Game information試合情報

試合日程・結果

2020年11月15日 明治安田生命J2リーグ 第34節

試合終了

vs モンテディオ山形
1

1 前半 0

0 後半 0

0
前半28分   小西 雄大
得点者
後半10分
IN : [DF] 2 田向 泰輝 OUT : [DF] 22 藤田 征也
後半25分
IN : [DF] 5 石井 秀典 OUT : [DF] 6 内田 航平
後半25分
IN : [FW] 9 河田 篤秀 OUT : [FW] 19 垣田 裕暉
後半39分
IN : [FW] 13 清武 功暉 OUT : [MF] 10 渡井 理己
後半39分
IN : [MF] 23 鈴木 徳真 OUT : [MF] 24 西谷 和希
交代 後半16分
IN : [MF] 25 末吉 塁 OUT : [MF] 50 前川 大河
後半31分
IN : [FW] 13 大槻 周平 OUT : [FW] 9 ヴィニシウス アラウージョ
後半39分
IN : [FW] 16 北川 柊斗 OUT : [FW] 40 渡邊 凌磨
後半39分
IN : [MF] 10 中村 充孝 OUT : [FW] 18 南 秀仁
後半9分 警告 岸本 武流
後半44分 警告 杉森 考起
警告
退場
前半37分 警告 前川 大河
後半46分 警告 中村 充孝
試合会場 NDソフトスタジアム山形 キックオフ 14:00
芝状態/グランド良芝/ 天候/風晴/弱風
気温/湿度13.5度/46% 観客数4711人
主審今村 義朗 副審1熊谷 幸剛
副審2桜井 大介 第4審判関谷 宣貴
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 0
0 0 PK 0 0
5 5 GK 2 2
2 4 シュート 5 9
3 6 FK 2 8
0 4 CK 6 4
2 0 イエローカード 1 1
0 0 レッドカード 0 0
0 2 オフサイド 1 2

スターティングメンバー

徳島 チーム 山形
リカルド ロドリゲス 監 督 石丸 清隆
21 上福元 直人
G K 42 藤嶋 栄介
22 藤田 征也
6 内田 航平
20 福岡 将太
D F 6 山田 拓巳
23 熊本 雄太
5 野田 裕喜
8 岩尾 憲
7 小西 雄大
15 岸本 武流
24 西谷 和希
10 渡井 理己
M F 50 前川 大河
7 岡﨑 建哉
17 中村 駿
19 松本 怜大
45 杉森 考起
19 垣田 裕暉
F W 40 渡邊 凌磨
9 ヴィニシウス アラウージョ
18 南 秀仁
[GK] 31 長谷川 徹
[DF] 5 石井 秀典
[DF] 2 田向 泰輝
[DF] 25 安部 崇士
[MF] 23 鈴木 徳真
[FW] 13 清武 功暉
[FW] 9 河田 篤秀
SUB [GK] 30 佐藤 昭大
[DF] 31 半田 陸
[MF] 10 中村 充孝
[MF] 14 本田 拓也
[MF] 25 末吉 塁
[FW] 13 大槻 周平
[FW] 16 北川 柊斗

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス監督
『前半は、いくつか惜しい場面を作れていました。もちろんゴールシーンもありましたし、ポストを叩くシーンなどゴールに迫るシーンもありましたので、そういった所で追加点を取れればというシーンもありました。そこは次の試合への課題としてとらえたいです。
後半に関しては、前半よりも苦戦した部分がありました。チャンスの数で言えば前半の方が多かったです。ただ、相手に対して我々がボールをしっかり持ちながら押し込むだけではなくて引き出すこともできていたと思います。あとはそこの質やゴールまで完結させられることができるかどうかについて、改善点としてやっていければと思います。
今日の試合に関しては、やっぱり全員が体を張ったディフェンスが良かったです。危ない場面もありましたが、そこでもしっかりと全員が体を張ってくれました。1-0という結果ですけど、体を張ったプレーが勝点3につながったと思います』
 
Q:この5連戦を振り返って
「本当に素晴らしいことです。5連勝自体、他のチームでも達成しているチームは数少ないですし、5連戦でしかも5連勝できたことはすごく大きなことです。ただ、いつも話していますが、これで何かを成し遂げたわけではないので、しっかりと目の前の1試合1試合を戦って、次の試合で何ができるのか改善していけるのかに目を向けてやっていきたいと思います。ただ選手たちはこの5連戦、よく戦ってくれたと思います」



■小西雄大選手
Q:ゴールシーンを振り返って。アウェイの松本戦と似たような形でしたが?
『あのシーンは、藤田選手がクロスを中に入れた瞬間、こぼれてきそうだなと感じて、前目にポジションを取っていました。相手選手のボールタッチが少し大きくなったところをしっかり狙えました。ボールを取った場所が結構前だったと認識できていたので、そのままゴール前に入っていこうと、ボールを取った瞬間から思っていました』
 
