Game information試合情報

試合日程・結果

2020年08月19日 明治安田生命J2リーグ 第13節

試合終了

vs ファジアーノ岡山
0

0 前半 0

0 後半 0

0
得点者
後半0分
IN : [MF] 8 岩尾 憲 OUT : [MF] 38 梶川 諒太
後半14分
IN : [MF] 24 西谷 和希 OUT : [FW] 11 島屋 八徳
後半14分
IN : [MF] 45 杉森 考起 OUT : [MF] 23 鈴木 徳真
後半27分
IN : [DF] 3 ドゥシャン OUT : [DF] 6 内田 航平
後半42分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [FW] 19 垣田 裕暉
交代 後半0分
IN : [DF] 31 下口 稚葉 OUT : [DF] 21 椋原 健太
後半14分
IN : [FW] 44 清水 慎太郎 OUT : [FW] 15 山本 大貴
後半14分
IN : [MF] 17 関戸 健二 OUT : [MF] 11 三村 真
後半14分
IN : [FW] 9 イ ヨンジェ OUT : [FW] 18 齊藤 和樹
後半42分
IN : [DF] 20 チェ ジョンウォン OUT : [DF] 3 後藤 圭太
後半3分 警告 垣田 裕暉
後半45分 警告 岸本 武流
警告
退場
後半21分 警告 上田 康太
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風晴/弱風
気温/湿度28.9度/74% 観客数1950人
主審池内 明彦 副審1西村 幹也
副審2清水 崇之 第4審判中井 敏博
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 0 0
0 0 PK 0 0
5 3 GK 5 5
5 2 シュート 4 5
7 6 FK 4 7
2 4 CK 2 0
2 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 1 1

スターティングメンバー

徳島 チーム 岡山
リカルド ロドリゲス 監 督 有馬 賢二
21 上福元 直人
G K 22 ポープ ウィリアム
15 岸本 武流
6 内田 航平
5 石井 秀典
2 田向 泰輝
D F 21 椋原 健太
4 濱田 水輝
3 後藤 圭太
41 徳元 悠平
23 鈴木 徳真
38 梶川 諒太
7 小西 雄大
M F 11 三村 真
7 白井 永地
14 上田 康太
19 上門 知樹
11 島屋 八徳
10 渡井 理己
19 垣田 裕暉
F W 18 齊藤 和樹
15 山本 大貴
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 3 ドゥシャン
[DF] 22 藤田 征也
[MF] 8 岩尾 憲
[MF] 24 西谷 和希
[MF] 45 杉森 考起
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 13 金山 隼樹
[DF] 20 チェ ジョンウォン
[DF] 31 下口 稚葉
[MF] 17 関戸 健二
[MF] 25 野口 竜彦
[FW] 44 清水 慎太郎
[FW] 9 イ ヨンジェ

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルド ロドリゲス監督
『良い内容の試合はできたと感じています。あとはゴールを決められればというところでした。相手の攻撃ははっきりしていて、まずはGKから蹴ってくるというものです。それに対応していく中で、蹴ってくることが減ったり、人数をかけてボールを持たれる時間帯はあったのですが、守備はしっかりやれていました。
先ほども言いましたが、攻撃面では「決まっていれば」という場面が何度かあったので、そこで決め切ることを今後も求めていきたいです』
 
Q:得点するということに関して、どのように改善していこうと思っておられますか?
『確かに得点ということについて言うと、数試合複数得点は取れていません。でも、本当に心配するべきことは、チャンスを全く作れないという状態ですが、今はチャンスを数多く作れていて、あとはそれを決めるという部分だけです。相手のGKのファインセーブもありますし、改善のためにトレーニングはしていきますが、我々としてはこれまでやってきたことを引き続きやっていくことと、試合に勝つために何をするべきなのかを分析し進んでいこうと思っています』
 
Q:次節は5連戦の最終戦となります。どのように臨もうと考えておられますか?
『選手たちにもちろん疲労はあると思いますが、まずは今日の試合直後、そして明日選手たちがどのような状態なのかをしっかりと見極めたいです。怪我人はいないのか、張りはないのかを観察します。
今季はこのような予想外の連戦を戦うシーズンになります。ですから、誰が出てもチームが目指すプレーモデルに沿ったパフォーマンスをし、同じ方向を目指して戦っていくことが必要です。必要ならば人を入れ替えますし、いずれにしても出た選手が徳島らしいサッカーを体現していけるように準備していきます』
 


■岸本 武流選手
Q:今日は岸本選手らしい縦への突破でチャンスメイクをしていましたね。
『最近は試合でもアグレッシブにプレー出来ていなかったので、自分から仕掛けていこうと思っていました。今日がラストチャンスだというくらいの気持ちでした。
突破することは出来ましたが、そのあとのシュートとかクロスには納得していません。積極的にやることで課題も見つけられたように思います』
 
Q:今日は5連戦の4試合目。コンディション的に厳しい選手もいるのではないですか?
『ずっと出ている選手には疲労があると思います。その人の分も助けられたらと思いプレーしましたし、出る選手全員がそう思っています。
試合後は全員疲れもあったでしょうが、次の試合に向けてしっかり切り替えていました』
 
Q:今季初めてのスコアレスドローでしたが、その点についてはどう思っていますか?
『無失点という点については毎試合の修正が出来ているのかなと思います。逆に無得点ということについては、最後のフィニッシュの部分はもっとこだわっていかなければいけないと思いました。何度かチャンスがあったので、そこで決める力というのは本当に大事だと思いました』
 
