Game information試合情報

試合日程・結果

2018年08月25日 明治安田生命J2リーグ 第30節

試合終了

vs 大分トリニータ
1

0 前半 0

1 後半 0

0
後半38分   小西 雄大
得点者
後半24分
IN : [MF] 10 杉本 太郎 OUT : [FW] 26 バラル
後半35分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [FW] 50 ピーター ウタカ
後半42分
IN : [DF] 20 キム ジョンピル OUT : [MF] 36 表原 玄太
交代 後半17分
IN : [FW] 10 藤本 憲明 OUT : [FW] 18 伊佐 耕平
後半17分
IN : [FW] 9 後藤 優介 OUT : [FW] 27 三平 和司
後半39分
IN : [DF] 19 星 雄次 OUT : [MF] 3 那須川 将大
警告
退場
後半41分 警告 丸谷 拓也
試合会場 大分銀行ドーム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/弱風
気温/湿度28.9度/68% 観客数8738人
主審上田 益也 副審1中野 卓
副審2福岡 靖人 第4審判上田 隆生
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
5 4 GK 1 1
2 1 シュート 6 9
6 6 FK 4 2
0 0 CK 1 5
0 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 1 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 大分
リカルド ロドリゲス 監 督 片野坂 知宏
21 梶川 裕嗣
G K 31 高木 駿
22 広瀬 陸斗
4 藤原 広太朗
15 井筒 陸也
25 内田 航平
D F 5 鈴木 義宜
6 福森 直也
29 岩田 智輝
6 シシーニョ
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
36 表原 玄太
M F 3 那須川 将大
7 松本 怜
20 小手川 宏基
32 前田 凌佑
33 丸谷 拓也
50 ピーター ウタカ
26 バラル
F W 18 伊佐 耕平
27 三平 和司
[GK] 40 吉丸 絢梓
[DF] 20 キム ジョンピル
[MF] 7 内田 裕斗
[MF] 23 前川 大河
[MF] 14 杉本 竜士
[MF] 10 杉本 太郎
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 22 ムン キョンゴン
[DF] 16 岡野 洵
[DF] 19 星 雄次
[MF] 17 國分 伸太郎
[MF] 38 馬場 賢治
[FW] 9 後藤 優介
[FW] 10 藤本 憲明

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『選手たちにもずっと伝えてきたことですが、大分戦はこういう難しい試合になると思っていました。しっかりやってくれた選手たちに感謝しています。大分はGKも含めてボールを動かすことでうまく相手チームを引き出して、空いたスペースを突いて攻撃してくるチームです。それに対して絶対にスペースを与えてはいけないということでした。DFラインの裏のスペースも与えてはいけないと、そういう話をして試合に臨みました。 ゲームプランは前半戦で彼らと戦った時と大体同じでした。前回に比べるとうまくいかなかったところが多く出たんですけど、その中でもチームは全体的にコンパクトさを保ち、スペースを与えることなく前半をうまく0-0で抑えることができました。そして最後の最後でチャンスをモノにしたという形になりました。 結果としたら、もしかしたら0-0、0-1で大分が勝つという結果が妥当だったかもしれないですけど、我々は最後のチャンスをしっかりものしにて決めることができて、勝点3を取ることができました。』


【質疑応答】
Q=(中2日で)厳しいスケジュールで臨むにあたり、ベンチ入りメンバー(18名)を超える選手を帯同させていました。他にもプランがあったのでしょうか。また、表原選手の評価も教えてください。
A=『まず中2日だったので、そういった意味で難しい状況でした。さらに今回の相手が大分ということで、難しい問題が我々の前に立ちはだかっていました。他のプランも考えていて、最後の最後まで決断に悩んだ末に今日のプランを選んだ形です。 表原選手については、飛び出しのところやもう少しゲームに関わるというところでは改善点があるのかもしれないですけど、彼には(チームで)練習する時間がまったくありませんでした。それでも彼を起用したのはフレッシュな状態である選手を使いたかったということでした。全体的に見れば良いプレーをしてくれたと思います』



■小西雄大選手
『(ゴールシーンを振り返って?)ファーストタッチでうまく相手DFを外せました。あとはGKと駆け引きをして、少し目線を左にしたら少しだけGKが倒れたので、コースは甘かったですけど逆に蹴ったら相手の逆を取れたので、それで入ったという感じですね。
(試合展開としては苦しい試合でした)本当に苦しい試合でした。チーム全体でチャンスも1回はあると思っていたので、しっかり我慢して出来ました。
試合に集中していましたし、この試合に賭ける思いは人一倍強かったので、そういう意味では結果を出すことができて良かったです。
もっともっと出来ると思うので、(得点を)重ねていければいいなと思います』



■表原玄太選手
『(スタメンで行くといつ言われましたか?)岡山から帰ってきた後の練習くらいですかね。『行くかもしれない』という空気があったので、しっかり準備していました。コンビネーションも時間もないので、ポジションの近い選手とたくさん話をして、監督の話を聞いて、ビデオを見てという準備をしました。やることをある程度限定して徹底してということをやって勝てたことは良かったです。負けた後の試合で僕も(移籍後)最初の試合で何より絶対に勝ちという結果が欲しくて、一番いい結果が得られたので、ここから勢いをもっとプレーで出していきたいなと思います。
(ゴールをアシストしたシーンについて)杉本(太郎)選手が持ったらボールを引き出せると、知っていたので、そこでうまく前を向けて顔を上げた時に小西選手が見えたのでパスを出したらうまく決めてくれたので良かったです』



■内田航平選手
『久々の試合でした。ほぼ3か月くらい試合をやっていない状態でした。公式戦に出場して懐かしい感じがしました。(笑)今日はこういう試合だとチーム全体で割り切っていたので、そこは良かったかなと思います。
やっと徳島へ入ってきて、一歩を踏み出せたのかなと思います。やっぱり公式戦のスタメンで出るのも初めてですし、課題もいくつもあります。これをいいようにつなげていければいいかなと思います』



~ハーフタイムコメント~
・ミドルシュートとセンタリングに気を付けること
・ここからが勝負!


~試合前日コメント~
■岩尾 憲選手
『前の試合が出場停止だったので、自分が出場するということは誰かが出れないということなので、個人的には絶対に勝ちたい試合でした。以前ケガした再も同じような状況で復帰戦に勝てず、今度こそと思って試合に入ったんですが先に失点してしまい難しい試合になってしまいました。 大分は個人の能力がたくさんいて、得点能力に優れた選手もいます。非常に前線の選手がコンビネーション含めて高い能力があるので、僕たちが中途半端なポジショニングをすればそこをつかれてしまいます。しっかり良い守備から入って上手く戦えたらと思います。 中2日での試合になりますが、それは決まっていることなので、出来る最大限の準備をして最初の1秒目から全力で向かっていけるようにしたいと思います。 明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP