Game information試合情報

試合日程・結果

2021年05月19日 JリーグYBCルヴァンカップ 第6節

試合終了

vs ヴィッセル神戸
0

0 前半 1

0 後半 2

3
得点者 前半2分   山口 蛍
後半7分   アユブ マシカ
後半48分   アユブ マシカ
後半21分
IN : [MF] 33 藤原 志龍 OUT : [MF] 24 西谷 和希
後半27分
IN : [FW] 18 佐藤 晃大 OUT : [FW] 9 河田 篤秀
後半27分
IN : [FW] 11 宮代 大聖 OUT : [FW] 37 浜下 瑛
後半34分
IN : [MF] 7 小西 雄大 OUT : [MF] 38 クリスティアン バトッキオ
後半34分
IN : [DF] 2 田向 泰輝 OUT : [DF] 16 鈴木 大誠
交代 後半21分
IN : [FW] 49 ドウグラス OUT : [FW] 29 リンコン
後半21分
IN : [MF] 8 アンドレス イニエスタ OUT : [MF] 27 櫻井 辰徳
後半34分
IN : [MF] 7 郷家 友太 OUT : [MF] 37 増山 朝陽
後半20分 警告 河田 篤秀
警告
退場
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風晴/弱風
気温/湿度20.7度/73% 観客数3448人
主審松尾 一 副審1八木 あかね
副審2赤阪 修 第4審判道山 悟至
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 1 2
0 0 PK 0 0
0 4 GK 3 6
3 1 シュート 6 4
6 6 FK 3 4
3 0 CK 2 2
1 0 イエローカード 0 0
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 0 0

スターティングメンバー

徳島 チーム 神戸
ダニエル ポヤトス 監 督 三浦 淳寛
31 長谷川 徹
G K 18 飯倉 大樹
16 鈴木 大誠
20 福岡 将太
25 安部 崇士
D F 24 酒井 高徳
25 大﨑 玲央
3 小林 友希
19 初瀬 亮
38 クリスティアン バトッキオ
13 藤田 譲瑠チマ
22 藤田 征也
10 渡井 理己
24 西谷 和希
M F 5 山口 蛍
14 安井 拓也
37 増山 朝陽
27 櫻井 辰徳
40 アユブ マシカ
37 浜下 瑛
9 河田 篤秀
F W 29 リンコン
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 2 田向 泰輝
[DF] 27 吹ヶ 徳喜
[MF] 7 小西 雄大
[MF] 33 藤原 志龍
[FW] 11 宮代 大聖
[FW] 18 佐藤 晃大
SUB [GK] 1 前川 黛也
[DF] 17 菊池 流帆
[DF] 26 櫻内 渚
[MF] 7 郷家 友太
[MF] 8 アンドレス イニエスタ
[FW] 9 藤本 憲明
[FW] 49 ドウグラス

コメント

text by ヴォルスタ

■ダニエルポヤトス監督
『率直に言えば悲しい気持ちです。チームは本当にいいプレーをしてくれましたが、結果だけ見ると0-3で負けてしまいました。ただ試合の印象としては試合を支配できていましたしいいプレーをしてくれました。ただ神戸さんにはポテンシャルがある選手がたくさんいる中で支配され、最後のところで決められてしまいました。
もちろん徳島もアタッキングサードまでボールを運ぶことができてゴールを目指しましたが、ゴールすることができませんでした。そして相手は3点仕留めたという試合だったと思います』
 
Q:攻撃時のDFラインのボール運びについての評価について。
『本当にいいプレーを示してくれたと思っています。彼らには満足しています。攻撃にアクセントをつけてくれて、縦パスも入れてくれましたし、アドバンテージのところも有効に使えたと思います。詳細についてはしっかり分析していきたいと思います』
 
Q:その中でゴールを生まれなかったが、どこに課題を感じていますか?
『本当にチャンスは作れていましたし、相手陣内でボールを持って攻撃はできていました。何が足りていないかと言われれば、最後のタレント性のところかなと思っています』


■藤田 譲瑠チマ選手
Q:試合を振り返って。
『自分自身、試合にうまく入ることができずに何もできなかった悔しい前半でした。後半に入ってから自分の気持ちを切り替えて、攻撃では少しアクセントをつけられたのかなと思います。ただ試合を通して、アグレッシブさやハードワークするところが足りなかったですし、3失点目も自分のミスからなので、そういったところは直していかなければいけないと思います』
 
Q:今日は前半からパスミスが多かった印象です。
『自分の体の向きやボールをもらう前の準備が少なかったし、ちゃんとできていなかったことが原因だと思います』
 
Q:イニエスタ選手と対戦してみていかがでしたか?
『体をぶつけて当たることは少なかったですが、プレーを見た感想としては時間を作れる選手ですし、自分も試合の最後の方きつい時間帯に時間を作るプレーが必要になってくると思っています。そういったプレーはまだまだ自分のものにはできないと思いますが、参考になるプレーが多かったです』



