第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 四国大会vs愛媛FC U-18

2015-06-20 22:00

本日ユースは、第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 四国大会vs愛媛FC U-18が行われました。

結果は2−2の引き分けとなりましたがカマタマーレ讃岐U-18戦での得失点差が上回った為全国大会出場を決めることが出来ました。

 

 

 

ミーティングではトレーニングで取り組んできたことに自信を持って普段通り”平常心”でプレーすること、チャレンジする気持ちで戦うことを確認し強い気持ちで臨みました。

 

 

 

愛媛FCは絶対に勝たないといけないという状況の中開始から強いプレッシャーを掛けてきてそれを受けてしまいました。

開始20分で、サイドからの攻撃を受け2失点と非常に苦しい展開となります。

逆にこちらが2点を奪わないといけない状況となりました。

徐々にペースを握り決定的なチャンスも作りますが決めきれず前半は0−2で折り返します。

 

ハーフタイムでも全員が難しい状況であることは認識したうえで「絶対に取り返してやる!」という意志が感じられました。

後半は、開始から主導権を握りほとんどの時間帯でペースを握ることが出来ました。

決定的なチャンスを作りますが得点には至りませんでしたが20分に1点を返し、30分に2点目を返し2−2の同点となります。

これで相手は攻撃をしなければいけない状況になったので押し込まれ最後の20分は本当に苦しい時間帯でしたが全員が集中して凌ぎ引き分けに持ち込むことが出来ました。

 

 

本当に逞しくなりました。

引き分け以上で決まるプレッシャーがある中、苦しい展開を乗り越えて掴んだ全国切符は彼らにとって本当に大きいと思います。

 

 

しかしこのままでは、全国で通用する実力ははっきり言ってありません。

あと一か月しっかりとトレーニングを積んで四国の代表として大暴れしてきましょう!

 

 

ご声援、ご協力いただきました皆さん本当にありがとうございました。

 

ユースコーチ 下家

 


2015 JリーグU-14サザンクロスA(vsファジアーノ岡山U-15)

2015-06-20 20:00

本日(6/20)徳島スポーツビレッジにて、2015 JリーグU-14サザンクロスAのファジアーノ岡山U-15戦が行われました。

 

 

 

前半は立ち上がりから主導権争いになり、どちらのペースでもない状態で進み、1-1で折り返します。

 

後半は主導権を握る時間帯もありましたが得点が奪えず、逆にカウンターから1点を決められ、結果、

 

1-2(1-1/0-1)

で敗戦となりました。

 

この敗戦を次の試合・プレーに活かせるよう、またトレーニングを積んでいきます。

 

応援頂いた保護者の皆さん、また、試合関係者の皆さん、誠にありがとうございました。

 

引き続き、ご声援よろしくお願い致します。

 

 

ジュニアユースコーチ

行友