2022-12-18 13:33

ユース2022 Jユースリーグ

12月18日(日)
Jユースリーグ vs カマタマーレ讃岐
4-2(2-1/2-1)

前半、立ち上がりからボールを握り主導権を握ろうとしますが、奪った後のボールロストが多く、うまく自分たちの流れに持っていけません。
それでも相手の一瞬の隙をつき、サイドのオーバーラップから先制点が生まれます。
相手のミスもあり、ボールを奪うシーンは多かったが、なかなかボールを安定して繋ぐことができないゲーム展開。
一進一退の攻防が続く中、積極的にボールを奪いにいく姿勢は90分通してでき、いい形でボールを奪った流れそのままに得点を重ねます。
ボールを握って主導権を握ることはできませんでしたが、いい守備が光ったゲームでもありました。



本日を持って、2022シーズン、ユースの活動は終了となります。
1年間アツいご声援を送っていただき、またブログに足を運んでいただきありがとうございました。
2023シーズンもよろしくお願いいたします。

2022-12-03 17:53

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。

12月3日(土)第18節 vs 四国学院大学香川西高校
プリンスリーグ最終戦
立ち上がりにセットプレーで失点しましたが、そのダメージを最小限に抑え、その後は攻守に安定したパフォーマンスで得点を重ね最終的に5-1で勝利。
3年生にとって今シーズン最後の公式戦を勝利で締めくくることができました。

今節を持ってプリンスリーグ全日程が終了しました。
第3位 勝ち点32 10勝2分6敗 得点42 失点24 得失点差18 という結果に終わりました。
1シーズンを通して最後までアツいご声援ありがとうございました。

2022-11-26 17:50

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。

11月19日(土)第16節 vs 高知高校 

立ち上がりからボールを保持し、主導権を握る展開で優位にゲームを進めます。
前半9分、いい流れそのままに先制に成功。
その後は相手のプレスに対してうまくボールを動かせない時間もありましたが、後半17分、ロスタイムに追加点を奪い3-0で快勝。

続けて、11月26日(土)第17節 vs 新田高校
前半立ち上がりからボールを動かして優位にゲームを進め、前半6分に先制に成功。
その後はチャンスを多く作るも得点できず、前半終了間際に相手のカウンターを受けますが、このピンチを凌ぎ前半終了。
後半は相手のリズムも落ちる中、得点を重ねて7-0で勝利。

次節はプリンスリーグ最終節、12月3日(土)第18節 vs 四国学院大学香川西高校
最後までアツいご声援お願いいたします。

2022-11-15 18:39

ユース11/10(木)第2回プレ・プロフェッショナル研修 実施

 11月10日(木)、ユースに所属する高校1年生の選手、10名を対象に第2回プレ・プロフェッショナル研修をおこないました。
 プレ・プロフェッショナル研修とは、Jリーグ(キャリア・デザイン・プログラム)が提供する研修で、選手が自分自身のサッカーキャリア形成に対してオーナーシップを持ち、プロを目指すための動機づけ(覚悟)を固める研修プログラムです。対象はU-16(高校1年生)で、全5回の研修となります。



 今回は「プロサッカー選手に期待されることは?」というテーマで研修をおこないました。プロサッカー選手に期待されていることを選手が各自で考え、その後グループ内で発表、全体発表で考えを共有します。それを通じて、クラブの回りのステークホルダーの方の理解や「プロサッカー選手としての価値」を再認識しました。


 
 概要を理解したのちに「プロサッカー選手はだれに、どのような価値を提供するのか、そのためにどのようなことをするのか」について「ホームゲーム」「サッカースクール」「ファン交流イベント」「SNS」など具体的な場面を想定して考えました。選手たちは想像力を膨らましながら積極的に考える姿が印象的でした。



 
 その後、ゲストスピーチとして広報担当が「プロサッカー選手とメディア」と題し、広報担当者が選手に期待することの講演をおこないました。

研修を終えて、林 壮選手は「プロサッカー選手の価値を学ぶことができました。プロサッカー選手になったら、自分も活躍してファン・サポーターに応援してもらえるような選手になりたいと思います」と振り返りました。




プレ・プロフェッショナル研修は残り3回となります。選手たちが学び、プロを目指す覚悟を持てるように、引き続きおこなっていきます。

2022-11-04 14:47

ユース2022 Jユースリーグ

11/3(木・祝)
Jユースリーグ vs FC今治
0-4(0-1/0-3)

