Game information試合情報

試合日程・結果

2022年04月23日 JリーグYBCルヴァンカップ 第5節

試合終了

vs サンフレッチェ広島
0

0 前半 3

0 後半 1

4
得点者 前半4分   柏 好文
前半12分   森島 司
前半22分   ジュニオール サントス
後半43分   ジュニオール サントス
後半0分
IN : [MF] 7 白井 永地 OUT : [MF] 20 児玉 駿斗
後半0分
IN : [MF] 13 新井 直人 OUT : [DF] 25 安部 崇士
後半0分
IN : [FW] 30 坪井 清志郎 OUT : [FW] 18 佐藤 晃大
後半19分
IN : [MF] 37 浜下 瑛 OUT : [MF] 23 玄 理吾
後半31分
IN : [FW] 34 オリオラ サンデー OUT : [MF] 24 西谷 和希
交代 後半23分
IN : [MF] 41 長沼 洋一 OUT : [DF] 19 佐々木 翔
後半23分
IN : [MF] 30 柴﨑 晃誠 OUT : [MF] 10 森島 司
後半26分
IN : [MF] 15 藤井 智也 OUT : [MF] 6 青山 敏弘
後半34分
IN : [DF] 2 野上 結貴 OUT : [MF] 25 茶島 雄介
後半34分
IN : [FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ OUT : [MF] 39 満田 誠
後半3分 警告 白井 永地
警告
退場
前半28分 警告 住吉 ジェラニレショーン
後半23分 警告 森島 司
試合会場 エディオンスタジアム広島 キックオフ 14:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風曇/弱風
気温/湿度20.8度/54% 観客数5218人
主審上村 篤史 副審1大川 直也
副審2穴井 千雅 第4審判西村 幹也
後半 前半   前半 後半
0 0 得点 3 1
0 0 PK 0 0
5 6 GK 5 3
2 2 シュート 10 11
7 6 FK 7 6
0 1 CK 1 4
1 0 イエローカード 1 1
0 0 レッドカード 0 0
1 1 オフサイド 0 3

スターティングメンバー

徳島 チーム 広島
ダニエル ポヤトス 監 督 ミヒャエル スキッベ
29 松澤 香輝
G K 1 林 卓人
3 石尾 崚雅
14 カカ
25 安部 崇士
D F 33 今津 佑太
21 住吉 ジェラニレショーン
19 佐々木 翔
19 長谷川 雄志
20 児玉 駿斗
23 玄 理吾
24 西谷 和希
16 川上 エドオジョン 智慧
39 西野 太陽
M F 25 茶島 雄介
6 青山 敏弘
24 東 俊希
18 柏 好文
10 森島 司
39 満田 誠
18 佐藤 晃大
F W 37 ジュニオール サントス
[GK] 21 田中 颯
[DF] 26 森 昂大
[MF] 13 新井 直人
[MF] 7 白井 永地
[MF] 37 浜下 瑛
[FW] 34 オリオラ サンデー
[FW] 30 坪井 清志郎
SUB [GK] 38 大迫 敬介
[DF] 2 野上 結貴
[DF] 4 荒木 隼人
[MF] 15 藤井 智也
[MF] 30 柴﨑 晃誠
[MF] 41 長沼 洋一
[FW] 9 ドウグラス ヴィエイラ

コメント

text by ヴォルスタ


■ダニエル ポヤトス監督
「まずサンフレッチェ広島さんに、この試合の結果予選突破となったのでおめでとうございますという言葉を送りたいと思います。広島さんにとっては素晴らしい試合だったと思います。前半からプレッシャーが速く、素晴らしいサッカーを展開されて、仕留めるところで仕留めて私たちにダメージを与えてきました。私たちは過密日程の中で戦っていて疲労感もなかなか抜けない中でも選手たちはいい形で試合に臨んでくれましたが、広島さんの方が一つ上のレベルで試合を進めて、こういった結果になったと思います」
 
Q:前半の早い時間帯に3失点してしまいましたが、どの辺が厳しかったですか?
「広島さんの高い位置からのプレッシャーを想定して準備してきましたが、それを上回る形で広島さんがプレッシャーをかけてきました。西野選手や玄選手、川上選手などの若い選手たちが、こういった試合から学ぶことがたくさんあります。なので、私自身はポジティブにこの試合を捉えています。彼らのような若い選手たちがこういうレベルでしっかりとしたプレーをしないとプロフェッショナルという世界ではやっていけないという事をしっかりと認識して、そして未来につなげてくれてくれると思っています」
 
Q:後半は前半に比べてよかったと思いますがその要因は?
「ハーフタイムに選手たちには『このスコアで落ち込むのではなく、後半いいサッカーをしよう』と伝えました。広島さんは3点先制していたこともあり余裕がありましたし、私たちはその隙を突いて何とか1点を取ってチームに勢いを付けたかったのですが、なかなかその1点が遠かったです。私自身今日の結果を悔しく思っていますし、選手たちも同じ気持ちだと思います」
 
Q:負けましたが、グループリーグ突破の可能性は残されています。グループリーグ最終節に向けて。
「まずは水曜日にあるリーグ戦の山形戦について、しっかりと考えていきたいと思います」


■西野 太陽選手
Q:試合を振り返って
「90分通して相手に自由にさせてもらえず、チームとしても個人としてもイメージしていたプレーや連携ができず、相手に圧倒された試合でした」
 
Q:前回対戦を経て対策も練ってきたと思いますが、それを上回ってきたという印象でしょうか?
「失点が思ったより早くしてしまったので、相手も波に乗って、相手のやりたいようにされてしまいました」
 
Q:今日はどういった狙いを持ってプレーしていましたか?
「相手が前からプレッシャーにくる中で、僕が少し下に落ちた時に佐々木選手が付いてきていたので、その裏を狙うことをイメージしていました」
 
Q:ロングボールも跳ね返されてセカンドボールを拾われてしまいました。
「相手のCBの個の力もありますし、トータルで勝てていなかったので、相手が上だったというのが正直なところです」
 
Q:個人として足りなかったことは?
「個人としては後半決定機があったので、チームを勝たせる上で絶対に決めなくてはいけないです。その他にも簡単なミスもあったので、もっと基礎的なところも含めてゴールチャンスを仕留められるように常に準備しなくてはいけないと思いました」
 
Q:残り1試合で、わずかですが予選突破の可能性も残されています。
「僕たちには失うものはありませんし、相手が格上であることはわかっています。何が通用して何が通用しないのか、今日の試合の経験を生かして次の試合で絶対に点が取れるように、練習から取り組んでいきたいと思います」


 
■浜下 瑛選手
Q:試合を振り返って。
「前半早い段階で3失点してしまい、すごく難しい試合になりました。やれたこと、やれなかったことを含めて、すごく大きな収穫になった試合なのかなと思います」
 
Q:収穫というのは具体的にどういったところですか?
「今日の試合を見て、リーグ戦でも前からマンツーマンでプレッシャーをかけてくるチームも出てくると思います。そういう相手をどう崩していくのか。今日はアンカーの脇やボランチとDFラインの間とか、そういうところを相手はずっと狙っていてうまく突かれました。リーグ戦でも同じようなところを狙ってくるチームも出てくると思うので、そうした時にピッチ内でどう修正するのかという事も大事なのかなと思います」
 
Q:今日はインテリオールでのプレーでした。
「距離感が少し遠いなと思っていました。ドリブルで打開してもなかなかパスコースが無い印象でした。個人的にはインテリオールは試合では初めてでしたが、違いを出していかなければならないと思いました」
 
Q:エディオンスタジアムのピッチの立った印象は?
「客席から見ていた時と同じで、すごくいい芝で感慨深いものがありました。またこのピッチでプレーできるように、徳島ヴォルティスでJ1を目指していきたいなと思います」
 
Q:次の試合に向けた意気込みを
「過密日程が続きますが、チーム全員で1試合1試合大事に戦っていきたいと思います」



■佐藤 晃大選手
Q:試合を振り返って
「もっと前線でボールを収めることができれば、もう少しゲームをコントロールできたと思います。情けないゲームをしてしまいました」
 
Q:今日の布陣の狙いはどんなところにありましたか?
「岩手戦と同じような布陣だったと思います。ゴールキックの時に相手のプレッシャーが激しいのでロングフィードを入れて僕と西野選手でボールをキープできたらと思っていたのですが、相手のCBも強くコントロールできませんでした。そのため、押し込まれるシーンをつくられ、前半の失点につながってしまったかなと思います」
 
Q:今日は若い選手の出場も多かったですが、次につなげていきたいですね。
「広島は今J1で調子のいいチームですし、こういうチームとできたことはいい経験になると思います。この敗戦を次に絶対つなげなくてはいけません。中3日ですぐに試合が来るので、切り替えて次の試合につなげていきたいと思います」



~ハーフタイムコメント(ダニエルポヤトス監督)~

・アグレッシブに戦おう
・中間ポジションをとろう
・球際で上回り、いいサッカーを後半しよう!


~試合前日コメント~
オリオラ サンデー選手

Q:広島との前回対戦を振り返って。
「すごく強くていいチームだと感じました。前回の試合では自分のやりたいことができませんでしたが、今節出場したらいいパフォーマンスを出して、自分の持ち味を発揮したいです」
 
Q:前回出場したルヴァンカップ・清水戦を振り返って
「清水戦の自分のパフォーマンス自体はあまりよくなかったと思います。ただ自分のプレーがきっかけとなって児玉選手のゴールが生まれました。出場時間を増やしたいと思います」
 
Q:前回の対戦を踏まえて広島戦に向けた意気込みを。
「第一に監督の指示をしっかりと遂行することだと思います。そして自分たちのことを信じてプレーしたいです。大事なのは後ろにプレーすることではなくて前にプレーしていく事です。
個人としてはボールの受け方が大事になると思います。ゴールを背にしてボールを受けることが多く相手のプレッシャーを受けてしまいます。前を向いてボールを受けられる状態にして、そこからプレーしたいと思っています」

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP