2021-12-21 10:35

ジュニアユース高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会

12月11日~27日にかけて行われる高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会に出場しました。

12月11日(土)
vs北海道コンサドーレ室蘭
3-0〇
初戦となるこの試合では、緊張感からお互いに探り合う時間が続きましたが、前半に相手のミスを逃さずに先制。
後半は、主導権を握り追加点、3点目を決め試合終了。翌日の2回戦へと駒を進めます。


12月12日(日)
vs奈良YMCA
1-1
PK:4-1〇
素晴らしい試合の入りをし、前半はボールを握りながらゴールへ向かい先制するも、徐々に相手の勢いや推進力に押され押し込まれる展開に。失点はしてしまったもののゴール前で体を張って守る姿勢や走り切る姿勢に成長を感じる一戦でした。
PK戦は、先行で行い、相手の1本目をセーブしその後は外すことなく決め続け試合終了。
準々決勝へ駒を進めます。

12月19日(日)
vs FC Lavida
0-5 ●

関東1部リーグを全勝優勝し関東第1代表として大会に臨む相手に力の差を感じる1戦となりました。
相手チームのゴールへ向かう姿勢とそのための技術の高さに力負けしました。しかし、自分たちよりも上手くて速くて身体も強い相手に堂々とプレーし何度か相手を剥がすシーンも作りまた、スタメン・サブ・メンバー外関係なく今できることを主体的に考え最後までできることをしてくれました。
この結果により、3年生たちは中学生サッカーを引退しそれぞれの道へ進みます。
結果だけを受け止めるのではなくここからどのように成長していくかを考え自分たちの目標や夢に向かっていってほしいと思います。


コロナ禍の状況下においてもこうして大会を運営してくださる皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
また、当日は遠方より応援に駆けつけていただきありがとうございました。
選手たちの一番の励みとなりました。

また、変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

また、徳島ヴォルティスジュニアでは、2022年4月に3年生となる現小学2年生を対象に、新U-9セレクションを実施致します。

詳細は徳島ヴォルティス ホームページ(https://www.vortis.jp)にて掲載しておりますので、ご確認下さい。

申し込み締め切りまでは、まだまだ時間があります(2022年1月31日必着)。

多くの選手たちのご応募お待ちしております!

2021-11-20 21:03

ジュニアユース高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会 四国予選 決勝

11月20日(土)高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会 四国予選の決勝が土佐西南大規模公園にて行われました。

vs FCゼブラ(愛媛)
1-0(0-0/1-0) 〇

前半からボールを握りながらも、なかなか崩しきれず、反対に不用意なミスからボールを失いFCゼブラさんの素早いカウンターに決定機を作られるシーンもありましたがこちらも粘り強く守りスコアレスで前半終了。
後半も似たような展開ではありましたが、徐々にゴールへ迫るシーンが増えてきた中で獲得したCKから得点を奪い、最後まで粘り強い守備をみせ試合終了。
この結果により、四国第1代表として12月11日(土)より行われます本選へ挑みます。
結果は、勝利したものの細かなズレや技術ミスなどがありまだまだ伸びしろを感じさせる試合となりました。本選や選手の今後の目標に向け改めてトレーニングを積んでいきたいと思います。


また、声に出して応援することはまだできない状況の中でも温かいご声援をありがとうございました。
コロナ禍の状況下においてもこうしてサッカーができる喜びを感じ大会運営に関わる全ての皆様に感謝しプレーしていってほしいと思います。
重ねてにはなりますが、保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。

2021-11-09 10:49

ジュニアユース高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会 四国予選

11月6日、7日に高円宮杯JFA第33回全日本U15サッカー選手権大会 四国予選が行われました。

6日は、FCリベント戦を行いました。
結果は3-2で勝ちました。
緊張感からか動きが重く、先制点を許す展開でしたが、徐々にペースを掴み逆転に成功。しかし、相手チームの勢いを受けてしまい、ミドルシュートを決められてしまい同点に追いつかれる。その中でも、交代で入った選手が決勝点を決め試合終了。
なかなか、チームの中でプレーの意図が合わずにズレてしまうシーンも多くありましたが、選手が互いに意見を言い合いズレを修正しようという姿が見られたことは成長したことだと思っています。

7日は、FCディアモ戦が行われました。
結果は2-0で勝ちました。
連日のゲームで、動きが重くこの日もボールは握るものの決定機を作れず、前半をスコアレスで終えました。
徐々に決定機の回数を増やしていき2得点奪い試合終了。

この結果、12月に行われます本戦への出場が決まりました。


2日間の中で出来ること、出来ないことが個人・チームとして見えました。またこれを成長に繋げていきたいと思います。

今大会も、多くの方々の支えで行えています。この情勢の中でもサッカーができること、大会が行えることに感謝申し上げます。
また、保護者の皆さま応援してくださる皆さまも日頃より暖かい声援ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

次戦は、20日に決勝戦vs FCゼブラが土佐西南大規模公園で11:00より行われます。
ご声援のほどよろしくお願いいたします。

2021-10-21 14:55

ジュニアユース2021 Jリーグ U14サザンクロスリーグ

8/7
vsサンフレッチェ広島 1-7●
前半を1対1で折り返すものの、最終的には個人個人でのゴールへ向かう姿勢やゴールを守ることへのサッカーの本質の捉え方において大きく差を感じました。しかし、その中でも要所で個人のストロングを魅せくれるポジティブなシーンも多く見られました。
9/25
vsサンフレッチェくにびき 0-0△
徳島アラート発令により対外試合を行えていなかった中で、久しぶりの試合ということで選手が試合を行えることへの喜びを感じながら生き生きとプレーする姿が見られました。優位に試合を進めるも、決定力に欠きドローで終えました。
10/9
vsサンフレッチェびんご 0-1●
セットされた守備に対して、なかなかリズムを作れず進めないことが多く試合終了間際にカウンターから失点し試合終了。
10/17
vs愛媛FC 5-1〇
強度高く、守備も攻撃もしてくる愛媛FCさんに対し試合開始では些細なミスからショートカウンターを食らうシーンが多く見られ、改めての技術の重要性を痛感した試合となりました。

夏休み中から現在にかけまして、4試合が行われました。
こういった情勢の中でも多くの皆さまに支えていただいてることを理解し選手・スタッフともども成長していきたいと思っています。
また、今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

2021-09-03 15:39

ジュニアユース第36回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

8月15日~24日にかけて第36回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会が北海道にて行われました。

[結果]
グループステージ
①vs ブリオベッカ浦安
 2-1(1-0/1-1)〇
②vs FC多摩
 0-1(0-0/0-1)●
③vs ベガルタ仙台
 1-1(0-0/1-1)△
1勝1分1敗の3位ではありますが、ノックアウトステージ進出
ノックアウトステージ ベスト32
 vs 横浜FC
 0-3(0-1/0-2)●
この結果により、ベスト32で大会を終了しました。

今大会を通して、技術や個人戦術・チーム戦術、フィジカル面での差を痛感しました。
しかし、今大会で選手それぞれの目標や夢が終わるわけではなくこの経験を活かして叶えてほしいと思っています。

コロナ禍の中でこうした全国大会を最大限の対策を講じて開催していただき大会関係者の皆様方ありがとうございました。
そのおかげもあり、選手・スタッフともども素晴らしい経験をすることができました。
また、無観客での開催のため現地での声援が難しい中、画面を通しての非常に暖かいご声援ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2021-08-05 21:09

ジュニアユースU-14対象「Jリーグ版よのなか科」

ジュニアユースU-14を対象とした「Jリーグ版よのなか科」が7月からスタートしました。
このプログラムはプロの競技者を目指すにあたり、キャリアについての考え方や心構え、社会人として適切な就労観や職業観の醸成を目的に実施するもので、将来、地域で活躍、貢献できる人材の育成を目指しています。
全5回あるうちの、今回は第1回「Jクラブをとりまく‘お金‘から仕組みを考える」と第2回「Jリーグのめざすものを考える」を実施しました。
  
第1回では、Jリーグの試合の収支やクラブの収支などを知り、どれくらいのお金がかかっているのかを知ったり、自分が社長になったつもりで、どういう作戦を考えれば、更にクラブは良くなるのかなどを考えてもらい、発表したりしました。
実際に、岸田社長にも来て頂き、たくさんの興味深いお話も聞かせて頂きました。
   
第2回では、少し難しく、個人で考えることや、自分とは違う意見を聞いたり、言い合ったりとディスカッション形式で行いました。発表も行い、自分達の考えをしっかり伝えることもしました。
今回、学んだこと、考えたことが、少しでも選手の将来に繋がれば良いと思います。
 

2021-07-22 19:49

ジュニアユース2021 Jリーグ U14サザンクロスリーグ

本日7/22(木)に、2021 Jリーグ U14サザンクロスリーグのファジアーノ岡山戦が、上桜スポーツグラウンドにて行われました。

結果は、4-1(3-0/1-1)で勝利しました。
非常に暑い中でのゲームとなりました。
その中でも、常にゴールを目指しながらボールを保持すること背後をとることが意識できていました。
しかし、終盤での集中力の乱れから隙を突かれ失点するなど要所要所でのミスを改善して成長していきたいと思います。

コロナ禍の状況下においてもこうしてサッカーができる喜びを感じ大会運営に関わる全ての皆様に感謝しプレーしていってほしいと思います。
保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。

2021-07-20 21:41

ジュニアユース第36回日本クラブユースサッカー選手権 四国大会 準決勝

7/17(土)に、第36回日本クラブユースサッカー選手権 四国大会 準決勝 カマタマーレ讃岐戦が、RE;SPO宇田津にて行われました。

結果は、5-0(1-0/4-0)で勝利しました。
試合の入りでは、勝てば全国大会が決まる試合ということもあり、堅さが目立ち上手くいかない時間が続きました。しかし、その中でも前半の飲水タイムの前に得点を奪いその後は終始ボールを握りつつもゴールへ向かい続け自分たちの時間を作ることができました。守備の面でも、徹底してチャレンジ&カバー、声を出し集中し続け安定したプレーを見せてくれました。
全国大会出場は無事決めましたが、現状に満足することなくそれぞれの夢や目標に取り組んでいってほしいと思います。

来週7/24(土)には、決勝 愛媛FC戦が行われます。

コロナ禍の状況下においてもこうしてサッカーができる喜びを感じ大会運営に関わる全ての皆様に感謝しプレーしていってほしいと思います。
保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。

2021-07-15 12:45

ジュニアユース2021 Jリーグ U14サザンクロスリーグ

先日7/10(土)に、2021 Jリーグ U14サザンクロスリーグのサンフレッチェびんご戦が、上桜スポーツグラウンドにて行われました。

結果は、5-3(3-1/2-2)で勝利しました。
非常に暑い中でのゲームとなりました。
5得点奪えたものの、ミスや集中力が切れた瞬間での失点など改善点が多く残るゲームとなりました。

コロナ禍の状況下においてもこうしてサッカーができる喜びを感じ大会運営に関わる全ての皆様に感謝しプレーしていってほしいと思います。
保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。

2021-07-15 12:33

ジュニアユース第36回日本クラブユースサッカー選手権 四国大会 ラウンド8

7/11(日)に、第36回日本クラブユースサッカー選手権 四国大会 ラウンド16 FCディアモ(香川)戦が、RE;SPO宇田津にて行われました。

結果は、3-0(2-0/1-0)で勝利しました。
ボールは保持できていたものの、決定機を逃したりディアモさんの粘り強い守備を崩しきれずにいましたが、30分にミドルシュートから得点を奪い前半のうちに追加点。後半はコーナーキックから追加点を奪い試合終了。

来週7/17(土)には、準決勝カマタマーレ讃岐戦が行われます。

コロナ禍の状況下においてもこうしてサッカーができる喜びを感じ大会運営に関わる全ての皆様に感謝しプレーしていってほしいと思います。
保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。