Game information試合情報

試合日程・結果

2020年08月02日 明治安田生命J2リーグ 第9節

試合終了

vs モンテディオ山形
1

0 前半 0

1 後半 0

0
後半29分   垣田 裕暉
得点者
後半27分
IN : [MF] 38 梶川 諒太 OUT : [MF] 45 杉森 考起
後半27分
IN : [MF] 15 岸本 武流 OUT : [MF] 22 藤田 征也
後半34分
IN : [MF] 23 鈴木 徳真 OUT : [FW] 10 渡井 理己
後半43分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [FW] 19 垣田 裕暉
後半43分
IN : [FW] 13 清武 功暉 OUT : [MF] 7 小西 雄大
交代 後半0分
IN : [DF] 19 松本 怜大 OUT : [DF] 5 野田 裕喜
後半0分
IN : [DF] 31 半田 陸 OUT : [MF] 25 末吉 塁
後半0分
IN : [FW] 11 山岸 祐也 OUT : [FW] 13 大槻 周平
後半35分
IN : [FW] 33 高橋 潤哉 OUT : [FW] 9 ヴィニシウス アラウージョ
後半35分
IN : [MF] 18 南 秀仁 OUT : [MF] 6 山田 拓巳
警告
退場
前半46分 警告 野田 裕喜
後半13分 警告 松本 怜大
後半19分 警告 渡邊 凌磨
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風晴/中風
気温/湿度27.6度/77% 観客数1949人
主審西山 貴生 副審1戸田 東吾
副審2若槻 直輝 第4審判武田 光晴
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
3 3 GK 4 3
4 5 シュート 1 6
8 12 FK 8 5
4 2 CK 2 1
0 0 イエローカード 1 2
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 4 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 山形
リカルド ロドリゲス 監 督 石丸 清隆
21 上福元 直人
G K 21 櫛引 政敏
6 内田 航平
5 石井 秀典
2 田向 泰輝
D F 23 熊本 雄太
3 栗山 直樹
5 野田 裕喜
8 岩尾 憲
22 藤田 征也
45 杉森 考起
7 小西 雄大
M F 25 末吉 塁
17 中村 駿
14 本田 拓也
6 山田 拓巳
24 西谷 和希
10 渡井 理己
19 垣田 裕暉
F W 40 渡邊 凌磨
13 大槻 周平
9 ヴィニシウス アラウージョ
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 3 ドゥシャン
[MF] 15 岸本 武流
[MF] 23 鈴木 徳真
[MF] 38 梶川 諒太
[FW] 13 清武 功暉
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 30 佐藤 昭大
[DF] 19 松本 怜大
[DF] 31 半田 陸
[MF] 7 岡﨑 建哉
[MF] 18 南 秀仁
[FW] 11 山岸 祐也
[FW] 33 高橋 潤哉

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルド ロドリゲス監督
『立ち上がりからしっかりと試合に入れたという印象を持っています。前半はボールを握りながらプレーを継続し、失っても高い位置で奪いチャンスを多く作ることができました。唯一、ゴールを決めるという部分が欠けていたので、そこをしっかりと決めていれば、もう少し違った展開になったかもしれません。後半は山形が4-4-2にシステムを変えて対策を講じてきましたが、我々の選手たちは落ち着いてプレーすることができていました。多少ピッチ内で修正をおこないましたが、選手は順応してくれましたし、変らずチャンスを作れました。そして2点目を取るチャンスがあったので、今後はそういうところをしっかり決められるようにならなければと思います。最後は押し込まれる時間もありましたが、最後まで集中して守ることができました。勝点3に相応しい内容だったと思います』
 
Q:今日は攻撃時の立ち位置がこれまでと違うように見えました。どこに優位性を持とうとしていたのですか?
『山形は堅く、守備の時に激しく守ることができるチームです。我々がボールを握っていながらチャンスを作れないという過去の試合で学んだことや改善点を、今日の試合で活かすことができました。今日の攻撃の形を練習した時間は少なかったのですが、ビルドアップをどうするのか、内側と外側をどう使うのかなどは話をしていました。インテリジェンスのある選手達なので、正しく理解して表現してくれたと思います』
 
Q:西谷選手は3連戦をフル出場し、最後まで走り切ってプレーしていましたね。
『彼はフィジカル的にも強いものを持っていて、このような連戦であっても、いつもアグレッシブにプレーしてくれます。普段から体調管理をしっかりとやっている成果だと思います。ただし、それはどの選手もやってくれていることなので、今後も厳しい日程で試合が組まれていますが、引き続きやってもらいたいと思います』
 
Q:今季初出場となった小西選手に求めたものは?
『元々、彼がチームに貢献できることはわかっていましたし、これまでの実績から信頼もあります。ですから特に多くのことを話していません。自分にできるプレーをしっかりとやってもらいたいということぐらいですね』


■小西雄大選手
Q:今季初出場の今節、どのような気持ちで試合に臨みましたか?
『なかなか試合に出られませんでしたが、毎日の準備はしっかりやってきたつもりですし、いつでも試合に出られる状態にあったと思います。コロナによる中断もあったので、出られる機会があればまずはサッカーを楽しもうと思っていました。プレー面では落ち着いて周りを見ながら、空いているスペースを活かすように心掛けました。西谷選手が繰り返し良いランニングをしてくれたので、その動きを見逃さずにパスを送ろうと思っていました。今日は何度か良い形がありましたが、得点できたのは1回だけです。好機を逃さないクオリティは次節に向けて改善していけるよう、練習から全員で取り組みたいです』
 
Q:積極的に前線へ絡んでいましたが、意識していたことはありますか?
『今日は相手が前からプレスに来ていましたし、僕のところを押してきている感じがしました。ですからスペースを上手く空けることと、ボールを持ったらサイドチェンジを意識していました。後半は相手がシステムを変えて対応してきましたが、僕がランニングすることでサイドにスペースを空けたりギャップを作ったりすることができました。次節は首位の長崎が相手ですが、今日のように自分たちの目指すサッカーを表現して勝利したいです。
うちには3トップ向きの選手が多くいると思います。その選手たちが特徴を出しやすいサポートをすることも意識していました。あとはみんな結構動くので、その後にできたスペースへ入って行くことも意識していました。得点場面も一番怖いところを狙ったランニングでサイドが空き、西谷選手の特徴であるドリブルに相手が食い付いたのでワンツーで剥がすことができました』



■垣田 裕暉選手
Q:まずは得点場面を振り返ってください。
『前半からチャンスは何度もあったのですが決められず、後半こそチームを勝たせられる得点を取りたいと思っていました。得点場面は、一番点を取れるニアサイドを空けておいて、ボールが来る瞬間に飛び込むようにしています。あとは相手とどちらが先に触るかの勝負なので、一歩前に出られたことが良かったと思います』
 
Q:前半は決定機を逸する場面がありました。得点への焦りはありましたか?
『FWなので得点したいという気持ちはありますが、まずはチームのために働くことが大事です。得点が決まらなくても切り替えて、スペースへ走ったり体を張ったりすることはやり続けなければいけないと思っていました』


 
■上福元 直人選手
『前節の北九州戦は自分たちらしさが出せず、相手の良さばかりが目立つ展開になってしまいました。その直後の試合でしたし、個人的には長谷川選手からバトンを受け継ぐこととなり気合が入っていました。また、今日の試合へ向かうにあたり、スタッフの皆さんも目に見えにくい部分から協力してくれたおかげで、本当に良い準備をすることができたと思います。そのような想いの詰まった90分でした』
 
Q:中央に出て参加するビルドアップは、とても安定していましてね。
『特にDFラインと詰めた話をしたわけではありませんが、試合の中での会話や、出ていない時に外から見ていて感じたことを意識しながらプレーしました。評価してもらえることは嬉しいのですが、自分としては判断や質の部分でまだまだ上げていけると思っています。細部にまでこだわりを持って、満足することなく自分たちのサッカーを追求していきます』




~ハーフタイムコメント~
・前半は良いスタイルだった変わらず続けていこう
・ピッチを広く使ってボールを動かしていくこと
・奪われた後の切り替えをはやく



~試合前日コメント~
■鈴木 徳真選手
『(Q:北九州戦では梶川選手とコンビを組みました。ご自身での評価はいかがですか?)
自分の感覚として、戦術はチームのためにあるべきものだと思っているので、組み合わせが影響していたかを一概には言えません。ただ、試合中の感覚としては、練習中にすごく良かったことを、北九州戦ではうまく表現できていないという感覚がありました。練習での良い感覚を試合の中で表現できなかったことは、チームとしての課題なのかも知れないと思います。
(Q:北九州戦でボールロストが多かった理由は?)
サイドで起点が作れなかったことが第一の原因だと思っています。僕らがボールを持った場面では相手のプレスがサイドバックまでグイグイ来る感じだったので、CBからのボールの逃がしどころがなくて、どうしても蹴らなくてはいけない状況が生まれました。僕らがボールを持てるシーンの時に、相手のサイドハーフをもう少し下げさせることができれば、バックラインにももう少し余裕ができて相手陣地に押し込める時間を作れたのかなと思います。
Q:今節対戦する山形には、前橋育英でチームメイトだった渡邊凌磨選手もいます。出場した場合、ポジション的にマッチアップする可能性もありますが?)
同士というか昔の戦友と同じピッチで相手として戦うことになるので、試合に出たら、単純に負けたくないです。相手の特徴を絶対に出させないことを考え、チームの一つの機能として(渡邊選手のところを)つぶせれば僕らとしたら大きなアドバンテージになるので、絶対に負けたくないです』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP