Game information試合情報

試合日程・結果

2019年08月14日 天皇杯 3回戦

試合終了

vs Honda FC
0

0 前半1

0 後半 1

2
得点者 前半37分 9 大町 将梧
後半18分 26 遠野 大弥
後半13分
IN : [MF] 15 岸本 武流 OUT: [MF] 16 渡井 理己
後半14分
IN : [MF] 33 藤原 志龍 OUT: [MF] 13 清武 功暉
後半28分
IN : [MF] 20 福岡 将太 OUT: [MF] 17 表原 玄太
交代 後半15分
IN : [FW] 9 大町 将梧 OUT : [FW] 10 古橋 達弥
後半29分
IN : [DF] 3 三浦 誠史 OUT : [MF] 7 松本 和樹
後半46分
IN : [MF] 11 細貝 竜太 OUT : [MF] 24 佐々木 俊輝
後半2分 警告 渡井 理己 警告
退場
後半3分 警告 鈴木 雄也
試合会場 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム キックオフ 19:00
芝状態/グランド全面良芝/水含み 天候/風曇一時雨/中
気温/湿度27.8度/88% 観客数1503人
主審松本 大 副審1勝又 弘樹
副審2淺田 武士 第4審判川崎 秋仁
後半 前半   前半 後半
0 0 PK 0 1
6 2 GK 5 5
6 5 シュート 3 7
7 5 FK 6 7
0 0 FK数内の間接FK数 2 2
4 2 CK 2 3
1 0 イエローカード 0 1
0 0 レッドカード 0 0
0 0 オフサイド 2 2

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム Honda FC
リカルド ロドリゲス 監 督 井幡 博康
31 長谷川 徹 G K 20 白坂 楓馬
2 田向 泰輝
19 鈴木 大誠
26 秋山 拓也
D F 16 堀内 颯人
5 鈴木 雄也
13 池松 大騎
24 井澤 春輝
23 鈴木 徳真
17 表原 玄太
16 渡井 理己
13 清武 功暉
47 押谷 祐樹
M F 24 佐々木 俊輝
7 松本 和樹
8 山藤 健太 
19 八戸 雄太
4 富田 湧也
30 ウリンボエフ F W 9 大町 将梧
26 遠野 大弥
[GK] 29 松澤 香輝
[DF] 20 福岡 将太
[DF] 28 久米 航太郎
[MF] 25 内田 航平
[MF] 41 森田 凜
[MF] 15 岸本 武流
[MF] 33 藤原 志龍
SUB [GK] 1 楠本 祐規
[DF] 3 三浦 誠史
[MF] 11 細貝 竜太
[MF] 22 石田 和希
[FW] 10 古橋 達弥
[FW] 15 原田 開
[FW] 18 児玉 怜音

コメント

text by ヴォルスタ

■リカルドロドリゲス  監督
【試合総括】
『試合全体で苦戦しましたが、特に前半は我々にとって難しいものになりました。相手に何度かの決定機を作られ、先制された場面は個人の突破で崩されゴールを奪われてしまいました。2点目はセットプレーの流れから、これも個人の力による素晴らしいゴールを決められました。我々にも得点するチャンスはあったと思います。前半の終了間際に出したカウンター、そして後半にも。ただしその数は多くなく、我々が考えていたような試合展開には持っていけませんでした。
天皇杯は負けてしまいましたが、リーグ戦はまだ15試合残っています。全試合集中して、今いる選手たちと一体感を持って臨みたいと思います』
 
【質疑応答】
Q:前半に苦戦した要因はどこにあるとお考えですか?
『今日の試合でチャンスになったのは、連動してボールを奪った後の効果的な攻撃です。ただ、良い守備から奪う機会は少なかったです。ボールを保持している時に作ったチャンスも少なかったと思います。同サイドに引き付けて、それから逆サイドに広げるといった展開をもう少しやりたかったのですが、なかなか許してもらえなかったという印象です。ビルドアップにおいても、出し手と受け手が合わない場面がありました。そういう部分が試合を難しくしたと思います』
 


■鈴木徳真選手
『今日の内容は結果の通りです。3点目を決められてもおかしくなかったと思います。
僕らがボールを握って相手を崩すことのできなかった攻撃面、また全体で統一感が無く取りどころを決められなかった守備面。ボランチの僕が中央でコントロールできなかったことが勝敗に影響してしまったと責任を感じています。試合に出る機会はまだ少ないですが、戦術理解度は高めていかなければいけないので、トレーニングの中から積み重ねていきたいと思っています。
 
Q:ポジショニングが少し下がり気味に見えましたが?
本当はもう少し前でプレーしなければいけなかったと思います。今日で言うと、僕らには4列ありました。ボールをピックアップしてなるべく早く前のラインに預けてリズムを出したかったのですが、それが上手くいかずに、下がって受けるボランチを経由することで、余分なひと手間をかけて展開も遅くなったかもしれません。』



■井澤春輝選手
『押谷選手と渡井選手がシャドーにいたのですが、そこへ早いタイミングで付けられず、シュートにまで行く回数が少なすぎたと思います。試合の中で感じたことを改善しながらプレーできていれば、前半からもっと良い内容の試合ができたと思います。あとは相手に合わせてしまったのか、スペースへ動いたり、動いてスペースを作ったりする作業が足りず、足元へばかりのパスになってしまいました』



■福岡将太選手
『外から見ていて、前半は上手くハマっていないように思いました。相手に合わせてしまったような部分もあると思います。個人的には、怪我もあって今日は久しぶりの出場でしたが、パスミスやポジショニングの甘さを改めて知ることになりましたし、リーグ戦に出場するためにも、これからどんどんと試合勘や持ち味の運動量をトップフォームに戻さなければいけないと思いました。日々の練習から、甘えを無くした厳しい姿勢で取り組みたいと思っています。
 
Q:途中出場する時にどのような指示がありましたか?
僕がピッチに入ると同時に、チームはシステムを変えました。負けている状況だったので攻撃的に戦うためにそうしました。でも、同サイドの藤原選手と上手く関係性を出せませんでした。そこは試合後に話し合った反省点です』



~ハーフタイムコメント~

・焦らず落ち着いて戦おう
・全員で点を取りにいくぞ


~試合前日コメント~
■鈴木 大誠選手
『(Honda FCの印象について)大学の時からある程度知ってるチームです。大学時代選抜で一緒にプレーした選手や知り合いがいて、Jリーグに通用する選手もたくさんいます。そういう選手のレベルを考えた時、格下という風に見てはいけないと思います。
(天皇杯では日頃出場機会の少ない選手にとってチャンスでは)もしこの試合に出場する機会があったとしても、あまりチャンスという風に感じてはいないです。リーグ戦で出ているディフェンス陣が悪いプレーをしているわけではないですし、それぞれ個人で良いパフォーマンスはしているのでそれよりか、自分が出場した場合『何ができるのか』というところにフォーカスしてやりたいと思いますし、普段出場機会の少ないメンバーがグループとしてどれだけ戦えるかというところを一番大事にしたいので、チーム全員が試合に対して矢印を向けて臨みたいと思います』


公式ファンサイト ヴォルティススタジアム

試合後の監督記者会見コメント、選手コメントはクラブ公認ファンサイト「ヴォルティススタジアム」により、提供されています。なお、「ヴォルティススタジアム」では、監督記者会見はもちろん選手5名以上のコメントが試合当日に掲載になります。「ヴォルティススタジアム」にぜひご登録いただき、ご覧ください。

PAGE TOP