Game information試合情報

試合日程・結果

2011.09.19 Jリーグ ディヴィジョン2 第28節

vs FC岐阜

徳島ヴォルティス VSFC岐阜
4 1 前半 0 1
3 後半 1
43分 柿谷曜一朗
46分 津田知宏(PK)
59分 西嶋弘之
64分 柿谷曜一朗

得点 76分 菅和範
14分 三木隆司 → 橋内優也
72分 佐藤晃大 → ドウグラス
85分 衛藤裕 → 徳重隆明
交代 61分 地主園秀美 → 佐藤洸一
69分 三田光 → 阪本一仁
85分 橋本卓 → 川島眞也
警告 22分 菅和範
46分 野田明弘
退場
試合会場 鳴門大塚 キックオフ
天候 気温 22.8℃
湿度 91% ピッチ 全面良芝/水たまり
入場者数 2,332人 主審 小屋幸栄
試合時間    

スターティングメンバー

徳島ヴォルティス チーム FC岐阜
美濃部 直彦 監 督 木村 孝洋
21 オ スンフン G K 1野田恭平
22 島村 毅 D F 2野田明弘
2 三木 隆司 4田中秀人
20 ペ スンジン 17 野垣内俊
6 西嶋 弘之 7 菅和範
8 倉貫 一毅 M F 35 地主園秀美
16 斉藤 大介 23 橋本卓
17 衛藤 裕 20 三田光
27 押谷祐樹
13 柿谷 曜一朗 F W 14 嶋田正吾
18 佐藤 晃大 16 西川優大
11 津田 知宏
GK 31 長谷川 徹 SUB  GK 31 川浪吾郎
DF 26 橋内 優也  DF 6 秋田英義
MF 14 濱田 武  MF 5 川島眞也
MF 15 六車 拓也  MF 8 李漢宰
MF 10 島田 裕介  MF 33 新井涼平
FW 7 徳重 隆明  FW 18 佐藤洸一
FW 9 ドウグラス  FW 26 阪本一仁
   Master Not Found
   Master Not Found
   Master Not Found

コメント

【試合後記者会見】

■美濃部監督
リーグ戦の状況や我々の状況を考えると、今日はどうしても勝ち点3が必要なゲームでした。試合前からの雨で難しいゲームになるだろうなと予想していましたが、その絶対に勝利が必要なゲームで選手がしっかりと戦ってくれたことは非常に大きいですし、そして次につながるような内容のゲームだったと思います。
勝利の要因としては、やはり攻守の切り替えを早くして相手ボールの時にしっかりとプレッシャーをかけられたというところがあげられると思います。それと、いい形で先制点が取れ、後半開始早々に追加点も取れてゲームの流れをしっかりと握ることができたことも今日の勝因だと思います。
ただ残り13試合の中で毎試合勝ち点3を目標にしていく中で、まだまだ課題も残っています。難しい相手との連戦になりますが、なんとか勝って昇格を目指して進んでいきたいです。

質問@ 津田選手はPKを決め、チームも久しぶりの複数得点。他に何度も裏に抜け出してチャンスを作っていたが?

なかなか得点できていなかったということもあり、今週は攻撃に重きを置いてトレーニングをしていたので、その中で相手の背後にどんどん飛び出していこうということ、今までボールを動かしていても最後の部分で相手の背後を取れていなかった、その辺りのところを意識付けしていて、今日はいい形でそれが出ていた部分があると思います。
津田は非常に責任感の強い選手ですから、自分がエースとして点が取れていないことにかなりフラストレーションが溜まっていたと思います。本来ならもっと点が取れる選手だと思いますが、落ち着いて1試合ずつ丁寧にやっていけばこれからもっと点を取ってくれると思います。

質問A 急遽、橋内選手とペ スンジン選手がCBを組むことになったが?

三木の負傷で橋内が入りましたが、ずっと安定したパフォーマンスを見せていました。そういう意味でスンジンと組んだCBコンビは、今までサテライトのゲームでもかなりやっているのでいいコミュニケーションが取れていたと思います。今日の二人の働きは非常によかったと思います。

質問B 久しぶりの白星にサポーターもホッとしているのではないか?

