Informationインフォメーション

ニュース

【2020.10.02】

ホームゲームの入場制限に関する段階的な緩和について

 
Jリーグは「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の有観客試合におけるガイドラインの適用時期について、9月30日(水)より全てのカテゴリーにおいて「厳戒態勢」へと移行することを決定しました。
また、チケッティングが「厳戒態勢」の場合に運用される「段階的な緩和のステップ」を新たに設定しました。
この決定に伴い、徳島ヴォルティスでは、下記のような段階を踏み、入場制限の緩和を行っていく予定です。
今回の緩和についての詳細は、Jリーグ公式ホームページをご確認ください。
【段階的な緩和のステップ】
■ステップ1
・座席と座席の間隔を1m以上とし、入場者数の上限を5,000人以下とする
・ビジター席の販売はなし
・~9月26日(土)松本山雅FC戦
 
■ステップ2-1
・座席を原則1席間隔とし、入場者数の上限をスタジアム収容人数の50%とする
・ビジター席の販売はなし
・10月3日(土)FC琉球戦より適用
 
■ステップ3
・座席を原則1席間隔とし、入場者数の上限をスタジアム収容人数の50%とする
・ビジター席の販売を再開
・10月17日(土)ヴァンフォーレ甲府戦より適用(予定)
 
※上記の内容は、今後の感染拡大状況や政府の見解、各自治体の判断等により、内容が急遽変更となる場合があります。
 
チケットの販売については、試合ごとに別途ご案内いたします。
また、アルコール販売の可否、応援スタイルの見直し等は、今後検討されるため、決まり次第ご案内いたします。

PAGE TOP

DAZN あなたの加入と視聴が徳島ヴォルティスを強くする