Game information試合情報

試合日程・結果

2018年11月17日 明治安田生命J2リーグ 第42節

試合終了

vs 松本山雅FC
0

0 前半 0

0 後半 0

0
得点者
後半21分
IN : [FW] 26 バラル OUT : [FW] 50 ピーター ウタカ
後半39分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [MF] 23 前川 大河
交代 前半39分
IN : [MF] 13 中美 慶哉 OUT : [MF] 8 セルジーニョ
後半29分
IN : [FW] 38 永井 龍 OUT : [FW] 9 高崎 寛之
後半46分
IN : [MF] 5 岩間 雄大 OUT : [FW] 7 前田 大然
前半40分 警告 藤原 広太朗
警告
退場
試合会場 サンプロ アルウィン キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/乾燥 天候/風晴/中風
気温/湿度12.5度/61% 観客数19066人
主審木村 博之 副審1平間 亮
副審2赤阪 修 第4審判野田 祐樹
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
7 6 GK 3 9
4 0 シュート 5 3
1 6 FK 9 5
2 1 CK 2 2
0 1 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
1 0 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 松本
リカルド ロドリゲス 監 督 反町 康治
21 梶川 裕嗣
G K 16 村山 智彦
4 藤原 広太朗
5 石井 秀典
15 井筒 陸也
D F 50 今井 智基
4 飯田 真輝
31 橋内 優也
36 表原 玄太
8 岩尾 憲
14 杉本 竜士
32 小西 雄大
23 前川 大河
M F 3 田中 隼磨
47 岩上 祐三
6 藤田 息吹
20 石原 崇兆
8 セルジーニョ
10 杉本 太郎
50 ピーター ウタカ
F W 7 前田 大然
9 高崎 寛之
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 20 キム ジョンピル
[MF] 7 内田 裕斗
[MF] 41 狩野 健太
[MF] 47 押谷 祐樹
[FW] 18 佐藤 晃大
[FW] 26 バラル
SUB [GK] 1 守田 達弥
[DF] 18 當間 建文
[DF] 29 下川 陽太
[MF] 5 岩間 雄大
[MF] 13 中美 慶哉
[MF] 23 岡本 知剛
[FW] 38 永井 龍

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
【試合総括】
『まず、ここでの一戦は難しいものになると思っていました。松本山雅の皆さんにJ2優勝と昇格をおめでとうございますとお伝えしたいです。 試合の内容ですが、ボールを握って進めることはできましたが、ご覧のとおり崩し切ることができませんでした。守備については激しくできていい守備ができたんじゃないかと思います。ゴールが足りないという意味では今シーズンを象徴するような試合でした』


【質疑応答】
Q=昨年は松本は8位で徳島は7位でした。今季は明暗が分かれる一年になってしまいましたが。
A=『まず彼らはずっと同じようなプレーをしてくる難しい相手です。同じ監督の下、同じ戦い方を最後まで貫き通してきました。そして彼らは負けない。今シーズンも7敗しかしていませんし、勝点1の重みを知っているチームだと思います。そういったところが彼らと我々の違いかなと思います』

Q=目の前で優勝された光景を見て、胸に期するものはありましたか?
A=『もちろんそういう感情はあります。我々が本当であればあの位置にいられたらと思いますし、今度は我々があそこに立てるようにしていければと思っています』

Q= 今日松本とやってみて、一番攻めにくいかったところはどんなところでしたか?
A=『まず彼らの特徴的な所で言うと、後ろの3枚が非常にコンパクトでワイドの選手が強い守備ができる選手ですし、2ボランチの選手もしっかりと守備ができる選手でなかなかうまくこじ開けることができない堅いチームでした。それは試合が始まる前からわかっていたことで、しっかりゲームを進めていくことと(相手の守備を崩す)コンセプトをやっていかないと難しいと選手たちにも伝えていましたが、実際スペースがなくて難しかったと思います』



■岩尾憲選手
『(今日のプレーについて)これが自分たちの持っている力だと思います。そんなに勝てるほど甘くないのでそこにしっかり目を向けて、一人ひとりが自己分析して進むことが大事だと思います。
(目の前で優勝を見せられたが)僕も同じ選手なので優勝する瞬間を見たくはないですけど、優勝するまでの積み重ねを松本さんもしてきていると思うので、リスペクトはしています。
(今日を踏まえて、新しい出発点になる学びはありましたか?)学びはたくさんあったと思いますが、それをどれだけ気づけるかだと思います。たくさんあったものの中からどれだけ抽出できるかどうか。次に進むにはまず何がいけなかったのか、そういったところをしっかり分析する必要があると思います。
(サポーターの皆さんへ)自分たちは消化試合でしたけど、これだけ松本まで多くのサポーターの方が駆けつけてくれたことに本当に感謝しています。結果として恩返しできなくて申し訳ないと同時に思っています。厳しいシーズンの中最後まで声援し続けてくれたことに感謝しています。ただこれで終わりではないので、引き続きヴォルティスをさらに熱く応援してもらえたらうれしいです』



■杉本太郎選手
『リーグ最少失点の松本は堅かったです。こじ開けられなかった。前半は来るとわかっていたので、その中でも前を向くチャンス、ボールを失わずに、相手の嫌なプレーがなかなかできずに、後半はボールを触る回数も増えて自分たちの時間も多かったんですけど、(課題は)そこからですね。
(今年はどういったシーズンでしたか)厳しいシーズンでしたけど、その中でも成長できたと思います』



■小西雄大選手
『(ボールを支配したが、決定機はなかなか作れなかったが?)個人的に感じたのは、自分の能力をもっと高めていけば、今日も何かできたんじゃないかなと思います。一人ひとりが違いを出していかないとなかなかゴールを奪えないかなと最近は感じています。
(今シーズンを振り返って)去年は目の前でプレーオフがかかっている試合でプレーオフへ行けなくて、今回は相手が優勝のかかっている試合で、優勝を決まった瞬間を見ました。やっぱり何かが足りないから最後に自分たちが逆の立場になれていないということを思っています。個人的には、1.5 列目でボールを受けた時に違いを出すプレーを高めないとチームの力も上がらないですし、個人としても上には行けないと思います。そこは今年1年戦ってみてもっともっと追求しなくてはいけないと思いました』



~ハーフタイムコメント~
・球際に激しく、奪ったボールを大事にしよう
・セカンドボールへの集中力を切らさないこと


~試合前日コメント~
■ピーターウタカ選手
『前節のホームでの最終戦は、1試合を通して自分たちのやりたいサッカーが出来たと思います。チームとして、一人ひとりの距離感が良くて自分たちが出来る質をサポーターの皆さんに見せることが出来たと思います。多くのサポーターの皆さんにもスタジアムに来ていただいた中、一つだけ足りなかったのは得点を奪うということでした。そこは改善していかないといけませんが、1試合を通してポジティブな試合でした。 今週1週間は、しっかり準備が出来ましたし前節の良い部分をしっかり次にもつなげていきたいと思っています。松本は良いチームだと感じていますし、トップを走ってきているのには理由があります。そういったチームと最後に戦えることをポジティブに捉えて、しっかり準備してきたことと、前節の良かった部分をそのまま出せたらいいなと思っています。 明日も応援よろしくお願いします!』

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP