Informationインフォメーション

ニュース

【2020.10.13】

「ヴォルティス 元気っず プログラム」 の実施について


徳島ヴォルティスでは、10月20日(火)よりホームタウンの美馬市において、幼児期の子どもたちを対象とした健康づくりプロジェクト「ヴォルティス 元気っず プログラム」を開始します。

 
【ヴォルティス 元気っず プログラム 概要】
このプログラムは、美馬市、大塚製薬株式会社、徳島ヴォルティス株式会社の三者が「健康増進のためのプログラムに関する覚書」に基づき実施する、幼児期の子どもたちを対象とする、運動・栄養を中心とした健康リテラシー(理解し、活用する能力)向上のための健康づくりプロジェクトです。
「運動」分野では、公益財団法人日本スポーツ協会が幼児期からの運動能力アップを目的に開発した「アクティブチャイルド プログラム」を活用し、子どもたちが楽しみながら積極的にからだを動かすことにより、運動の習慣化や体力向上がはかれることを目指します。
※なお、このプログラムは、スポーツ庁が取り組んでいる、1人でも多くの人にスポーツを楽しんでいただき、スポーツをおこなうことが生活習慣の一部となる社会を目指している「Sport in Life推進プロジェクト」の委託事業です。
※「元気っず」とは、「元気」と「キッズ」を組み合わせた造語となります。

【ヴォルティス 元気っず プログラム 詳細】
幼児期は運動機能が急速に発達し、多様な動きを身につけやすい時期です。この時期に様々な運動の刺激を与えて、体内で神経経路を発達させていくことが大切です。幼児期の神経系の発達は5歳から6歳頃までに大人の80%に達すると言われています。それらが発達すると、タイミングよく動いたり、力の加減をコントロールしたりするなどの運動を調整する能力が高まり、普段の生活をはじめ、いざという時に身を守る動きや将来的にスポーツに結びつく動きなど、基本的な動きを多様に身につけやすくなります。
また、今回のプログラムでは、健康のためには運動、栄養、休養のリズムやタイミングが重要であることを踏まえて、栄養についても大塚製薬株式会社の食育の経験を活かした取り組みをおこないます。食育アプリ「スケッチクック」を活用し、楽しみながら栄養について学ぶことで栄養や食への関心を高めることを目指すとともに、プログラム実施期間中は子どもの運動や体調などを記録することで実際の行動変容につなげます。

【ヴォルティス 元気っず プログラム 実施内容】
■目的
遊びを通して子どもたちが楽しく積極的に運動と栄養に関わることで、生涯スポーツの基礎を身に
つけることを目的としています。
■内容
<運動分野>
毎月2回の巡回指導時に徳島ヴォルティスホームタウン推進部・普及コーチがその月のプログラムを指導し、園で実践。自宅でもお家の方と実践を推奨します。
<栄養分野>
栄養や食への関心を高めてもらうために、大塚製薬株式会社が開発した食育アプリ「スケッチクック」を活用します。
※保護者に対しても、運動プログラムに合わせて、栄養製品と栄養に関する情報を提供します。
■対象
美馬市内の認定こども園(3園)の園児 5歳児
■期間
約3ヶ月間
■日程
[2020年]
●10月20日(火) 
9:00~江原認定こども園/10:15~美馬認定こども園
●10月27日(火)
9:00~美馬認定こども園/10:15~穴吹認定こども園
●11月13日(金)
9:00~穴吹認定こども園/10:15~江原認定こども園
●11月17日(火)
9:00~美馬認定こども園/10:15~穴吹認定こども園
●11月20日(金)
9:00~江原認定こども園/10:15~美馬認定こども園
●12月4日(金)
9:00~穴吹認定こども園/10:15~江原認定こども園

[2021年]
●1月13日(水)
9:00~江原認定こども園/10:15~美馬認定こども園
●1月15日(金)
9:00~美馬認定こども園/10:15~穴吹認定こども園
●1月19日(火)
9:00~穴吹認定こども園/10:15~江原認定こども園
※諸事情により日程は変更となる可能性があります。 次年度以降は他園でも実施する予定です。
 
【ヴォルティス 元気っず プログラム 実施イメージ】

PAGE TOP

DAZN あなたの加入と視聴が徳島ヴォルティスを強くする