池上 丈二
後半41分 警告 石井 秀典
後半42分 警告 岩尾 憲
警告
退場
後半16分 警告 池上 丈二
後半44分 警告 大﨑 淳矢
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風晴/弱風
気温/湿度21.7度/54% 観客数4828人
主審飯田 淳平 副審1武田 光晴
副審2細尾 基 第4審判須谷 雄三
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 1 1
0 0 PK 0 0
8 3 GK 0 1
4 7 シュート 9 6
6 13 FK 10 11
7 5 CK 4 4
2 0 イエローカード 0 2
0 0 レッドカード 0 0
1 0 オフサイド 0 5

スターティングメンバー

徳島 チーム 山口
リカルド ロドリゲス 監 督 霜田 正浩
21 梶川 裕嗣
G K 44 藤嶋 栄介
5 石井 秀典
3 大﨑 玲央
7 内田 裕斗
D F 6 前 貴之
2 坪井 慶介
3 渡辺 広大
11 鳥養 祐矢
27 大本 祐槻
6 シシーニョ
8 岩尾 憲
11 島屋 八徳
M F 8 小野瀬 康介
15 池上 丈二
29 三幸 秀稔
24 山下 敬大
14 杉本 竜士
23 前川 大河
17 山﨑 凌吾
F W 18 高木 大輔
19 オナイウ 阿道
[GK] 1 カルバハル
[DF] 2 ブエノ
[DF] 15 井筒 陸也
[DF] 22 広瀬 陸斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 41 狩野 健太
[FW] 19 薗田 卓馬
SUB [GK] 1 村上 昌謙
[DF] 22 ジェルソン ビエイラ
[DF] 16 瀬川 和樹
[MF] 5 佐藤 健太郎
[MF] 7 大﨑 淳矢
[MF] 14 髙柳 一誠
[FW] 9 岸田 和人

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日のゲーム、プレッシングや相手ゴールに迫るという部分を含めて、全体的に良かったところがたくさんあったと思います。勝点3を取ることはできませんでしたが、それに近い内容のゲームでした。ただ、相手ゴール前で違いを作るという点において、山口の方が優れていたのかもしれません。改善点としては、もっとボールをしっかり持つことができていれば、守備の時間を減らせたのかもしれません。またボールを動かすことについても速さが足りませんでした。 繰り返しになりますが、ゴール前の違いは決め切ることができるのかどうか、彼らがその部分で我々を上回っていたといことです。我々はラストパスの精度を欠き、決め切れませんでした。』

【質疑応答】
Q=ゲーム開始ぎりぎりまで、監督と岩尾選手で話していたことは?
A=『山口は通常4-3-3でプレーしていますが、流れの中で2ボランチに変わることがあります。その最終的な確認をしていました』

Q=途中から大本選手が左へ回り無難にプレーした。このポジションで今後の可能性は?
A=『彼は左でもプレーできると思っています。練習で数をこなしているわけではありませんが、左に入った時にも安定したプレーを見せてくれていました。今日も広瀬選手を右サイドに入れたので左へコンバートしましたが、しっかりとしたプレーを見せてくれました。ただ仕上げの部分、シュートやラストパスで精度を欠くところもありました』

Q=チームのポゼッションのやり方に不満があるのではないのか?
A=『今回の改善点で言うと、動かす時のボールスピードやタッチ数についてです。相手がセンターで非常に良いプレスをかけてきたことも難しくした要因ですが、それらは今後の対戦相手を崩していく上で必要になっていくことです』



■石井秀典選手
『今日はうちのボランチが相手のシャドーに付いて下げられたことで、後ろに人数がかかってしまいました。そのため中央にスペースができて、相手がやりたいことをやられてしまった感じです。そこは監督のコンセプトを踏まえながら、チーム内で整理しておかなければいけません。
得点場面はCKからの流れですが、ニアサイドの選手がつぶれてくれたので、あとはしっかりと合わせるだけでした。』



■シシーニョ選手
『今日はダブルボランチだったので、中央の守備を意識していました。山口も良いチームなので、まずはしっかりと抑えることが大事でした。
しかし今日のゲーム、自分では分析できません。なぜか上手くいきませんでした。しかし監督はそれを修正できる人なので、信じてプレーすれば絶対に良くなっていきます。もっと上にいきたいので、もう負けられません。サポーターと一緒に戦って、これから絶対に巻き返してみせます。』



■島屋八徳選手
『勝てなかったことが悔しいです。今日は3バックだったので、守備の時は後ろに5枚並んで守ろうとしました。相手がバックパスで下げた時に、うちの3ラインの上下動をコンパクトな中で行えれば、相手にスペースを与えずに済んだのではないかと思っています。相手の3トップに上手く付けられて押し込まれている時間もあったので、そこは全体で意識を統一し、守備ではめられるようにしないといけませんでした。
 
今日も立ち上がりはうちのビルドアップが相手より勝っていて、チャンスもあったのに決め切ることができず流れを掴めませんでした。石井選手が先制してくれていけそうな雰囲気はあったのですが、追い付かれた時点で下を向いてしまっていました。そういう時にこそ全員で声を出して、鼓舞していかなければいけないと思います。結果が付いてきていないので難しいのですが、もっと自信を持ってプレーしなければいけなかったと思います。相手の方が各局面で自信を持っていて、ボールを取られることを恐れずにシンプルにワンタッチで剥がしにきていました。それは本来うちが得意としているプレーのはずなので、もっと出していかなければいけなかったと思います。』



~ハーフタイムコメント~
・ボールをしっかり動かし続けていこう
・恐れずに前からプレスをかけていこう


~試合前日コメント~
■広瀬 陸斗選手
『今週もみんなで勝てるように準備してきました。雰囲気良くトレーニング出来たと思います。 相手は得点力のあるチームなので、まずはしっかりとした守備から入って、うちも勝てていないので気持ちを出していかないといけないと思います。そして、目の前の相手に100%以上の力を出して勝ちたいです。 個人的には、まずは怪我なく、そしてアシストや得点という目に見える結果でチームを勝利に導けるように頑張ります。 勝てていない中、スタジアムに試合を観に来ていただけて本当に支えになっています。勝利して、もっと多くの皆さんに来てもらえるようにしたいと思っていますので、明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP