Fan zoneファンゾーン

Vol.23 島田 裕介

趣味は子育て

「趣味は子育てです!」
とびきりの笑顔で応える10番、島田裕介選手(28)。

「休みの日は、公園とか子供と遊べるところしか行かなくなりましたね(笑)
とにかく、子供中心に過ごしています!
でも、逆にこっちが癒やされてるんですよね。オンオフが切り替えられるというか・・・。そういう意味でも、徳島は自然もいっぱいあって、子供が育つ環境にはもってこいかなと思います」

今年、徳島ヴォルティスに完全移籍してきた島田選手、この土地をとても気に入っているようだ。

大宮アルデージャ、ザスパ草津、サガン鳥栖など、いろいろなチームで経験を積んできた彼の、初の完全移籍。
「J1のチームで、試合に出たり、出られなかったりするよりは、必要とされているチームで中心となって頑張れる方がいいのかなと思いますね。
昔は、たとえ試合に出られなくてもいいから、J1に行きたいと思っていました。
でも今は、必要とされている所でしっかりと頑張る方が、選手としてやりがいがあるのかなという風に感じてきました」
さまざまなチームを経験してきた彼の言葉には、重みが感じられた。

島田 裕介

島田 裕介

徳島の印象はいかがですか?

「徳島に来るにあたって、僕自身も、実は、すごく期待が大きかったんですよね。
ここ数年で、いろんな所で住むのが楽しくもなってきたところなんですが、四国のチームも魅力があって・・・。期待通り、腰を据えてサッカーに集中するにはもってこいの環境です」

「去年秋に移籍の話をいただいたときに、クラブハウスや施設も含め、一度見学に来たんですよね。ヴォルティスの環境は本当に恵まれていて、逆にこんなにサッカーに集中できる環境に身をおきたいと思ったくらいでした」

いきいきと話す島田選手。やる気と同時に、本当にサッカーが好きなのだということが感じとれる。

「それと、徳島はとにかく魚がおいしい!
鳴門に行くと本当に新鮮な魚が食べられて・・・(笑)
僕は海のない県で育ったので、海があるってホント、いいですね!
子どもが大きくなって泳げるようになったら、海に遊びに行くのも楽しみだなと思って」
島田選手は、本当に子煩悩なようだ。

島田 裕介

島田 裕介

期待は裏切らない

ヴォルティスというチームをどう感じていますか?

「若手とベテランの選手のバランスがとてもいいチームだと思います。
ベテランの選手が練習中も盛り上げてくれるし、チームの雰囲気が和やかなので、移籍してきた選手もすごく溶けこみやすいですね」

「関東のチームとは全然違うなというのが、第一印象だったかな。
ベテラン選手もきさくだし、監督も関西人ということで、冗談も言うし(笑)
もちろん、コーチもそう(笑)
とにかく雰囲気がすごくいい!」

では、後半戦の目標は?

「試合に出て、自分の持ち味を存分に発揮して、チームに貢献したいと思っています。自分に課せられた役目を果たして、どんどんチームの順位も上げていくこと!
ヴォルティスに移籍するにあたって、自分自身も期待があったように、チームもサポーターのみなさんも期待をしてくれていたと思うので、その期待に応えないといけないと思っています。まずは見合った活躍をしないといけない。
頑張るしかないですね!!」

力強い口調で語ってくれた島田選手。人柄なのか、10番だからなのか、言葉の端々に、いつもチームのことやサポーターへの配慮が感じられる。

最後にサポーターの皆さんにメッセージをお願いします。
「まだ、残り半分あります! 前半戦、負けているときも会場に足を運んでくれて本当にありがたく感じたし、励みになっています。一人でも多くの方に会場に来て頂いて、ヴォルティスを盛り上げて、サポーターと選手と一体になって戦っていきたいと思うので、応援よろしくお願いします!」

この位置(順位)にいるからこそ後半戦が面白いんだ!という島田選手。
また一人、頼もしい選手が加わった。

島田 裕介

島田 裕介

PAGE TOP