Game information試合情報

試合日程・結果

2018年09月22日 明治安田生命J2リーグ 第34節

試合終了

vs FC町田ゼルビア
1

0 前半 1

1 後半 0

1
後半25分   ピーター ウタカ
得点者 前半46分   中村 祐也
後半37分
IN : [MF] 41 狩野 健太 OUT : [MF] 23 前川 大河
交代 後半15分
IN : [MF] 18 山内 寛史 OUT : [MF] 11 中村 祐也
後半28分
IN : [MF] 14 吉濱 遼平 OUT : [MF] 29 森村 昂太
後半40分
IN : [MF] 19 土居 柊太 OUT : [FW] 9 鈴木 孝司
警告
退場
前半45分 警告 土岐田 洸平
試合会場 町田市立陸上競技場 キックオフ 16:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/無風
気温/湿度25.4度/70% 観客数3524人
主審榎本 一慶 副審1亀川 哲弘
副審2藤澤 達也 第4審判鈴木 渓
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 1 0
0 0 PK 0 0
7 9 GK 3 2
4 2 シュート 4 5
7 10 FK 7 10
6 0 CK 1 3
0 0 イエローカード 1 0
0 0 レッドカード 0 0
2 2 オフサイド 3 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 町田
リカルド ロドリゲス 監 督 相馬 直樹
21 梶川 裕嗣
G K 1 福井 光輝
4 藤原 広太朗
20 キム ジョンピル
15 井筒 陸也
D F 35 大谷 尚輝
5 深津 康太
23 酒井 隆介
2 奥山 政幸
36 表原 玄太
6 シシーニョ
14 杉本 竜士
23 前川 大河
8 岩尾 憲
M F 8 平戸 太貴
10 土岐田 洸平
29 森村 昂太
11 中村 祐也
26 バラル
50 ピーター ウタカ
F W 9 鈴木 孝司
30 中島 裕希
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 28 大屋 翼
[MF] 25 内田 航平
[MF] 7 内田 裕斗
[MF] 32 小西 雄大
[MF] 41 狩野 健太
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 21 髙原 寿康
[DF] 3 藤井 航大
[DF] 25 小島 雅也
[MF] 6 李 漢宰
[MF] 14 吉濱 遼平
[MF] 18 山内 寛史
[MF] 19 土居 柊太

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『今日のキーポイントは、前半の終了間際に一発で失点したことでした。 前半は相手のプレッシングが厳しかったことで、足元でボールをつなぐプレーができませんでした。試合全体を通しての守備に関しては、縦の裏そして同サイドの裏に対して、サイドから中へクロスを入れてくる町田の攻撃の形に対して、わかっていても止めることが難しい攻撃を止めることができましたし、失点をしなかったので、その部分は良かったのかなと思います。 後半に入ってから、相手が点を取ったこともあり前から出てこなくなって、コンビネーションで2~3つチャンスを作ることができました。そして同点に追いつくことができました。、守備は引き続きしっかり守れていてセットプレーでも何度かチャンスを作られましたが、相手の怖い攻撃を抑えることはできました。ただもう少し良い結果にできたのかなというのが率直な意見です』

【質疑応答】
Q=石井選手を出場停止で欠く中でしたが、キムジョンピル選手が入った中でのDFラインのパフォーマンスについてはいかがですか?
A=『今日は良かったのかなと思います。背後を取っての中への折り返しという彼らの攻撃は止めるのは難しい中で、(DFラインの)彼らを含めたチーム全員でしっかり守備をしてくれたと思います』

Q=逆に攻撃面、特に前半は少しうまくいっていなかったように感じましたが?
A=『前半最初、立ち上がりの時間帯で2トップやサイドハーフの選手がセンターバックにプレッシャーをかける中で、ボールをつなぐことが難しいと判断したので、最初の時間帯には前にボール入れていくことを狙っていました。その中でウタカ選手と杉本選手にゴールを奪えるチャンスがありました。前半の30分頃からプレスが弱まってくるので、そこで今日やったようなプレーをしていこうとプラン通りにはいきました。ただ後半のところでは、もう少し(プラン通りに)プレーしたかったです』

Q= 試合数も少ない中でこの勝点1を監督はどう捉えていらっしゃいますか?
A=『勝点2を失った印象があります。やはり直接対決をモノにできれば、さらに自動昇格を目指す上で勝点差を縮められるチャンスだったので、それを失ったのかなと思います。ですので一歩後退という印象もあります』

Q= 町田のコンパクトな陣形を広げさせるポジションを取っていましたが、狙いを教えてください。
A=『意図としては、今おっしゃったとおりです。彼らは縦25m×横25mの幅でコンパクトに守ることがうまいチームです。我々は町田のやりたいことにはまってはいけないということで、今週から準備を進めてきました』

Q= 町田のコンパクトな陣形を広げさせるポジションを取っていましたが、狙いを教えてください。
A=『最初のアイデアとしては、コンパクトな陣形を引き延ばすこと、それから裏を狙うこと。その中で相手をさらにサイドを揺さぶりたかったのですが、それはなかなかできませんでした。ただその後に、相手を押し込んで-相手が後ろに引いて残っているようなシチュエーションですが-それを彼らは望んではいないので、そういった展開にしていこうと話をしていました』



■ピーターウタカ選手
『今日は本当に難しい試合でした。町田は自分たちのやることを明確にしていて、それに長けています。ボールを持ったらロングボールをコーナーサイドに入れて、そこから2~3枚で崩して、最終的にはクロスを入れるチームで、やりにくかったです。
うちのサッカーはいろいろなタイミングでシステムややり方を替えていきます。その中でも今日はなるべく前線で張っているというところと、そこでうまく相手の裏のスペースを使えるようにと狙っていました。
(後半は引いてボールを受ける場面もありましたが)試合中にリカルド監督とアイコンタクトを取りながら、状況に合わせて指示を受けてプレーしていました。
(ゴールシーンについて)本当にこういう試合は難しいので、チャンスはなかなか来ません。そういうチャンスを逃さないようにいつも以上に集中してどういう風にボールを受けたらいいのか考えながらプレーしていました。本当にあのゴールが入って良かったです。本当に相手のDFラインは高かったので、相手のラインよりは2~3m後ろに立つポジションを取っていました。練習の中からいいタイミングでボールを要求をしていましたがなかなかボールが出てこず、パスを出す選手のタッチが多かったりタイミングがずれたことによってオフサイドになることも多かったです。後半ゴールが決まるまではオフサイドを取られることには苦戦しました。ただその中でチャレンジし続けて、最終的にゴールにつながりました』



■梶川裕嗣選手
『最初から相手の圧力に押されて、自分たちのやりたいことができずに、前半の最後に失点してはいけない時間帯に失点してしまいました。そこは反省すべき点かなと思います。(後半はGKからビルドアップを狙っていました)相手が疲れたり1点取ったことで引くと予想していて、そうなったらつなごうと話をしていました。そこは上手くできたかなと思いました。連勝している中でも無失点の試合も多かったのでいいプレーができたかわかりませんが、無失点でチームの勝利に貢献できるようにしていきたいです。
今日の引き分けをどう捉えるかというか、どう持っていくかは次の試合にかかっているので、この勝点1を次の試合につなげられるように、自動昇格もまだ諦めていないので、次はしっかり勝ちたいです』



■キムジョンピル選手
『久々の試合で楽しかったですけど疲れました。
(どういったことに気を付けて試合に入りましたか)裏ですね。相手は全部裏を狙ってくるので、それとセカンドボールとセットプレーですね。
(前の方の選手と公式戦でやるのは)初めてなので多少合わない部分はありましたけど、悪くはなかったと思います。(次の試合に向けて)負けないことですね』



~ハーフタイムコメント~
・攻撃は1回で終わらずに2回3回と続けていくこと
・絶対逆転出来るぞ!45分間信じて戦おう!


~試合前日コメント~
■小西雄大選手
『町田は縦に速いサッカーをしてくるので、そこへの対応だとか相手の得点源でもあるセットプレーに対しての守備は細かく確認してきました。個人的にはここ最近、ゴール前のプレーやフィニッシュに絡むプレーというのが少ないので、町田戦ではもう少しそういったプレーを増やしていかないと、自分が競争に生き残っていく道は無くなっていくと思います。自分たちの力で上との差は縮まってきているので、本当にこの試合勝つか負けるかでこの先に大きく影響してくる思うので、全員で本当に集中して戦って勝利出来るように頑張りたいと思います』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP