Fan zoneファンゾーン

Vol.28 佐藤 晃大

プロサッカー選手への道

神奈川県座間高校を卒業後、東海大学に進み、プロサッカー選手の道を選んだ佐藤晃大選手(24)。幼い頃からサッカーが好きだったという。
「小学校低学年の頃から休み時間に、みんなでよくサッカーをして遊びました。
小学3年のときには、友達に誘われてクラブに入り、そこから本格的にやるようになりました。もちろん、もっと小さい頃からサッカーボールには慣れ親しんでいました」

大学卒業後の進路についてはどう考えていたのですか?
「プロのサッカー選手になりたかったですが、なれるかどうかわからなかったので、就職活動もしました。最終的にはヴォルティスから声をかけて頂いたのでよかったです!」

プロサッカー選手になってみていかがですか?
「思っていたより、自分のプレーはできるなと思いました。
得点も何点か決めることができたし、好スタートは切れたかなと・・・。
ただ、試合には何度か出させてもらっているけれど、目指すところはレギュラー定着なので、それにはまだまだかなと思っています」

もっともっとがむしゃらに点を取りたいと意欲を見せる佐藤選手。
おっとりとした口調だが芯の強さを感じる。

佐藤 晃大

佐藤 晃大

ケガをしない体づくり

徳島ヴォルティスに入って2年目。2年目に掲げた課題は何ですか?
「とにかく、1年目(去年)は僕自身ケガが多かったので、2年目では絶対にケガをしないことです。そして、去年よりも多く点を取ることです。
去年の年末、オフに入ってから、トレーナーと話し合って筋トレを毎日するようにしました。今年は全くケガをしなくなりましたね。もちろん、今もずっと続けています」

「あと、それとあわせて、栄養もバランスよく摂ろうと、食生活も気遣うようになりました」

1年で、身体も精神もかなり成長したという佐藤選手。
そんな佐藤選手の趣味を聞いてみた。

「チームの独身選手たちとDVDを観たり、カラオケに行ったりですかね。
去年はよくカラオケに行きましたね。何でも歌いますよ」
と、意外な一面も。

関東から来てギャップを感じたことはありますか?
「関西弁が、最初は怒られているのかなと、きつく感じたことはありましたが、
もう慣れましたね。あと、ギャップではないですが、とにかく、こっちのうどんはめちゃくちゃ美味しい! こんなおいしいうどんが関東でも食べられたらすごい行列ができると思います!」

大の麺類好きだという佐藤選手。その中でも四国のうどんは絶品だと大絶賛していた。

佐藤 晃大

佐藤 晃大

目標は具体的に!

日々のこだわりって何かありますか?
「食事同様、睡眠をよくとるように心がけていますね。夜は寝るの早いですよ。
10時間くらいは寝ていますね。
練習の時も、ほかの選手よりは早めに来てストレッチをしたり、ケガをしないように念入りに体をほぐしたりと、早め早めの準備を心がけてはいます。
だけど、先輩の中には、僕よりももっともっと早めに来て準備をしている選手もいて、見習わないといけないなと思っています」
素直で謙虚な姿勢が、彼を成長させている要因のひとつなのだろう。

そんな彼の今後の目標を聞いてみた。
「3つあります。1つめは、何試合か前まではスタメンで出られていたけれど、最近出られていないので、結果を出すためには、また、ちゃんとレギュラー定着できるように頑張ること。
2つめは、今のところ去年と同じ4ゴール(第31節終了時点)なので、同じではいけない・・・FWなので、もっともっと点を取ること。
そして、3つめは、やはり、今シーズンが終わるまでは絶対ケガをしないことです」

「それから、長期的には・・・、プロでやっている限りは、少しでも上のレベルでやりたい。J1だったり、もっと上も目指したいですね。点を取れる選手になって、チームメートに頼られる大きな選手になることが、僕の目指すところです」

将来像を語ってくれた佐藤選手。しっかりした考えをもってサッカーに取り組んでいるのが分かる。

では最後に、サポーターの皆さんにメッセージをお願いします。
「今シーズンもあとわずかですが、もっともっと点を取って、チームの勝利に貢献します。これから勝ち続けるので、是非スタジアムに足を運んで応援してください!!」

今年はケガも一切せず、順調に活躍できているという佐藤選手。追い込み段階に入り、益々目が離せない。

佐藤 晃大

佐藤 晃大

PAGE TOP