Q:次節は5連戦の最終戦です。意気込みを聞かせてください。
『引き分けが続いているので、勝って締めくくれるよう頑張ります』



■島屋 八徳選手
Q:今日は初先発でした。試合を終えた感想を聞かせてください。
『最初のチャンスを決めていれば違った結果になったと思います。今日は自分のそのプレーが悔やまれる試合になってしまいました。
あの場面は左サイドで作った後、サイドチェンジで右へ展開しました。その後、僕がボールを要求しながら長い距離を走ったのですが、相手は付いて来ていなくて前にスペースもありました。そこへ内田選手から良いボールが来ました。フリーだったので決めなければいけない場面でしたが、試合開始早々だったのでボールがどれくらい伸びて来るのか分からず、測りながらのプレーになりました。逆サイドのサイドネットを狙いましたが、うまく合わせられませんでした』
 
Q:2試合連続の引き分け、一方では4戦負け無し。結果をどうとらえていますか?
『ホームですし勝点3を取りに行きました。残念な結果でしたが、このサッカーをやり続けながら、できるだけ多くの勝点を積みたいです。そして、結果もそうですが内容も大事です。今日は相手の方が多くシュートを打っていました。もっとボールを支配して、自分たちの意図した形でシュートにまで持って行くシーンを増やさないと、勝つ確率は上がらないと思います。今季は個で打開できるクオリティの高い選手がたくさんいる中で、グループや連動で崩していく場面を増やせられるようになれば、もっと面白い攻撃が出せるように思います。その部分で自分もチームに貢献したいし、周りを生かし生かされながらやれれば、それぞれが特徴を出しやすくなりチームとしてもレベルアップすると思います』
 
Q:今後、島屋選手にかかる期待も大きくなってきます。次節への抱負を聞かせてください。
『今季はタイトな日程なので、チーム全員の力が必要になります。誰が出ても徳島のサッカーを表現出来るように、そして結果を持ってくるための準備をすることは義務だと思っています。メンバーでもメンバー外でも関係なく、いつ出てもいいように全員がトレーニングから一生懸命取り組んでいますし、総力戦になると思いますが全員で力を合わせ進んでいきたいです』
 



■内田 航平選手
『勝ちたかったです。チャンスもある程度作れていたので、チームとして勝ち切る強さをもう少し身に付けていきたいです。それは永遠の課題ですが、少しずつでも上げていければと思います』
 
Q:今日は右サイドの岸本選手をサポートしていましたね。試合前に話し合ったことはありますか?
『チームコンセプトの部分は共有しているので、特に多くは話していません。その中で岸本選手の特徴であるタテへの突破や1対1、良い部分を出しやすいようなサポートを心掛けました。
今日の試合に対する岸本選手の強い気持ちは横で見ていて感じました。攻撃はもちろん、守備の1対1でも強く戦っていたと思います』
 
Q:今日は岩尾選手がスタメンから外れましたが、どのように思いましたか?
『今季は総力戦なので誰がいるとかいないではなく、誰が出てもしっかりとプレーをし、自分たちらしいサッカーで勝てることが理想です。(岩尾選手の出ていなかった)前半も悪くなかったと思います。ただ、少し後ろに重い感じがあったり、ポジショニングに迷いがあったりした場面も見られたので、シーズンを通して総合力を上げていきたいです』




~ハーフタイムコメント~
■リカルド ロドリゲス監督
・ボランチを経由しながらリズムをつくること
・セカンドボールが大事になる。しっかり身体を張ろう
・押し込んだ場面でサポートを使って圧力をかけること


~試合前日コメント~
■梶川 諒太選手
『(Q:前節の甲府戦について)
相手が引いてくる展開の中で、なかなかうまく最後のところへ入っていくことができなくて、崩しきるためのアイデアがもう少し必要だったと思います。僕自身が一人で打開できるタイプではないので、周りの選手とのコンビネーションを使いながら崩すことを考えていました。先に失点してしまって悔しい交代になりましたけど、もっと周りとの連携を高めなければいけないなと思っていますし、個人的にはまだまだ成長しなくてはいけないと感じています。 いろいろな特徴のある選手がいてそれぞれが特徴を持っているので、ポジション争いは厳しいですが、ポジション争いが無いと成長はできないと思うので、今悔しい思いをしている時間が長いですが、その時間でどれだけ自分が成長しながらチームのためにプレーできるかを考えながらプレーしています。 こういう期間は自分のキャリアの中で毎年のようにありましたし、自分が取り組んでいることの結果がいつ出るかわかりませんが、とにかくやり続けながら成長していきたいと思っています。
(Q:中2日で迎える岡山戦について)
長崎で一緒にプレーしていたイ・ヨンジェ選手がいて、その頃から彼の力強さというのは半端じゃなかったですし、今はあの頃よりも得点力が付いてきていると感じます。ここ最近もコンスタントに得点を取っているので、脅威になってくると思います。
(Q:引いた相手を崩すためには?) 今は(パスを出す人ともらう人の)2人だけの関係が少し多いので、3人目の動きを増やしていきたいです。甲府戦でもそういった動きが少ないので、短い準備期間の中でも合わせていかなければいけないと思っていますし、試合でもチャレンジしていきたいです』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP