Game information試合情報

試合日程・結果

2020年10月14日 明治安田生命J2リーグ 第26節

試合終了

vs ファジアーノ岡山
1

0 前半 0

1 後半 1

1
後半34分   河田 篤秀
得点者 後半47分   齊藤 和樹
後半0分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [MF] 24 西谷 和希
後半26分
IN : [FW] 14 押谷 祐樹 OUT : [FW] 19 垣田 裕暉
後半26分
IN : [DF] 20 福岡 将太 OUT : [DF] 6 内田 航平
後半42分
IN : [MF] 38 梶川 諒太 OUT : [MF] 10 渡井 理己
後半43分
IN : [DF] 25 安部 崇士 OUT : [DF] 15 岸本 武流
交代 後半0分
IN : [FW] 18 齊藤 和樹 OUT : [FW] 24 赤嶺 真吾
後半26分
IN : [FW] 25 野口 竜彦 OUT : [FW] 15 山本 大貴
後半26分
IN : [MF] 26 パウリーニョ OUT : [MF] 14 上田 康太
後半35分
IN : [DF] 23 松木 駿之介 OUT : [DF] 21 椋原 健太
後半40分
IN : [MF] 34 デューク カルロス OUT : [MF] 17 関戸 健二
警告
退場
試合会場 シティライトスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風晴/弱風
気温/湿度19度/57% 観客数1778人
主審笠原 寛貴 副審1武田 光晴
副審2若槻 直輝 第4審判イ サンギ
後半 前半   前半 後半
1 0 得点 0 1
0 0 PK 0 0
7 6 GK 5 2
7 2 シュート 6 8
6 7 FK 5 6
3 2 CK 1 0
0 0 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
0 1 オフサイド 1 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 岡山
リカルド ロドリゲス 監 督 有馬 賢二
21 上福元 直人
G K 22 ポープ ウィリアム
15 岸本 武流
6 内田 航平
5 石井 秀典
4 ジエゴ
D F 21 椋原 健太
4 濱田 水輝
3 後藤 圭太
41 徳元 悠平
8 岩尾 憲
23 鈴木 徳真
24 西谷 和希
10 渡井 理己
M F 17 関戸 健二
7 白井 永地
14 上田 康太
19 上門 知樹
45 杉森 考起
19 垣田 裕暉
F W 24 赤嶺 真吾
15 山本 大貴
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 20 福岡 将太
[DF] 25 安部 崇士
[MF] 38 梶川 諒太
[MF] 13 清武 功暉
[FW] 9 河田 篤秀
[FW] 14 押谷 祐樹
SUB [GK] 13 金山 隼樹
[DF] 20 チェ ジョンウォン
[DF] 23 松木 駿之介
[MF] 26 パウリーニョ
[MF] 34 デューク カルロス
[FW] 25 野口 竜彦
[FW] 18 齊藤 和樹

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルド ロドリゲス監督
『前半は試合を支配することができたと思います。もちろんボールを握れる時だけでなくボールを持てない時もありますが、持てない時は焦れずに守れたと思います。その中で岸本選手のシュートシーンやその他にも惜しいチャンスを作れていました。
後半も選手を代えながら、前線に人を増やしてゴールに勢いを持って攻めていくことも狙い通りできました。もちろん相手に持たれる時間帯もありましたし、ミドルシュートやセットプレーなどは流れが関係ないので仕方のない部分ですが、(それ以外は)相手をコントロールしながらそれほど危険な場面を作られてはいませんでした。ただ最後にクロスを合わせられてしまい、勝点2を失った印象です』
 
Q:とても悔しい終わり方となった試合でした。試合を通して奮闘していた、両サイドバックの選手のプレーについて教えてください。
『彼らだけではなく、全体的にみんな頑張ってくれていたと思います。岸本選手に関しては、最後の時間帯に足を攣ってしまったので無理をさせないために交代させました。どうしてもサイドの選手には長い距離を走ることが求められるので足を攣ってしまいましたが、いいプレーをしてくれたと思います』
 
Q:ハーフタイム、西谷選手から河田選手へ交代した意図を教えてください。
『彼が良いとか悪いとかではなく、我々としては前線に勢いを持たせられるように河田選手を入れました。実際に河田選手はゴール前でしっかりと点を取ってくれたので、上手く狙いが出たところもあるのかなと思います』


■河田 篤秀選手
Q:後半からの出場でしたが、ハーフタイムでのミーティングでは、チームとしてどんなことが強調されたのでしょうか?
『点は取れていなかったですけど、そこまで崩れている感じでもなかったので、いつも通りの指示をより細かく受けたという感じでした』
 
