Fan zoneファンゾーン

Vol.39 花井 聖

監督の熱い思いに応えたい

U-15、U-18時代を含め、16年間在籍した名古屋グランパスからの移籍は、想像以上に大きな決断だったに違いない。
「まず移籍が初めての経験だったし、愛知を出るのも初めてだったんです。徳島がどういうところなのかよく分からないまま来たので、最初はとにかく不安でしたね。でも2~3カ月近く経って、ようやく落ち着いてサッカーに向き合えるようになりました。環境に慣れたこともありますが、何よりも監督の考えやチームメイトの特徴を理解できるようになったことが大きいです」

ヴォルティスの中田強化部長にユース時代、指導を受けていたことや以前のチームメイトがいることも後押しとなったが、何よりも昨シーズン、J1昇格争いをしてきて“今シーズンこそ”という強い思いを持ったチームであることが、移籍を決断させた理由だ。
「以前からいいチームだなと思って見ていましたが、実際、経験のある選手もみんなフレンドリーで、練習の雰囲気もいいなと。そして驚いたのが設備のすばらしさです。グランパスはJ1の中でも恵まれた環境だと言われていたので、正直なところ、差を感じてしまうかもしれないと思っていたのですが、全くそんなことはなく驚きました」

また、小林監督からは、課題についても、しっかりとアドバイスされているという。
「監督はひとり一人を熱心に指導してくれるし、注意する時は若手、ベテランに関係なく厳しいです。本当に選手やチームのことを思ってくれていることが伝わってきて、連敗して下を向きがちな時でも“前を向こう”という気持ちにさせてくれます。そんな監督の熱い思いに応えていきたいです」

花井 聖

花井 聖

花井 聖

特別な思いで臨んだ開幕戦、
手応えを感じたJ初ゴール

小さな頃から「将来の夢は?」と聞かれたら、必ずサッカー選手と答えていたという花井選手。小学校時代から年代別代表選手として海外遠征に参加するなど、才能を高く評価されてきた。
「自分でも順風満帆だったと思います。だから、プロに入ってレギュラーの座をつかめなくなった時は悩みました。試合に出ない時の気持ちの持ちようが分からなかったし、戸惑いが大きかった。くさったりもしましたが、経験のある先輩たちが “どんな環境でも続けることが大事だ”と言ってくれて。そういう言葉のおかげで今の僕があるのだと思います」

そしてヴォルティスへ移籍し、アウェイで迎えた開幕戦はスタメンで出場。
「長い間、試合に飢えていたし、スタメンで出させてもらった期待にも応えたいと。チームとしてはもちろん、個人的にもどうしても勝ちたいという気持ちで試合に臨みました」
チームは2-1で勝利。J2初試合で勝てたことも大きな自信になったという。

さらに5月20日、ホームのガイナーレ鳥取戦ではJ初ゴールを決める。チームも3-0で勝利し、連敗の流れを変える大きな1勝となった。
「チームメイトも祝福してくれましたし、試合後はメールもたくさん届いて、ゴールっていいもんだなと。試合中もプレーしていて充実感があり、チームに戦術が浸透してきたし、お互いの特徴もつかめてきたので、コンビネーションももっとよくなってくると思う。これから先、もっともっといい試合ができそうだと感じています」

花井 聖

花井 聖

花井 聖

一緒に戦っているようで心強い
ヴォルティスのサポーター

開幕後、ずっとスタメン起用されている花井選手。練習の取り組み方も変わり、サッカーに対する意識も高くなった。
「ヴォルティスで新しいサッカー人生が始まったと感じています。これから、いい道を切り開いていきたいですね。そのためにはまずJ1に昇格することが第一。攻撃的なリズムを作ったり、いいパスを供給したりしながら決定的な仕事もしたいですが、泥臭く、身体をはって守ったり、奪われたら戻って奪い返したり、あたり前のことをあたり前にして、チームの勝利に貢献していきたいです」

自分がいいプレーをすれば大きな拍手が届き、逆によくないプレーをすればため息が伝わってくる…。そうやって1つ1つのプレーに対して一瞬で評価が出るのがサッカーの魅力だと感じている。
「ヴォルティスのサポーターは温かいですね。何試合も勝てなくてブーイングを覚悟していた時でも“次、行こうぜ”と声をかけてくれて。選手と同じように喜んだり悔しがったりしてくれて、一緒に戦ってくれているようで心強いです」

生まれ育った愛知を初めて離れ、徳島で生活して約3カ月。どんなふうに過ごしているのだろう?
「地元も自然がいっぱいある所なのでギャップはそんなにないですし、静かな所で過ごすのが好きなので気に入っています。今は8月の阿波おどりが楽しみです。チームで参加すると聞いたので、ちゃんと練習しなきゃいけないですね。僕は踊りとかダンスとかあんまり得意じゃないんで、先輩たちに教えてもらいます」

シーズンは3分の1が終了。今までの連敗の不安をいい意味で裏切っていきたいと語る。
「シーズンが終わった時にみんなで笑えるような成績を目指しているので、これからのリーグ戦、今まで以上にチーム一丸となって頑張ります。ぜひスタジアムに足を運んで、そして一緒に戦いましょう!」

花井 聖

花井 聖 - 一瞬でプレーの評価が出るのがサッカーの魅力

PAGE TOP