2022-12-20 13:55

ジュニアユース高円宮杯 JFA 第34回全日本U-15サッカー選手権大会

12月10日(土)より高円宮杯 JFA 第34回全日本U-15サッカー選手権大会が開催されました。
四国第2代表として出場し、サガン鳥栖U-15唐津との初戦をJ-GREEN堺にて迎えました。

結果は、5-2(1-2/4-0)で勝利しました。
全国大会の初戦ということでどこか堅さもあり先制点を奪われてしまいます。
しかし、選手同士で話し合い、冷静さを取り戻します。その後は、ビハインドで前半を折り返すものの、後半には交代で入った選手たちの活躍と夏にケガをしたキャプテンの半年ぶりの復帰もあり、逆転勝ちで初戦を突破しました。

翌日の12月11日(日)には、2回戦の北海道コンサドーレ旭川U-15戦をおこないました。

結果は、4-1(1-1/3-0)で勝利しました。
CKから試合開始早々に失点するも、堅さはなく自分たちの良さを存分に発揮して、この試合も逆転勝ちで終えました。
この試合には、ベニャート ラバイン新監督も現地観戦に訪れ、試合後には選手・スタッフに向けてメッセージを送っていただきました。

2年連続の準々決勝進出となり、翌週の12月18日(日)に前橋総合運動公園にて柏レイソルU-15戦がおこなわれました。

結果は1-1(0-1/1-0)PK1-4で敗戦。
ベスト8でこの大会を終えました。
選手それぞれが、良さを発揮しようと生き生きとプレーしていたことが非常に印象的で、楽しんでプレーしている様子が見れました。
結果は受け止めなければいけませんが、ここで終わるわけではありません。
今年の3年生はコロナ禍で多くのことを制限されてしまった学年でしたが、切磋琢磨し選手同士でよく話して成長してきました。
ユースに昇格する選手と高校サッカーに行く選手に分かれます。
それぞれの道で経験をしっかりと糧にできるよう取り組んでほしいと思います。

保護者の皆さまをはじめ、日頃より徳島ヴォルティスを応援していただいている多くの皆さまに感謝申し上げます。
皆様の応援が選手たちの励みとなりました。
またTOPチームの選手と合わせてアカデミーの選手も応援していただけると、選手の励みとなります。

 


現在、2023年度の徳島ヴォルティスジュニア(U-9)のセレクションの応募申し込みがおこなわれています。
詳細は以下のURLをクリックしご確認ください。
https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=3819

2022-12-20 11:36

ジュニアユースJリーグ U14 サザンクロスA

サザンクロスA vs FC今治が四国大学しらさぎ球技場でおこなわれました。
結果は1-3(0-2)。



今シーズンの締めくくりとなる試合。
相手に主導権を握られることが多く、自分たちのプレーをさせてもらえない時間帯がつづきます。
GKのセーブもありましたが、前半の内に0-2とされてしまいます。

後半にも追加点を取られますが、1点を返し反撃します。
しかし、最後まで追加点は奪えず試合終了。

技術、判断、メンタル面も含めて、身につけなければいけないものが多いと感じた試合となりました。
来年度は最高学年となる選手たち。
この1年間で成長したものを振り返り、来年はさらなる成長をしていきたいと思います。

保護者、ご家族、関係者の皆様、今シーズンは誠にありがとうございました。
いつも多大な声援に感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。
 


現在、2023年度の徳島ヴォルティスジュニア(U-9)のセレクションの応募申し込みがおこなわれています。
詳細は以下のURLをクリックしご確認ください。
https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=3819

2022-12-18 13:33

ユース2022 Jユースリーグ

12月18日(日)
Jユースリーグ vs カマタマーレ讃岐
4-2(2-1/2-1)

前半、立ち上がりからボールを握り主導権を握ろうとしますが、奪った後のボールロストが多く、うまく自分たちの流れに持っていけません。
それでも相手の一瞬の隙をつき、サイドのオーバーラップから先制点が生まれます。
相手のミスもあり、ボールを奪うシーンは多かったが、なかなかボールを安定して繋ぐことができないゲーム展開。
一進一退の攻防が続く中、積極的にボールを奪いにいく姿勢は90分通してでき、いい形でボールを奪った流れそのままに得点を重ねます。
ボールを握って主導権を握ることはできませんでしたが、いい守備が光ったゲームでもありました。



本日を持って、2022シーズン、ユースの活動は終了となります。
1年間アツいご声援を送っていただき、またブログに足を運んでいただきありがとうございました。
2023シーズンもよろしくお願いいたします。

2022-12-13 14:12

ジュニアマルハチカップ 第12回 徳島県U-11 サッカー大会

12月11日(日)
マルハチカップ 第12回 徳島県 U-11 サッカー大会 
決勝戦 
徳島ヴォルティス 3-1 松茂スポーツ少年団リベルテSC
得点:美馬、大本、宮崎



12月11日(日)にマルハチカップ 徳島県U-11サッカー大会決勝戦がおこなわれました。

試合序盤、引いてくる相手に対して苦戦する場面もありましたが、セットプレーから得点すると徐々にリズムを掴み、後半1点返されるも落ち着いてゲームを進め3-1で勝利し、見事優勝することができました。
選手達は普段練習で取り組んでいることをピッチで一生懸命表現してくれたと思います。

この結果により2023年4月におこなわれるJA全農杯 全国小学生選抜サッカー大会四国大会に徳島県代表として出場することが決まりました。




ここからさらにレベルアップし、徳島県代表として誇れるプレーをしていきたいと思います。
 


徳島ヴォルティスジュニアでは、2023年4月に3年生となる現小学2年生を対象に、新U-9セレクションを実施致します。

詳細は徳島ヴォルティス 公式ホームページに掲載しておりますので、ご確認ください。

多くの選手たちのご応募お待ちしております!

2022-12-11 15:49

ジュニアユース四国U-13リーグ サザンクロス2022 vsSCソレアーダ高知



12月11日(日) 四国U-13リーグ サザンクロス2022 SCソレアーダ高知戦がおこなわれました。
結果は6-2(3-1)。

リーグ最終節。
試合の入りから集中してのぞんだ試合。
開始1分で先制に成功します。

しかし、相手に一瞬の隙をつかれ失点。
全員で声を掛け合い、勝利へと向かいます。

大石の得点で引き離すことに成功すると、前半を3-1で終えます。

後半も勢いを弱めることなく、追加点を重ねて6-2で試合終了。
最終節を無事勝利で終えることができました。

年間を通してのリーグ戦を経験することで、選手たちのプレーや精神的な成長をみることができました。
U13でのリーグ戦は終了しましたが、次の学年に向けてのスタートにもなります。
今一度気を引き締めてトレーニングに励んでいきます。

コロナ禍においてもこうして大会を運営してくださる皆様、対戦していただいた相手に感謝申し上げます。
ありがとうございます。
また応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございます。
選手たちの励みになりました。
また変わらぬご声援よろしくお願いいたします。
 


現在、2023年度の徳島ヴォルティスジュニア(U-9)のセレクションの応募申し込みが行われています。
詳細は以下のURLをクリックしご確認ください。
https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=3819

2022-12-06 20:59

ジュニアJFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会 徳島県大会 決勝

11月26日(土)
JFA第46回全日本U-12サッカー選手権大会 徳島県大会
決勝戦
徳島ヴォルティスジュニア 4-1 CSPサッカーアカデミー
得点:山水 新大×2、屋敷 駿太、宇山 彰



11月26日(土)に全日本U-12サッカー選手権大会 徳島県大会の決勝戦がおこなわれ、優勝することが出来ました。
この結果により、12月26日(月)から鹿児島県で行われる全国大会に、徳島県代表として出場することが決定しました!

全国大会では、徳島県の代表として精一杯プレーしたいと思います!



また、先日全国大会の組み合わせが発表され、徳島ヴォルティスジュニアは、サガン鳥栖U-12(佐賀県代表)、松本山雅FC U-12(長野県代表)、名古屋グランパスU-12(愛知県代表)と同じグループCに入りました。

【予選リーグ】
12月26日(月)
第1節
9:30キックオフ vs サガン鳥栖U-12(佐賀県代表)
@鹿児島ふれあいスポーツランド ピッチ6
第2節
13:15キックオフ vs 松本山雅FC U-12(長野県代表)
@鹿児島ふれあいスポーツランド ピッチ4

12月27日(火)
第3節
9:30キックオフ vs 名古屋グランパスU-12(愛知県代表)
@鹿児島ふれあいスポーツランド ピッチ7


大会の詳細は、日本サッカー協会 公式ホームページからご確認いただけます。

また、大会の様子は、JFA TVにてライブ配信される予定になっていますので、是非ご覧いただき、ヴォルティスジュニアへの後押しをお願いします!
TV放送/JFA TVでの配信について


6年生にとっては、ヴォルティスジュニアで過ごした4年間の集大成ともなる大会です。

是非、徳島ヴォルティスジュニアへのアツい応援をお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
徳島ヴォルティスジュニアでは、2023年4月に3年生となる現小学2年生を対象に、新U-9セレクションを実施致します。

詳細は徳島ヴォルティス 公式ホームページにて掲載しておりますので、ご確認ください。

多くの選手たちのご応募お待ちしております!

2022-12-04 16:24

ジュニアユース四国U-13リーグ サザンクロス2022 vsリべリモFC



12月3日(土) 四国U-13リーグ サザンクロス2022 リべリモFC戦が行われました。
結果は2-2(0-1)。

リーグ戦も終盤に入ってきて迎えた試合。
思ったように体が動かず、試合の入りが悪く序盤に失点。
リーグ戦序盤で課題だったことが、今節でも出てしまいました。

徐々に盛り返し、最終結果は2-2。
成長した成果を見せたかったが、思うようにはいきませんでした。
次は最終節となるため、U13で積み上げてきたものを発揮できる場にしたいと思います。

次節は12月11日(土)SCソレアーダ高知戦になります。

コロナ禍においてもこうして大会を運営してくださる皆様、対戦していただいた相手に感謝申し上げます。
ありがとうございます。
また応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございます。
選手たちの励みになりました。
また変わらぬご声援よろしくお願いいたします。
 


現在、2023年度の徳島ヴォルティスジュニア(U-9)のセレクションの応募申し込みが行われています。
詳細は以下のURLをクリックしご確認ください。
https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=3819

2022-12-04 07:25

ジュニアユースJリーグ U14 サザンクロスA

サザンクロスA vsサンフレッチェくにびきがあわぎんスポーツガーデンにておこなわれました。
結果は、2-1(2-0/0-1)で勝利を収めました。


1年生が多く出場する中でしたが、アグレッシブに相手コートでボールを奪い試合開始早々にプレッシングから2得点を奪います。
しかし、その後はラストパスや最終局面での精度が低くゴールまでは繋がりません。
それでも、ゴールを目指し、相手を見ながらボールを握ろうとする場面が増えてきました。
まだまだミスも多く、後半では自陣でのミスから試合終了間際に1点を返されるもそのまま試合終了。

技術・戦術・フィジカル・メンタルすべての要素が成長するように、トレーニングや普段の生活から振り返り生かしていきたいと思います。

保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。
 


現在、2023年度の徳島ヴォルティスジュニア(U-9)のセレクションの応募申し込みが行われています。
詳細は以下のURLをクリックしご確認ください。
https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=3819

2022-12-03 17:53

ユース高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国

高円宮杯JFA U-18プリンスリーグ 2022四国の優勝チームには「高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ2022プレーオフ」に出場する権利が与えられます。

12月3日(土)第18節 vs 四国学院大学香川西高校
プリンスリーグ最終戦
立ち上がりにセットプレーで失点しましたが、そのダメージを最小限に抑え、その後は攻守に安定したパフォーマンスで得点を重ね最終的に5-1で勝利。
3年生にとって今シーズン最後の公式戦を勝利で締めくくることができました。

今節を持ってプリンスリーグ全日程が終了しました。
第3位 勝ち点32 10勝2分6敗 得点42 失点24 得失点差18 という結果に終わりました。
1シーズンを通して最後までアツいご声援ありがとうございました。

2022-11-29 14:47

ジュニアユースJリーグ U14 サザンクロスA

サザンクロスA vsFC今治戦が今治スポーツパークでおこなわれました
結果は1-2(0-1)で敗戦となりました。



試合序盤から、守備の対応に追われる時間が多く必死に守る選手たち。
体を張った守備を見せるも先制点を奪われます。

後半から立て直しを図り、徐々にボールを握る時間が増えます。
主導権を握り返す中で山添のシュートで同点に。
その後もチャンスを作り出していくが、失点してしまい試合終了。

敗戦したことをしっかり振り返り、次節に向けトレーニングをおこなっていきたいと思います。

保護者、ご家族、関係者の皆様、いつも多大なご声援ありがとうございます。
また、今後ともよろしくお願いいたします。