Q:どんなことを意識してピッチに入りましたか?
『攻撃でいい勢いをもたらしたいと思ったので、積極的なプレーを心がけました。守備のところも自分が出ていない時のようにできるよう心がけてプレーしました』
 
Q:圧巻のゴールシーンでした。振り返っていかがですか?
『ボールが来たのはたまたまでしたが、トラップした時に周りの相手が見えて、体を入れてキープするのかシュートを打つのかの2択でした。やはり得点が欲しかったので、シュートを選択して良かったと思います』
 
Q:岡山も終盤に粘りを見せた中での勝点1ですが、アウェイで勝点2を失ったことについて
『相手がいいチームだったからこそ、残り10~15分でリードしていることをしっかり活かしたかったです。この引き分けは悔しいです』



■岸本 武流選手
Q:試合を振り返っていかがですか?
『個人としては、何度もチャンスがあった中で決め切れないと苦しい展開になります。チーム全体としては、あの時間帯に点を取ることができたので、何が何でも守り抜いて1-0で勝たないとダメだなと思いました』
 
Q:バイタルエリアまではボールを運べていましたが?
『何度かいい形がありましたが、最後まで崩し切る場面が少なかったと思います。セットプレーでも何度かチャンスもありましたが、そういうところをもっとこだわっていきたいと思います。自分たちの連携が、愛媛戦の時よりは少し悪かったかなと思います』
 
Q:どのような狙いを持ってこの試合に臨みましたか?
『まずは切り替えのところと、コートを広く使って相手を崩していこうと意識してプレーしていました。上手くいかなかったところもあったと思います』
 
Q:次節に向けての意気込みを教えてください。
『今は首位で、追いかけられる身ではありますが、これからの試合も守りに入らず、挑戦者の気持ちでアグレッシブに挑みたいと思います』



■ジエゴ選手
Q:試合を振り返っていかがですか?
『数多くのチャンスを作れましたが、決定力が足りませんでした。チャンスを多く作ったチームが勝つのではなく、ゴールを決め切ったチームが勝てるので、この試合を次の試合に生かしたいです』
 
Q:ゴールに結びつけられなかった理由は?
『前半と後半に1本ずつ岸本選手に決定機がありましたし、それ以外にも決定的なチャンスがありました。個人的がどうということではなくチームとして決め切らないといけないと思います」
 
Q:どんな狙いを持って今日の試合に臨みましたか?
『相手を引きつけて両サイドからの突破を狙っていましたが、それほどうまくいきませんでした。試合を振り返ってみると、自分でクロスを上げるシーンがありましたが、そこで大きなチャンスにすることができなかったのは悔しいですし、次の試合に向けて改善したいです』
 
Q:次の試合に向けての意気込みを教えてください。
『今は福岡がとても勢いを持っていますが、我々はそれ以上に前半戦でいい試合ができていたと思っています。それにプラスαで何が足りないのかチーム全体で反省して話し合って、そこをプラスにできれば絶対に上位はキープできると思うので、引き続き頑張りたいです』



~ハーフタイムコメント~(リカルドロドリゲス監督)
・焦れずにボールを動かしていこう
・相手の守備のバランスを見て人数をかけること
・残りの45分で勝ち切ろう



~試合前日コメント~
■押谷 祐樹選手
『(Q:コンディションについて) よくなってきていると思います。試合勘も徐々によくなっていくと思います。
(Q:プレーしてみて去年のチームとの違いは何か感じましたか?) 試合に出ていない間に見ていて思ったのは、守備の意識が高くなったと思います。カウンターをほぼ受けていないので、切り替えや守備への戻りの速さは、去年よりもよりできている印象です。前で取りに行ける時は前で取り切りますし、CKの後でカウンターになりそうな時も、ほとんどの選手が自陣に帰って、そこから出ていけていると思います。
(Q:岡山戦に向けて。14番を背負って戦うことについて) 岡山で14番付けていた頃の思い出もありますし、対戦相手として14番を付けて試合に出られれば楽しみです。個人的には数字への意識はあまりありませんが、一番活躍できた時の背番号が14番なので、そういう意味では縁起のいい番号だと思います。
(Q:岡山の印象について) 今年は順位が上の方ではないのであまりうまくいっていないのかもしれませんが、でも守備が堅いのは昔から変わっていないので、今年もそれほど失点は多くないイメージです。守備が堅いので、単純にミドルシュートを打っていく意識も大事だと思います。引かれた時に、崩そう崩そうという意識が強すぎて崩せないこともあるので、みんなでシュート意識を持って相手を引き出すことも必要かなと思います』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP

個人会員募集中!