Q:特に試合終盤は運動量としても厳しい試合でした。ピッチ内ではどんなことを考えて、どういう声をかけていましたか?
『今日だけで言うと、なかなか(ピッチが)ボールも走りにくく疲労もあって、各選手のサポートのスピードや質が低かったと思います。全体的につなぐ事が難しいという判断があったので、いつもより割り切ったプレーが多くなりましたが、そこはネガティブではなくてある程度仕方ない所だと、チーム全体での共通認識ができていました。』
 
Q:割り切った戦いの中での勝点3と5連勝について
『今年の一つの強みでもある、ハードワークのところや一つ一つのプレーでさぼらないという当たり前のことが、この5連勝につながっていると思います。またそれを誰が出てもできていることが強いチームの証ですし、チームとして積み上がってきているところかなと思いました』
 
Q:試合後のロッカールームはどういう感じでしたか?
『みんな疲れていて、力を出し切った選手が多かったかなと思いました。ただロッカールームでも次の試合に向けて、まずは回復することという声が出ていたので、もう次の試合に向けての準備が始まっています。時間との勝負だと思うので、しっかりいい準備をして次の試合に臨めたらと思います』




■石井秀典選手
(Q:投入された時間帯の状況について
『後半途中から入りましたが、明らかに山形の方が攻勢をかけてきた時間帯でした。耐えるところは耐えて、チャンスがあれば攻撃に出ていくというイメージでやっていました。』
 
Q:相手の監督さんも「引っ張り出せなかった」言っていましたが、どんなことを意識してプレーしていましたか?
『もちろんスライドするところはスライドしますが、最後のクロスのところでマークを空けないように、田向選手や福岡選手と一緒にやっていました。』
 
Q:5連戦を5連勝で終えたことについて
『もちろん一番いい結果ですが、まだ試合は残っていますし、他のチームの結果にかかわらず、自分たち次第でどうにでもなるので、1試合1試合に集中してやっていきたいです』




■岸本武流選手
Q:試合を振り返って
『慣れないポジションでのスタートでしたけど、前半いい形で点を取ることができて、苦しい時間帯もありましたが、DFラインを中心に一致団結して守れたことはすごく良かったと思います。5連戦最後でタフなゲームでしたが、そこはすごく良かったと思います。』
 
Q:5連戦を振り返って
『本当に過酷でしたが、チーム一丸になっているなと思います。それが5連勝につながっていると思います。』
 
Q:今日のゲームプランは?
『相手が前から来ましたが、しっかり自分たちのサッカーを貫けてやれたんじゃないかと思います。今日はちょっと守備に追われる場面が多くて、攻撃面では全然活躍できませんでしたが、無失点で抑えられたことはポジティブに捉えたいです。攻撃面ではスピードアップできるように頑張りたいです。』
 
Q:次節は累積で出場停止となりますが、残りの試合に向けて
『タフな試合が続きますが、J1昇格に向けて全力で出し切るので、残り8試合、熱い応援をよろしくお願いします。』



~ハーフタイムコメント~(リカルドロドリゲス監督)
・相手の出方を見て柔軟にプレーしていこう
・セカンドボールをものにしていこう
・勝負はここからだぞ



~試合前日コメント~
■垣田 裕暉選手
『(Q:現在のコンディションは?) 厳しい連戦は続いていますが、前節は後半途中からの出場でしたし、自分の中ではいいコンディションだと思っています。
(Q:前節は岸本選手のクロスから阿吽の呼吸のゴールでしたね) 岸本選手が決めてくれというクロスをいつも出してくれます。そういったプレーを感じて自分も(ゴールの取れる)ポジションに入っていくことで、ああいったゴールが生まれているんじゃないかと思います。
(Q:ここ3試合で3ゴール。残り試合でも期待がかかりますが?) チームとして、今すごくいい状況でやれていています。しっかり自分が点を取る・取らないに関わらず、勝つためのプレーをしていけければと思います。
(Q:前節は途中出場でしたが、先発の時とは違う意識がありましたか?) 途中出場なので、試合の流れでどういうプレーをしなくてはいけないのか変わります。2点目を取りに行きつつ、勝っているということもあったので、前線で時間を作ったり、守備でしっかり追う意識で入りました。
(Q:チームの雰囲気について) みんな、あまり先を見過ぎずに1試合1試合やってきたことが、この結果につながってきたと思います。先を見ずに5連戦最後の試合のことだけを考えてプレーしたいです。
(Q:山形の印象について。前回対戦ではゴールを決めていますが?) 点を取れればいいですけど、勝つために何をするのかを考えてプレーしたいです。守備も堅いですしいいチームですが、相手に合わせるのではなくて裏に走ったり起点になったりできればいいなと思っています。また加藤選手とは去年金沢で一緒にプレーしていて、負けられないです』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP

個人会員募集中!