Game information試合情報

試合日程・結果

2019年11月10日 明治安田生命J2リーグ 第40節

試合終了

vs 横浜FC
0

0 前半 0

0 後半 1

1
得点者 後半31分   武田 英二郎
前半29分
IN : [MF] 22 藤田 征也 OUT : [MF] 15 岸本 武流
後半29分
IN : [MF] 13 清武 功暉 OUT : [FW] 9 河田 篤秀
後半37分
IN : [DF] 25 内田 航平 OUT : [MF] 32 小西 雄大
交代 後半27分
IN : [FW] 23 斉藤 光毅 OUT : [MF] 37 松尾 佑介
後半31分
IN : [MF] 40 レアンドロ ドミンゲス OUT : [MF] 15 齋藤 功佑
後半42分
IN : [DF] 5 田代 真一 OUT : [MF] 46 中村 俊輔
後半17分 警告 岩尾 憲
警告
退場
前半45分 警告 伊野波 雅彦
前半48分 警告 松尾 佑介
後半28分 警告 カルフィン ヨン ア ピン
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風晴/中風
気温/湿度17.5度/39% 観客数10526人
主審清水 勇人 副審1中井 恒
副審2森川 浩次 第4審判藤田 優
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 0 1
0 0 PK 0 0
4 2 GK 5 5
5 5 シュート 1 3
7 9 FK 4 6
2 3 CK 3 3
1 0 イエローカード 2 1
0 0 レッドカード 0 0
2 0 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 横浜FC
リカルド ロドリゲス 監 督 下平 隆宏
21 梶川 裕嗣
G K 18 南 雄太
5 石井 秀典
3 ヨルディ バイス
7 内田 裕斗
D F 14 北爪 健吾
39 伊野波 雅彦
20 カルフィン ヨン ア ピン
17 武田 英二郎
8 岩尾 憲
32 小西 雄大
11 野村 直輝
14 杉本 竜士
15 岸本 武流
M F 8 佐藤 謙介
46 中村 俊輔
15 齋藤 功佑
27 中山 克広
37 松尾 佑介
16 渡井 理己
9 河田 篤秀
F W 16 皆川 佑介
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 25 内田 航平
[MF] 22 藤田 征也
[MF] 17 表原 玄太
[MF] 10 狩野 健太
[MF] 13 清武 功暉
[FW] 47 押谷 祐樹
SUB [GK] 21 竹重 安希彦
[DF] 5 田代 真一
[MF] 22 松井 大輔
[MF] 40 レアンドロ ドミンゲス
[FW] 10 イバ
[FW] 23 斉藤 光毅
[FW] 25 草野 侑己

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルド ロドリゲス監督
『今日の試合、我々の方が僅かですが勝利に値するプレーを見せることが出来ていたと思います。これまでほどではないにしても、チャンスも作れていました。ボールの支配についてはどちらにも保持する時間がありました。ただし最後の部分、ゴールを決めるというところを相手はしっかり決めてきたということです。
今日はこのような結果でしたが、これまでと同じく選手たちは良い内容でプレーしてくれたと思うので、見えた修正部分には改善を加えながら、これまで通り次の試合に向けた準備をしていきます』
 
Q:警戒していた相手両SBを抑えることが出来ていました。どのような準備をしていたのですか?
『もちろん相手SBの攻撃参加は警戒していました。彼らは内に絞ったSHを使いながらボックスの角を狙ってくるので、うちのサイドのプレーヤーと話をしながら、その部分を阻止出来るように戦術を立てました。うちが4バックであれば相手の思い通りになったのかもしれませんが、今日は3バックとWBが連携して上手く対処出来ていたと思います。
また、最後は彼らの決定力に屈することにはなりましたが、3位の相手に対してこれだけしっかりと抑えることが出来たことには良い印象を持っています』
 
Q:ただし、決勝ゴールは相手左SBによって奪われてしまいました。あの場面はどのようなことが起きてしまいましたか?
『彼らの入れたクロスは、大外の藤田選手がギリギリ追い付くのかどうかというボールで、残念ながら及ばず決められてしまったということです。彼らはボックスの角を取って、そこから逆サイドへ振ることを狙いとしていました。その展開にやられてしまいました』
 
Q:前半に比べて後半はピンチを迎えていました。横浜FCの戦い方が変わりましたか?
『後半はよりコンパクトにプレーしてきたのと、前半ほど前に出てこなかったように思っています。ただ、我々はヨルディバイス選手や藤田選手がシュートを放ち、相手よりもチャンスは作れていたと思います』
 
Q:前半途中に岸本選手が怪我で退場したことは、試合に影響がありましたか?
『岸本選手がスタメンで出ていたということは、そこに何かの意味があるからです。25分位での交代は、我々にとって理想的なものではありませんでした。しかし代わりに入って良いプレーを見せた藤田選手、ベンチに居た表原選手など、誰が出てもしっかりと準備は出来ていました。ですから、今日の試合に大きな影響はなかったと思っています』
 
 


■岩尾憲選手
『僕が徳島に来てから初めて1万人を超えるファンの方に入っていただいて、すごく良い雰囲気を作ってもらいました。そのような中で勝利以外は求めていませんでしたが、結果としてそうならなかったことを本当に申し訳なく思います。「是非また来てください」と胸を張って言いづらい結果になってしまい残念に思っています。最終戦にまた来てくだされば、この思いを晴らせられるように頑張りたいという気持ちでいっぱいです。
 
相手SBとシャドーの選手のポジショニングが横浜FCの攻撃の鍵でした。そこに対しての守備の確認と、誰が誰に対して出て行くのかも概ね整理出来ていたので、気を付けなければいけない所があるとすれば、齋藤選手の飛び出しに対して後ろ3枚がしっかりスライドして対応するという所でした。何度か僕の背後にボールが入ってボックス付近まで運ばれたシーンはありましたが、あそこに僕が引っ張られ過ぎるとボランチの位置が空いてしまうので、そこに関しては上手く守れていたと思います。
 
相手の守備は僕らのサイド攻撃を嫌がっていて、相手CBとSBの間にスペースがありました。中盤とDFラインの間にもスペースがあったので、いつもより中央からの攻撃を意識すれば良かったのかもしれません。これまで僕たちは中央でワンタッチのコンビネーションからチャンスを作ることが少なかったので、自分たちの足りない部分がひとつはっきりしたと思います。
 
次節は個人的にも苦杯を舐めた思い出のある試合です。試合に対しての思い入れはもちろんありますし、チームが勝つために何が必要なのかを考えながら戦います。僕らはこれで消化試合になった訳ではありませんし、まだ何も決まっていません。次につながる勝点3を取るために全力を尽くします』



■内田裕斗選手
『チャンスはうちの方が多くあったし、そこで決め切れなかったということと、守備の人数は揃っていましたが、クロスを入れられると何かが起きてしまうという悔しい敗戦です。
相手もサイドが攻撃のポイントだったので、得意としている裏への抜け出しを警戒していました。速さはありますが、足元で受けさせれば怖さも少なくなるので、そうなるようなポジショニングを取り、上手く対処出来たと思います。あとは奪った直後の一本目のパスや、切り替えた時の球際の攻防をしっかりやらなければいけないと思いました。
残りは全部勝つしかないです。どのような状況になってもJ1へ行くという気持ちを強く持って、次節に向けて練習からしっかりやるだけです』



■野村直輝選手
『ピッチ上でいろいろな駆け引きがあり、お互いの特徴を消し合い、お互い上手くいかない中で、決定機については僕らの方があったのかもしれません。本当にどちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。相手に取られそうだったのはあの失点場面だけでしたが、それでこのような結果になるのもサッカーです。戦いは甘くはないなと思います。でも悲観的になる内容ではなかったというのも正直な気持ちです。まだ下を向くのは早いですし、次につながる試合内容だったと思います。自分たちの完成度を上げられるよう最後まで挑戦していくだけです』



~ハーフタイムコメント~
・ディフェンスは前半のスタイルを継続しよう
・サポートを忘れずしっかりとおこなうこと
・攻守の切りかえを大切にしよう



~試合前日コメント~
■清武 功暉選手
『(明日の横浜FC戦について)とにかく前に前に点を取れるように、僕たちは勝つしかないのでそういうプレーを心がけたいと思います。 (個人的なコンディションは)コンディションは良いですし、最近はまたFWで使ってもらえている中で自分の感覚も合ってきているのでこのままの流れでプレーしたいと思います。」 (意気込みを含めてサポーターの皆さんへメッセージを)たくさんの人が来てくれると思うので、とにかく勝つ試合を見せたいです。本当にJ1昇格への大一番の勝負になるので徳島全体でいい雰囲気を作って勝ちにいきましょう!』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP