Game information試合情報

試合日程・結果

2022年07月02日 明治安田生命J2リーグ 第24節

試合終了

vs ツエーゲン金沢
1

1 前半 0

0 後半 0

0
前半5分   杉森 考起
得点者
後半19分
IN : [FW] 9 ムシャガ バケンガ OUT : [FW] 17 一美 和成
後半28分
IN : [MF] 27 櫻井 辰徳 OUT : [MF] 23 玄 理吾
後半28分
IN : [DF] 3 石尾 崚雅 OUT : [DF] 2 田向 泰輝
後半40分
IN : [DF] 16 川上 エドオジョン 智慧 OUT : [DF] 6 内田 航平
後半40分
IN : [MF] 24 西谷 和希 OUT : [MF] 10 渡井 理己
交代 後半0分
IN : [DF] 27 廣井 友信 OUT : [DF] 4 松本 大輔
後半25分
IN : [FW] 9 丹羽 詩温 OUT : [FW] 20 林 誠道
後半33分
IN : [FW] 11 杉浦 恭平 OUT : [FW] 19 豊田 陽平
後半33分
IN : [DF] 16 毛利 駿也 OUT : [MF] 17 平松 昇
後半44分
IN : [MF] 13 大石 竜平 OUT : [MF] 10 嶋田 慎太郎
後半18分 警告 白井 永地
後半39分 警告 内田 航平
警告
退場
後半38分 警告 藤村 慶太
試合会場 石川県西部緑地公園陸上競技場 キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/ 天候/風晴/弱風
気温/湿度29.5度/57% 観客数4733人
主審松本 大 副審1関谷 宣貴
副審2塚田 智宏 第4審判坂本 晋悟
後半 前半   前半 後半
0 1 得点 0 0
0 0 PK 0 0
9 5 GK 4 3
4 4 シュート 5 6
7 2 FK 5 7
2 1 CK 2 5
2 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 0 3

スターティングメンバー

徳島 チーム 金沢
ダニエル ポヤトス 監 督 柳下 正明
31 長谷川 徹
G K 1 白井 裕人
2 田向 泰輝
6 内田 航平
25 安部 崇士
D F 5 松田 陸
39 庄司 朋乃也
4 松本 大輔
2 長峰 祐斗
7 白井 永地
13 新井 直人
23 玄 理吾
37 浜下 瑛
10 渡井 理己
11 杉森 考起
M F 10 嶋田 慎太郎
8 藤村 慶太
6 松本 大弥
17 平松 昇
17 一美 和成
F W 19 豊田 陽平
20 林 誠道
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 3 石尾 崚雅
[DF] 16 川上 エドオジョン 智慧
[MF] 27 櫻井 辰徳
[MF] 20 児玉 駿斗
[MF] 24 西谷 和希
[FW] 9 ムシャガ バケンガ
SUB [GK] 36 三浦 基瑛
[DF] 16 毛利 駿也
[DF] 27 廣井 友信
[MF] 13 大石 竜平
[MF] 22 力安 祥伍
[FW] 9 丹羽 詩温
[FW] 11 杉浦 恭平

コメント

text by ヴォルスタ

■ダニエル ポヤトス監督
「まずは選手に、そして今日応援に駆けつけてくれたサポーターの皆さん、画面の向こう側で応援してくださった皆さんに『おめでとうございます』という祝福の言葉を捧げたいと思います。前半、難しい相手にいいサッカーができました。後半、相手が少し出てきたところで2点目のチャンスを狙いましたがなかなか決めきれませんでした。ただその中でも最後までしっかり我慢して戦えたことが良かったと思います」
 
Q:前半は具体的にどこが良かったでしょうか?
「トレーニングしてきたことがしっかり出せたと思います。相手の1列目(FW)に対してボールを動かしながら超えていき、その後ろでもった優位性を前の選手にそのまま届けていこうと伝えていました。それを出すことができて良かったと思います」
 
Q:後半での課題はどんなところにありますか?
「こういった試合は簡単ではありません。いろいろな要素が関わってくるからだと思います。特にリスクを冒したいと思っても、なかなか冒しにくい状況で、メンタル面では難しい状況でした。それから玄選手や櫻井選手のような若い選手はいいプレーをしていましたが、こういった試合でどういうプレーをしたらいいのかという経験が少し足りていなかったので、これを成長の糧にしてほしいと思います」
 
Q:後半苦しい試合展開の中でも勝ち切れた理由は?
「(勝ち切る)姿勢のところじゃないかと思います。最後逃げ切れるところで逃げ切れなかったり、失点してはいけないところで失点した試合が続いていましたが、そういった試合では(勝ち切る)姿勢が足りていなかったと思います。今日はそういった姿勢を見せることができたと思います。それと同時に運も味方にすることができて最終的に結果が付いてきたと思います」


■杉森考起選手
Q:ゴールを振り返ってください。
「ニアにスペースがあり、そこにめがけて走り、得点を奪うことができました。今シーズン、リーグ戦初ゴールは嬉しかったです。チームとして連勝できたことはすごく良かったと思います」
 
Q:勝利できた要因はどこにあると思いますか?
「1点取った後に失点しなかったことや、最後まで全員がハードワークした結果が1-0で勝てた要因だと思います」
 
Q:中3日で迎える次節(熊本戦)に向けて
「連勝できましたが、気を緩めずにまた勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」



■田向 泰輝選手
Q:ゴールシーンを振り返って。
「局面としては、同じレーンを使わずにサイドハーフの杉森選手が内側に入ったら自分が幅を取るという連携の中でした。自分が高い位置を取った時に相手の対応を見たら中を切っていたので、縦に勝負してGKとDFの間にクロスを流し込んで誰か入ってきてくれと思っていたら杉森選手が入って決めてくれました」
 
Q:今年は序盤に先制した試合はこれまであまりない中で先制できて、ペースを掴めたと思いますがいかがでしたか?
「時間帯はそれほど意識しませんが、先制点を取ればよりやり易くなると思いますし、逆に先制されると難しくなると思います。先制点を取ってゲームを進められたことは良かったですが、2-0にできない事と1-0の試合の終盤に落ち着かないゲームにしていることが自分たちの課題です。ただ前節もそうですが、苦しみながら勝っていく事が重要ですし、勝利しながら改善していけることはすごく良い事です。みんなで体を張っていることを続けながら、より勝利する確率を上げていけるようにしていきたいです」
 
Q:前半戦で引き分けている相手に連勝できました。中3日で迎える次節(熊本戦)に向けて一言お願いします。
「監督も前半戦が終わった時に、この引き分けを勝ちにしていこうと話をしていましたし、自分たちがこの位置にいるのは勝利数が圧倒的に少ないという事なので、勝ちに持っていくためにみんな必死に体を張っています。綺麗な試合ではないかもしれませんが、引き分けを勝ちにするためにどうしなくてはいけないのかは、トレーニングからすごく意識してやれていると思います。もっとより良くできるポイントはあると思いますが、現状自分たちができる100%は出せているのかなと思います。これを少しずつ継続しながら、チームのスタイルとして確立していけるように積み上げていければ、最終的に自分たちがイメージするような場所にたどり着けると思っています」



■長谷川 徹選手
Q:試合を終えての心境は?
「ほっとしています。勝利できたのはディフェンスの選手のおかげです」
 
Q:クロス対応について気を付けていたことは?
「クロスに強い選手が多いことはわかっていました。ポストに2回救われましたし、そこは自分たちが満足していない部分です。ゴール前の球際も含めてクロス対応については、しっかり課題として次の試合に準備して臨みたいです」
 
Q:チームとして良かった点は?
「選手の立ち位置や判断が前半は特に良かったと思いますし、上手く相手のFWのラインを剥がすことができていたのでしっかりと主導権を握れました。後半は相手も負けているので前から来る中で、自分たちも何回か慌ててボールを失うことがあったので、前半のように落ち着いてできるようにしていきたいです」



~ハーフタイムコメント~(ダニエル ポヤトス監督)

・ライン間のスペースを活用しよう
・背後のアクションを増やそう
・追加点を取りにいこう!

~試合前日コメント~
■玄理吾選手
Q:群馬戦に勝利して心境に変化はありますか?
「久しぶりに勝ててほっとしています。与えられたチャンスで、チームの勝利に貢献できて嬉しいです。(プレー面では)ボールに多く関わることができましたが、その分ミスもあったので減らしていきたいです」
 
Q:出場機会が増えてきていますが、監督からどの辺が評価されていると思いますか?
「ルヴァンカップや天皇杯でしっかりアピールができたからだと思っています。リーグ戦でも引き続きアピールしていきたいと思います」
 
Q:金沢で気を付けたい点は?
「ボールを奪われた時に相手の2トップに収められてしまうとサイド攻撃を受けてしまうので、(2トップに)パスを出される前につぶすことが重要になると思います」
 
Q金沢戦に向けた意気込みをお願いします。
「群馬戦で1勝したからと言って何かが変わるわけではないので、常に一戦必勝でいく事が大事だと思うので頑張りたいと思います」

公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP