Game information試合情報

試合日程・結果

2009.05.28 Jリーグ ディビジョン2 第18節

vs セレッソ大阪

徳島ヴォルティス VSセレッソ大阪
2 1 前半 1 2
1 後半 1
2分 ペ スンジン
89分 石田祐樹
得点 6分 前田 和哉
47分 小松 塁
72分 筑城和人 → 藤田泰成
73分 羽地登志晃 → 石田祐樹
81分 佐藤晃大 → 菅原康太
交代 HT  チアゴ → 江添建次郎
88分 酒本憲幸 → 平島崇
89分 乾貴士 → 柿谷曜一朗
62分 青山隼 警告
89分 美濃部直彦(監督、退席) 退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:04
天候 気温 18.8℃
湿度 79% ピッチ
入場者数 2,782人 主審 今村 義朗
試合時間 90分    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム セレッソ大阪
美濃部 直彦 監 督 レヴィー クルピ
21 上野 秀章 G K 21 キム ジンヒョン
5 登尾 顕徳 D F 5 前田和哉
20 ペ スンジン 3 チアゴ
4 三田 光 2 羽田憲司
23 筑城 和人
15 青山 隼 M F 17 酒本憲幸
8 倉貫 一毅 4 藤本康太
17 麦田 和志 25 黒木聖仁
19 石神直哉
6 濱田武
7 徳重 隆明 F W 7 乾貴士
31 佐藤 晃大 15 小松塁
18 羽地 登志晃
GK 1 高桑 大二朗 SUB GK 1 多田大介
DF 3 藤田 泰成 DF 14 江添建次郎
MF 6 米田 兼一郎 DF 13 平島崇
MF 14 石田 祐樹 FW 11 柿谷曜一朗
FW 28 菅原 康太 FW 20 西澤明訓

コメント

美濃部監督コメント

【ハーフタイム】
相手7番に前を向かせない守備をしよう
サイドチェンジを有効に使い、崩していこう
シュートをもっと積極的にうっていこう

【試合後 小笠原コーチのコメント】
小笠原唯志ヘッドコーチへ(徳島ヴォルティス)のコメント

前節の甲府戦は前半良い戦いが出来ましたが、後半は勝ち星が無いという現実を見てしまい消極的になってしまいました。ですから今日のゲームに関しては、得点後にもう1点狙いにいこうということで、前にボールを運びゴールを目指すことを意識してゲームに入りました。前半すぐにセットプレーから得点できたのですが、直後に失点。そして後半にはクロスからもう一度失点するということになりましたが、ゲームの運び方としてはボールをポゼッションして前に進めていくということは出来たように思います。ただ、4分の1のところではセレッソの固い守りを崩しきれなかった時間が続きました。最後に点を取れたというのは、監督が選手にパワーを与えたと感じています。

Q.前半よりも後半は良かったと見える。具体的にどんな指示をし、どう良くなったのか?

まず守備について修正をいれました。良い守備からボールを奪った後、慌てずしっかり中盤あたりのスペースを使いながらサイドにボールを送っていき、それで相手を押し込んでクロスから点を取ろうという形が前節よりはアグレッシブに出来たと思います。


(倉貫選手コメント)
全体的にはやりたいことできた。
今日のゲームに関しては、やられたところをもう一度確認して修正していく必要がある。
同点に追いつけたことに関しては、気持ちを前面に押し出せた結果。負けたくなかった。
強い気持ちを持って今後も戦っていきます。


(石田選手コメント)
途中出場ということで、監督からはクロスに合わせて得点をとるようにという指示でした。結果を残すことが今自分には一番大事なことです。
得点できたことは、長いこと得点できてなかったのでうれしかったが、セットプレーから外してしまった場面もあるので、課題も残ります。
上位相手に追いつく試合ができるようになってきているのであとはこれを勝ち越すことが重要になってくると思います。



2分に先制点をあげ喜ぶペ・スンジン選手

PAGE TOP