前半、前線からのハイプレスがはまり相手コートでボールを奪うことができました。
またビルドアップで相手のプレッシングを剥がし、自分たちのペースでゲームを運び主導権を握れました。
ただ、それに対し今治もスピードに乗ったカウンターでゴールに迫り危ないシーンを作られます。
前半終了間際、DFラインの背後に走られ、PKを献上、前半を0−1で折り返します。
後半も、前半同様プレスにでますが、ミスとオウンゴールから3失点。
しかし、要所要所でプレスや切替でボールを奪い、また攻撃時はボールを動かしながらアグレッシブにゴールに迫るシーンが作れたのは収穫です。
結果にさらにこだわり、いい内容を勝利に結びつけられるようにしたいです。

2022-10-29 21:21

ユース2022 Jユースリーグ

10/23(日)
Jユースリーグ vs 愛媛FC
1-3(0-2/1-1)

アウェーでの四国ダービー。
相手の強度の高いプレッシングに前半苦しみ、なかなか主導権を握れない展開となりました。
自陣に押し込まれ、押し返せない時間帯が前半は続きましたが、後半はうまくスペースを見つけ相手コートでプレーしチャンスも作りました。
後半に1点を返すも、攻勢及ばず悔しい敗戦となりました。
インテンシティの高い試合ででた課題、良かった点を次に繋げたいと思います!


10/29(土)
Jユースリーグ vs ファジアーノ岡山
1-4(0-2/1-2)

立ち上がりの入りが悪く早い時間帯に失点。
苦しい時間帯が続きましたが、後半開始から自分たちの時間を作ることができ、チャンスを作るがフィニッシュで決めきれません。
終了間際に一矢報いるも、決めきれず、失点を重ねてしまったのが今後の課題です。

2022-10-16 16:33

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。

10月15日(土)第15節 vs徳島市立 戦 がおこなわれました。


2位につける徳島市立高校に対し、前半立ち上がりサイドの崩しから鶴田がゴール前へのクロスに合わせ先制に成功。
先制点をとったことで、立ち上がりに先に主導権を握りたいところだったが、直後のFKからのこぼれ球を相手に拾われファーサイドで合わされて同点に追いつかれる。
ゲームは後半立ち上がり、サイドの崩しから勝ち越され、追いかける展開に。
相手コートでボールを動かしながら得点の機会を窺うが、中央からの攻撃は相手の固い守備に跳ね返される。
最後まで攻め続けたが、ゴールを割れず1-2で試合終了。






次節、11月19日 vs 高知高校
引き続き熱いご声援お願い致します。

2022-10-08 19:23

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。
今年度、ユースはプリンスリーグ優勝&プレミアリーグ参入を目標に掲げています。

10月8日(土)第14節 vs大手前高松 戦 がおこなわれました。
ロングボール主体の相手に対し、前半40分、ミドルシュートを決められ先制点を許し、前半を折り返す。
後半はボールを相手コートで保持する時間が多くなり、サイドを起点に攻撃を仕掛ける。
そして、後半32分佐藤のクロスからの落としを尾上がリーグ戦初ゴールを決めて同点に。
その後も何度も相手ゴールを脅かすが、相手の粘り強い守備の前に追加点を奪えず試合終了。



次節、10月15日 vs 徳島市立高校
引き続き熱いご声援お願い致します。

2022-09-25 20:59

ユース2022 Jユースリーグ

9/25(日)
Jユースリーグ vs FC今治
2-3(1-2/1-1)

アウェーでの四国勢との対戦となりました
いいポジションをとって優位にゲームを進めること、相手の背後を積極的に狙い主導権を握る
前半11分セットプレーから先制
相手も攻撃的にプレーし主導権を握ろうとするが、しっかり勝ち切り2-3で勝利!!

2022-09-24 15:35

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。
今年度、ユースはプリンスリーグ優勝&プレミアリーグ参入を目標に掲げています。

9月23日(金・祝)第13節 vs愛媛FCU-18 戦 がおこなわれました。
前期は0-3敗戦、全日本クラブユース選手権 四国予選では1-0と勝利を収め、1勝1敗で迎えた後期での対戦。
立ち上がりから強度の高いゲームでお互いにチャンスを作りながらも得点を許さない一進一退のゲーム展開。
序盤相手のスピードに押し込まれたが、徐々に慣れて主導権を握る時間を作る。
しかし、後半給水タイム前に愛媛FCがFKからのこぼれ球を押し込み均衡を破る。
徳島も攻勢をかけ同点ゴールを狙おうと最後まで諦めず戦い続けたが、終盤に失点して0-2。
負けはしたが、それ以上に収穫の多い試合でもあった。



次節、10月8日 vs 大手前高松
悔しい敗戦となりましたが、次節勝利できるよう日々成長していければと思います。
引き続き熱いご声援お願い致します。