■渡井 理己選手
Q:試合を通して敵陣まで割と攻め込めた印象もありますが、試合を振り返って。
『相手には失点シーン以外はそれほどチャンスを与えていませんでしたが、ボール自体は支配していましたが相手もコンパクトに守ってきていたので、どうしても相手のゾーンの外側でボールを回す感じになってしまい、崩すシーンに入り切るところまではいけなかったと感じていました。チャンスも何度か作れていましたが、そこで決めるか決めないかは大きな差なので、突き詰めていかないといけないと思います』
 
Q:突破できそうなシーンで酒井選手や山口選手に阻まれ壁のように立ちはだかっていた印象があります。実際に対峙してみての感想は?
『プレーの予測も速いですし、攻守でトップレベルの選手だと感じました。自分たちが個で劣っている分チームとしてどう戦うかが大事だと思います。全体としてはボールの回し方はそれほど悪くないと思うので、1つ1つのプレーの精度が上がってくれば強い個とも戦えると思うので、もっとチームとしての意識を高めていきたいと思います』
 
Q:前半の立ち上がりと後半の立ち上がりの失点が試合に与えた影響について。
『前半に関しては、早い時間帯だったので追いつく時間はいくらでもありましたし、そこから支配してボールを持って前へ進めていたので、それほど影響はなかったと思います。ただ後半早々に2点目が入ってしまって、相手もなかなか崩れなかったので、2失点目が試合を難しくしてしまったと思います』
 
Q:常々イニエスタ選手が憧れの選手とおっしゃっていましたが、対戦してみての感想はいかがでしたか?
『技術に関しては本当に素晴らしいものがあったので、やっぱり見習わなければいけないことが多かったですし、目標とする選手を目の前で見るのはすごい経験なので、もっと自分が成長できるように頑張りたいと思います』
 
Q:リーグ戦に向けて。
『ルヴァンカップでは多くのチームがターンオーバーして戦ってきていましたが、今日に関しては神戸さんもグループリーグ突破に向けて申し分ないメンバーで臨んできました。その中で、リーグ戦で出場できていない自分たちが戦えた部分も多くあったので、リーグ戦に出ている選手に危機感を与えてチーム全体で底上げできていけるようにしたいです。ルヴァンカップでは負けてしまいましたが、リーグ戦にある意味で集中できるので、全員で戦っていきたいと思います』



■藤田 征也選手
Q:試合を振り返って
『グループリーグの最後にホームで神戸といういいチームと対戦できました。結果として0-3で負けてしまい残念ですし、グループリーグ突破の可能性がある中でこういう結果になってしまい残念です』
 
Q:前後半の立ち上がりの失点について
『立ち上がりは本当に気を付けなくてはいけないですし、映像を見てみないと何とも言えないですけど、自分の中では結構簡単にやられてしまった印象なので、そこはもったいなかったと思います』
 
Q:攻撃のところでは惜しいシーンもありました。
『こちらが動かしていた時にはこちらのやりたいことが出せていたと思いますけど、最後のところで、僕もクロスから2本くらい決定的なシーンがありました。しっかり味方に合わせたり、中の選手も合わせるところが足りなかったです。結果を見てもシュート数も少なかったので(公式記録では4本)、ボールを持てる時間が長くなるなら、もっとシュートで終わるシーンを増やしていかないといけないと思います』
 
Q:リーグ戦に向けて。
『もっとコンディションンを上げて試合に絡んでいって、チームの力になれればなと思います』



~ハーフタイムコメント~(ダニエル ポヤトス監督)
・相手の嫌な位置でプレーすること
・アグレッシブに相手に向かっていこう
・このままじゃ終われないぞ。勝ちにいこう


~試合前日コメント~
■河田 篤秀選手
Q:リーグ・広島戦を振り返って
『ピンチもありましたしチャンスもそこまで多かったわけではないのでよく勝てたなという試合内容でした。ただ勝てたことは偶然ではありませんし、球際や走り切ることをチーム全体で頑張ったからこそ勝つことができたと思っています』
Q:神戸の印象について
『相手も前からプレスをかけてきている分、相手の後ろの方は1対1や広いスペースで戦うことが多くなる印象でやりやすいイメージです。ただ相手も前からプレッシャーにくる分徳島の後ろは苦しくなると思うので、前線でパスコースをつくってあげたり、スペースに走りこむ動きが大事になってくると思います』
Q:神戸戦のキーポイントは?
『前回の神戸戦でのゴールもそうですけど、守備では前線からハイプレスに行くことが絶対必要になってくると思います。そこでリズムを作って、ゴールにつなげられれば最高ですし、失点やピンチを減らすことにもつながると思います』
Q:グループリーグ突破に向けて。
『より勝利にこだわらなくてはいけないです。立ち上がりは内容についても考える必要があるかもしれませんが、試合の終盤になったら、まず勝つことを第一に考えるべきかなと思います』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP