Game information試合情報

試合日程・結果

2012.05.27 Jリーグ ディビジョン2 第16節

vs 湘南ベルマーレ

徳島ヴォルティス VS湘南ベルマーレ
0 0 前半 0 0
0 後半 0
得点
66分 宮崎光平 → 太田圭輔
71分 花井聖 → 斉藤大介
84分 津田知宏 → キムジョンミン
交代 42分 遠藤航 → 山口貴弘
62分 菊池大介 → 猪狩佑貴
警告 55分 大野和成
59分 大野和成
65分 阿部伸行
退場 59分 大野和成
試合会場 Shonan BMW スタジアム平塚 キックオフ
天候 気温 22.0℃
湿度 64% ピッチ 全面良芝/乾燥
入場者数 5,862人 主審 木村博之
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム 湘南ベルマーレ
小林 伸二 監 督 ツ 貴裁
21 オ スンフン G K 27 阿部 伸行
6 西嶋 弘之 D F 30 島村 毅
2 三木 隆司 3 遠藤 航
3 橋内 優也 22 大野 和成
24 那須川 将大
27 花井 聖 M F 5 古林 将太
20 上里 一将 7 ハン グギョン
18 宮崎 光平 8 坂本 紘司
17 衛藤 裕 2 鎌田 翔雅
9 ドウグラス F W 10 菊池 大介
11 津田 知宏 17 馬場 賢治
18 古橋 達弥
GK 31 長谷川 徹 SUB  GK21 松本 拓也
DF 33 福元 洋平  DF4 山口 貴弘
DF 5 平島 崇  MF16 猪狩 佑貴
MF 16 斉藤 大介  MF25 宮崎 泰右
MF 15 太田 圭輔  FW11 中村 祐也
MF 7 徳重 隆明  FW19 大槻 周平
FW 19 キム ジョンミン  FW31 アレックス

コメント

【試合後コメント】

■小林監督


『今節で5月の5試合を終え、2勝2分1敗と勝ち越すことができました。ゲームでは、だいぶチームがまとまってきていることを感じられるようになり、徐々にいい形で戦えるようになってきた結果も見えるようになりました。ただ、今日のゲームについては、正直、上位のチームとの対戦ということで、チームのモチベーションも高く、充実したトレーニングを積んでこれただけに楽しみにしていたんですが、勝ち点3という期待通りの結果を得ることはできませんでした。3月、4月は選手を入れ替えながら模索し、5月にいい形にチームが変わってきたので、選手が自分たちで生み出しているこの勢いを大事にし、6月にはもう少しレベルアップして負けなしで進めるよう、一丸となって頑張っていきたいです。
今節の湘南戦を振り返ると、前半は相手にスペースを与えると前線に飛び出してくるストロングなところが出てきてしまいますから、アウェイゲームですし、用心しながら攻撃していました。相手のシステム上、スペースが両サイドにできるのでそこをうまく使いたかったが、うちが攻めきれなかった。
後半、その点は修正できましたが、退場者が出た後の時間帯、もう少しボールをうまく回して相手の守備陣を破っていければよかったんですが、それを今日のゲームではできなかった。人数が少なくなって相手は中をしっかり固めて守備を徹底してきたので、うちとしては攻めているだけに逆に怖さもあり、これまでも負けるときは前がかりになっているところでミスから失点を食らっていたので、メンバー交代をはかりながらカウンターに気をつけていました。
太田を入れてからペースが上がっていい形のクロスもあってゴールを奪って勝ち点3を持って帰りたかったんですが、残念な結果になりました。アウェイでしっかり勝ち点を積み上げられたことを評価し、この勝ち点1を今後の戦いにつなげていきたいです。』



■スンフン選手


『PKを止められたことは嬉しいし、0−0という結果からすると、もしあれを決められていたら僕らは勝ててないことになる。あの場面は非常にリラックスもしていたし、集中もできていた。蹴った瞬間に飛んで、手に触れることができました。はじいたボールに相手がつめていましたが、そのピンチもチームメイトがしっかり守ってくれてゴールは許しませんでした。結果的に無失点に抑えることはできたゲームでしたが、何よりも大切なのはチームの勝利。正直、勝てなかったことが悔しい。
湘南は前線の3人にスピードがあるので、DF陣の間を抜かれるのを重点的にケアしました。広がりすぎたケースには中央にしっかり寄るよう後ろから指示も出しましたし、今日はディフェンスラインとうまく連携できて守ることができたので、次の町田戦につなげていきたいです。』



■津田選手


『後ろはしっかりゼロで抑えてくれているわけだから、前の僕らがゴールできれば勝ってた試合。取れなかったのは自分たちの今の段階の実力なんだと思いますし、FWとしての責任も感じます。
前半はドウグラスと一緒に前から押していたので、相手のチャンスも少なく抑えられていたと思いますし、守備の部分はできていたと思います。ただ、もうちょっとボールを受けて、スペースに流れて、もっとかき回すことができれば、ゴールすることもできたんじゃないかと思います。』



■三木選手


『アウェイで勝ち点1を取ることができたことは次のゲームに向けていい材料になるものの、目標に向けては、勝ち点3を積み上げていかなければ厳しい状況であることをしっかりと認識して次のゲームに臨みたい。試合は、前半、何度か主導権を握られた時間帯もあったが、前線の選手が頑張って前線からの守備を続けてくれたことで、チーム全体で失点を防げたと思う。』



■橋内選手


『勝ちたかった試合でした。いいリズムで攻めていたし、相手も1人少なくなって必然的にスペースもできたけど、勝ち切れなかったことが悔しいです。勝ち点3を取るチャンスがあっただけに、非常にもったいなかったと思います。とにかく、もっと勝っていかなければならない。』



■太田選手


『上位相手に勝てなくて残念です。チャンスもあったし、そこで決め切れなかったのが課題ですが、チームは噛みあってきています。ピッチ上での連携をもっと高めて、次の町田戦こそ勝ちたいと思います。厳しい戦いが続きますが、今月勝ち越せたこの勢いを大切にして、上位に食い込んでいきたいと思います。
個人的には、途中からですが試合に出るチャンスをもらっているので、サイドからのシュートであったりクロスであったり、もっと積極的に狙ってチームの勝利に貢献したいです。』



■衛藤選手


『チームは今月、ようやく上向きになってきていたので、今月の最後の試合ということもあって、しっかり勝ち切って次の町田戦に臨みたかったんですが、一人少ない相手に勝ち点3を取れなかったことが悔しいです。内容的にはそんなに悪くない試合でしたが、個人的にも、もっとゴールに絡むプレーをして、勝利をつかんでいきたいです。』



■花井選手


『前半、相手に主導権があった時間帯をしのげたところは良かったと思いますが、後半はリズムが良く、チャンスも作っている中で相手が一人退場して、うちに有利な時間が30分以上あったのに、そこで1点取れなかったことは課題だと思います。
個人的にも、途中で交代させられてしまって、最後までピッチで戦うことができず非常に悔しい思いをしたので、なんとしても次の試合で結果を出したいです。』


PAGE TOP