リーグ戦の中で、なかなか勝ち切れないとか足踏みをするという難しい時期は必ずあると思います。その中で今日の勝利は、必ず勝たなければいけない中でしっかりと勝ち切れたこととして、評価できると思います。
この雨の中、サポーターの皆さんが我々を後押ししてくれ、非常に大きな力になりました。今後も厳しい戦いが続きますが、ぜひ皆さんの力を我々に貸してもらいたいと思います。


【試合後選手コメント】

■スンジン選手
久々の試合でしたが、どんな形であれ、出場できるチャンスをつかんでいきたいと常に思っています。久々の試合で、前半の早い段階から橋内とセンターバックのコンビを組むことになりましたが、練習でも一緒にセンターバックをしていますので、特に急造というわけでもなく、ピッチでのコミュニケーションも問題なかったです。
ただ、後半はポジションが下がってバイタルを使われたり、失点してしまった部分はしっかり反省し、次の札幌戦に備えたいと思います。


■スンフン選手
勝利は純粋に嬉しいですが、失点してしまったことは非常に残念ですし、強く責任を感じます。キャリアの浅い僕はリーグ戦の混戦を経験したことがありませんが、昇格争いは勝ち点だけでなく、得失点差もとても重要なものだと考えています。そういう見方からすると、たとえコースが変わったからと言っても、今日の1失点は痛かったです。しっかりと課題を持って、明日からまたコーチと練習に取り組みたいと思います。


■佐藤選手
今のチームには勝利が必要でした。久しぶりに勝ち点3が取れ、嬉しいです。ただ、個人的にはスタメンのチャンスをもらったのに、ゴールを決められず、FWとして責任を感じます。せっかくいいボールを上げてもらったのに決定的なチャンスをものにできず、また最後までピッチにいられなかったので悔しさがばかりが残りますが、しっかりと切り替えて、次の試合に向けてコンディションを作っていきたいと思います。


■津田選手
グラウンドの状況から考えて、隙を狙い続けていました。それがゴールに結びついてよかったです。守備面では前からいけていたので、そのまま上手く攻撃へも移ることができていたと思います。
曜一朗へアシストしたショートカウンターは、何人もがサポートした分厚い攻撃になっていい形だったと思います。ルイス(通訳)からは『自分で行け』と言われてしまいましたが。とにかく、勝利できてよかったです。


■倉貫選手
今日のゲームの中では、前への推進力という部分を見せることができたと思います。前から圧力をかけてボールを奪いに行くみんなの姿勢がいい方向に作用したと思います。


■西嶋選手
ディフェンスラインが交代するアクシデントがありましたが、落ち着いて対応できたと思います。終盤、失点してからバタバタしてしまいましたが、混戦のリーグ戦の中で勝ち点3をとれたことは大きいです。ただ、失点を「0」に抑えられなかったことは大きな課題です。得失点差も大事になってきますから、しっかり抑えきれなかった点は次に向けた課題です。
個人的には、久しぶりのゴールでチームの勝利に貢献できたことが嬉しいです。ここのところゴールを奪えていなかったので、ひとつ仕事ができた感じがします。
残りの試合はどこも総力戦になると思います。誰が出ても勝てるよう、チーム全体で勝ち点3を取りにいくしかありません。次は古巣の札幌戦、昇格争いの直接対決になるので楽しみたいですし、絶対勝ちたいと思います。


■柿谷選手
ゲームを通して点を取りに行く気持ちがチーム全体でプレーに出ていましたし、それが結果に出てよかったです。この混戦、1試合もおとすわけにはいかないですし、得失点差は大事になってきます。その中で、今日のゲームはゴールに絡めてよかったです。失点したことはもったいないと思いますが、そこは気持ちを切り替えて次の札幌戦でも同じように戦えるようにコンディションを整えたいと思います。
裏に抜け出してチャンスも多く作れたのは、点が入りだしてプレーに余裕が出てきたのも大きな要素だと思います。個人的にも雨の中のサッカーのやり方を理解していたつもりですし、チーム全体が同じ気持ちだったと思います。前半はなかなか得点できませんでしたがセットプレーでいい形もありましたし、焦らず1点を確実に取ろうということでプレーをしていました。いい時間にいい形で、しかも自分がゴールできてよかったです。


■橋内選手
前半途中からの急な出場でしたが、ベンチにいる以上常に準備しているので、そのまま試合に入れました。練習でスンジンとのコンビは取り組んでいますので、特に問題はなかったと思いますが、失点してしまった部分は改善して、次の札幌戦に向けて明日から準備していきたいと思います。



ギャラリーへ

PAGE TOP