Informationインフォメーション

ニュース

【2011.04.29】 ニュース

2011 中四国サテライトリーグの実施についてのお知らせ

このたび、サンフレッチェ広島、徳島ヴォルティス、愛媛FC、ファジアーノ岡山、及びガイナーレ鳥取は、
中国サッカー協会及び四国サッカー協会の後援を得て、昨年に引き続いて、
以下のとおり中四国サテライトリーグを実施することとなりましたのでお知らせいたします。

【2011 中四国サテライトリーグの実施について】
■ 主旨
● 実戦の積み重ねを通じて、次世代を担う選手の育成を図ることを目的とします。
● 通常の練習試合とは異なる意欲で臨めるような位置付けと、
各チームに係る負担とをバランスし、現実的で柔軟なレギュレーションを設定します。

■ 参加チーム(5)
● サンフレッチェ広島、徳島ヴォルティス、愛媛FC、ファジアーノ岡山、ガイナーレ鳥取 (Jクラブ)

■ オープン参加チーム(2)
● 中国学生選抜、高知大学 (2010 参加チーム)

■ 期間・場所
● 試合日程は別途定めるが、参加5 チームによる、5 月〜11 月での2 回戦総当りを基本とします。

● 試合会場は原則としてJクラブのグラウンドとし、ホームアンドアウェイで実施します。

■ レギュレーション
● チームや選手の登録は要さず、選手交代は自由とし、試合前に交換するメンバー表に記載があれば練習生の出場も可とします。

● できる限り各チームの試合数や試合相手を平均化するものの、状況に応じて一定のバラつきは許容し、リーグの順位は勝点取得率で定めます。

● 公式戦であれば警告や退場、出場停止となる場合であっても、リーグとしての処分は行わず、当該選手の取扱いは各チームに委ねます。

● 常設の事務局は設置せず、参加5 チームの強化担当者が協力して運営します。

● 参加5 チームのうち、オープン参加チームとの勝敗を含めて、年間の勝率が最も高いチームを、優勝チームとしてリーグ戦終了後に公表します。

● 各試合後、各監督は対戦相手の中で最も印象に残る選手を指名することとし、年間5 試合試合以上出場した選手の中で、年間の指名回数を出場試合で割った指名割合が最も高い選手をMIP として公表します。

PAGE TOP